このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  女性器・多汗症 >  ワキガ・多汗症


ワキガ・多汗症

詳細

体の「ニオイ」やを「汗」をクリアにする施術です。
周りはニオイがすぐわかるのに、本人はニオイに麻痺してしまって気がつかないというケースもあります。
ニオイや汗が緩和されるだけでなく、ワキガや多汗症による精神的負担やストレスもクリアにすることができます。

このような方に適しています

・体臭が気になる方
・ワキ、手のひら、足の裏の汗が気になる方



ワキガ・多汗症の原因

体表には温度や湿度、運動や食事により体温上昇した時に分泌するエクリン汗腺と、興奮や緊張した際の交感神経の働きによりに生じる脇汗や手汗のアポクリン汗腺があります。
誰にでもアポクリン汗腺はありますが、分泌の活発な方は汗に腋の皮膚表面にある細菌と反応し独特のにおいを発し「ワキガ」が起こります。
においが伴わないのが「多汗症」です。
温度や湿度、運動や食事などに関わらず、緊張や興奮などでワキや手のひら、足の裏に汗が出るのが特徴でです。
体質や精神的なストレス、食生活、ホルモンバランスなど様々な要因が絡みあって、交感神経が正常に働かなくなることで起こります。

治療法

反転剪除法

ワキを4センチ程切開を行い、ワキにあるアポクリン汗腺を直接目で確認しながらくまなく除去する手術です。
1回で明確な手術結果を得ることができ、ワキガと多汗症のどちらにも適していて、脱毛することもできます。
腋の皮膚を極限まで薄くしながらも、皮膚に穴や壊死起こさない技術を要する手術となります。

ボツリヌス菌注入

ボツリヌス菌は交感神経からアポクリン汗腺やエクリン汗腺に命令が伝わるのを遮断して、汗の分泌を抑えます。
ボツリヌス菌注射は臭いの気になる方も、臭いは気にならない多汗症の方にも有効な治療法です。夏場のワキ汗対策としても適した治療法です。 ただし、持続期間が3~6ヶ月なので、定期的に注射する必要があります。

通常かかる費用

ボトックス注入(腋・手の平・足裏)
¥65,000+税
麻酔クリーム
¥1,000~¥5,000+税
腋臭症反転剪除法
¥250,000+税
腋臭症他院修正
¥350,000+税
全身麻酔
¥100,000+税

ボトックス注入法(ワキガ・多汗症)のトラブル一覧

A) 効果の限界・効果不足

効果には個人差があります。
注入後2 週間経過しても、汗がたくさん出る場合は、ボトックスの 量が足りない事が原因です。

対応
この場合、ご希望であれば追加注入をさせて頂きます。


B) 感染(化膿する)

注入部位の熱感、痛み、腫れ、赤みが増し続けたり、その症状が長引く場合には感染が疑われます。

対応
感染が起きた場合は内服薬の処方、抗生剤の投与のため、通院が必要となります。
稀なケースではありますが、感染がひどい場合には切開をして膿を出さなければなりません。


C) 耐性が生じる

稀ではありますが、ボトックス治療を繰り返すうちに、体質によりボトックスに対して耐性が生じ効果が出なくなることがあります。

対応
現在市販されているボトックス製剤は数種類あります。一剤に耐性ができても、他の製剤で対応できる場合があります。


D) しびれる

神経に注射の針があたってしびれが生じることがあります。

対応
自然な回復をお待ち頂かなければなりません。回復するのに1 ヶ月程、長くて3 ヶ月程かかることもあります。

よくある質問


ワキガ・多汗症の手術後は痛いですか?
術後の痛みにはお薬を処方しています。
反転剪除法の手術後、個人差ありますが一週間程度は痛みが続きますが、痛み止めや鎮静剤を処方しております。
術後3日程度でほとんど痛みをは緩和されます。
ワキを動かす際には、個人差はありますが、一週間程度は痛みや違和感等を感じる方が多いようです
ワキガ・多汗症の手術はダウンタイムはありますか?
術後1週間程はワキを動かさないよう安静が必要です。
反転剪除法の場合、術後1週間程はワキを動かさないよう安静が必要です。 術後間もない間はワキの動きに痛みが生じ、傷口の治りにも悪くなる可能性があります。 また、ワキを上げることが出来ないため、着替えや寝起き、洗顔やトイレ等の何気ない普段の動きにも影響が生じます。 目安として、軽いデスクワークなら3日目、体を動かす作業などは一週間前後のお休みを取られたほうがいいでしょう。 。
ワキガ・多汗症の傷跡は残りませんか?
傷跡は残りますがほとんどわからなくなります。
ワキのシワに沿って4センチ程の傷跡は残りますが、医師が丁寧に縫合を行うため時間の経過と共にほとんどわからなくなります。
また、わき部分は日常生活見えない部分のため、周りにわかってしまうことはありません。
ワキガ・多汗症治療で反転剪除法とボトックスの違いは?
ご状態やご希望により判断させて頂きます。
反転剪除法はワキを切開しアポクリン汗腺自体を除去する手術です。
1回で明確な手術結果を得ることができます。
メスを使用するため、ダウンタイムや日常生活に影響が生じます。
ボトックス注入は汗の分泌を抑え、臭いの気になる方も多汗症の方どちらにも有効な治療法です。
持続期間は3~6ヶ月のため定期的に注射する必要があります。

使用する麻酔方法は?
患者様のご希望に合わせた麻酔を使用します。
当院では局所麻酔、笑気ガス麻酔、静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔、全身麻酔がございます。
患者様のご希望をお伺いし、身体へのご負担を考慮した麻酔方法をご案内させて頂いております。

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。


line@友だち追加