このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

MENU

切らない美容整形「溶ける糸での鼻尖縮小」より切開が効果的

この記事の監修|
藤本 医師
プロフィールはこちら

「溶ける糸での鼻尖縮小」より切開が向いている

美容整形でできる鼻の形成には、ヒアルロン酸注入やプロテーゼ挿入などの方法のほかに「溶ける糸」を使った美容整形があります。この方法は鼻先をシャープにしたい、だんご鼻や鼻の穴の形が気になるなどのコンプレックスをなくすための簡単な手術ということで話題となっています。

一方で、いずれは溶ける糸を使用したところで、本当にメリットはあるのか、と疑問に思われる方もおられます。今回は、溶ける糸を使った鼻尖縮小のメリットについてご紹介します。

■鼻先だけを鼻尖縮小をしたい時に「溶ける糸」は本当に向いているのか?

だんご鼻などで美容整形を行う方へ注意をしたいのは、鼻尖縮小は鼻先だけを細くすることに特化した手術という点です。鼻が低いことをコンプレックスに美容整形を選ぶ隆鼻術とは、少し異なることに注意してください。

鼻が高い人と比べると、低い人は鼻中隔と呼ばれる左右の鼻腔を仕切る壁の長さが元から短く、強度が落ちて結果的に鼻の高さが低くなっているなどの差があります。この鼻中隔を特殊な溶ける糸で補強していくことで高さが出たり、鼻先を小さくしたりして整えることができると言われています。

ただ、日本人に多く見られるだんご鼻には、軟骨が発達して大きくなっている場合、鼻先の脂肪が分厚い場合、皮膚が分厚い場合などに分類されます。これらのタイプは、簡単に縛るだけの手術で解決することは難しいというところがデメリットです。

「溶ける糸」による鼻尖縮小の手術は、鼻先だけを小さくする場合、鼻の左右にある鼻翼軟骨を糸で中央に引き寄せて形成します。そのため鼻の中から切開した傷口は見えにくく、表面から見えないというメリットもあります。以前より簡単にできるようになったという、クリニック側のメリットが強い方法とも言えます。

■「溶ける糸」での整形だけではなく自分の鼻の形に合わせて適した手術を選択しよう

痛みやリスクを最小限に考えたために、自分の鼻の形にあった手術ではない方法を希望する方もおられます。溶ける糸のように、鼻先だけを縛って行う、切らない美容整形を選択すれば、時には予期しないトラブルも出てきかねません。

溶ける糸は他の組織と癒着して問題はなくなると言われていますが、3ヶ月〜半年程度で糸が緩み、徐々に元に戻っていく手術です。
きちんとメリットを出したい場合は、切開して耳介軟骨を移植し、鼻の穴の形を目立たなくする方法や、鼻中隔の延長手術、鼻先の脂肪や軟骨を除去するなど一人一人に合わせた手術が必要になります。当然、入念なカウンセリングを受ける必要もあります。

時には、鼻の内側からではなく外側から軟骨を縫合するパターンの手術の検討もしなくてはなりません。ダウンタイムとして3ヶ月経たないと傷跡が見えてしまうなどのデメリットを理解しながら、あえて選択することも、自分の鼻に適したものを選ぶ上では必要となってきます。
顔の個性を出す鼻のコンプレックスには、リスクも付きまとうことも熟慮し、理想に近づけるよう経験豊かな医師に相談することをおすすめします。