このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

  • ヒアルロン酸自己注入 – 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック


    English
     中文  ご予約・お問い合わせはこちら

ヒアルロン酸自己注入 – 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

Pickupコンテンツ - 三苫葉子

三苫葉子先生の記事一覧はこちら

ヒアルロン酸自己注入

数年前にNHKのニュースでも取り上げられました。

ヒアルロン酸やコラーゲンを資格を持たない一般の方が個人輸入をして、ご自分で注入をするのが流行っている(こういう言い方は可笑しいでしょうか^^;)のだそうです。

違法ではないようですが、恐ろしい話です。

ヒアルロン酸やコラーゲンは皮膚を構成する成分ですので、人間はそれを分解する酵素を持っています。

ですから徐々に通常は分解されていき、半年から1~2年で完全に吸収されることが多いです。

ですが吸収される一方で、これはヒアルロン酸やコラーゲンに関わらず、注射をして異物を入れるということだけで、人間の体は炎症反応や皮膜形成を起こし、一般の方からは想像のつきにくい現象を起こすことがあります。

例を挙げると、鼻の形が変になったり、しこりをふれるようになったり、感染をかぶってずっと赤みと腫脹を繰り返したり。。。

また、ヒアルロン酸は赤血球の色素の一部を取り込んで存在することがあり、特に眼の周りの薄い皮膚だとそれが透けて青く見えたりすることもあります。

これらの中には適切な処置で改善するものもありますし、待てばよいものもあります。

100パーセント吸収されるもので行っている分には適切な処置をすればほぼ回復することも多いので、お悩みの方はきちんと医療機関を訪ねられることをお勧めします。

特に最近はヒアルロン酸分解酵素が出て、様々な症状に対応することができるようになりました。

それにしても、アレルギーで皮膚が死んだり、血流に乗って小さい血管に注入物が詰まって顔の広い範囲の部分が壊死をしたり、重篤な副作用も少なからず報告されています。

きちんと解剖の分かっている医師で、何かあったときにきちんと対応できる能力を持った専門家に注入は依頼するのがやはりいいと思いますけれどね。。。

我々はそういう専門知識と対処法を学ぶために学費と年月を費やしているのですから、そういう専門の勉強をする時間を買ったと思えば、高くないと思いますし、自分の顔に何か起こって取り返しのつかないことになれば、その状態と治療に費やす時間はお金では換えられないのではないかと思います。。。

そいういえば、薬をネットで買っていいか?というのが最近話題になっていますが、私自身はどちらかというと反対です。

というのは、確かにシップや常用している胃薬、痛み止め等はわざわざ医師の診察をしなくても買えた方がいいと思いますし、ネットの方が人件費や在庫を置く維持費などの関係で多少安くなるのでしょうが、やはりお薬には思わぬ合併症がひそんでいたり(むしろ副作用のない薬はありません)、個人の思い違いで薬を間違えて返って症状を悪化させたり、重篤な病気を見逃すなどデメリットも大きいような気がします。

薬局には通常、薬剤師さんがいます。声をかければ今飲んでいるお薬との飲み合わせや、症状とお薬が合っているかどうか、最低限のチェックをかけてくれます。

やはり専門家の知識はうまく使うことだと思います。

先日もダイエットのためにネットで利尿剤を購入して大量に服用している若い患者さんがお見えになりました。

口すっぱく注意をしましたが、本当にこのままいくと何かの際に電解質といって体液のバランスが狂って心臓が動かなくなり、死んでしまったりすることもありえます。

その後、どうされているのか非常に心配ですが、心療内科への受診も拒否されたので今のところ我々には成す術がありません。。。

多少不便かもしれませんが、お薬はタバコより合併症が多いので、やはり対人で専門家の意見を参考にお買いになった方がいいのではないかと私は個人的に思っています。

皆さんはどのようにお考えですか?

line@友だち追加
1