このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

MENU

ホーム >  症例集 >  CO2-003


CO2-003

詳細

気になるホクロやイボをCO2レーザーを用いて除去する治療です。治療時間わずか5分ほど。簡単、気軽に治療頂けます。
ホクロやイボはもちろんのこと、手術後の傷痕や脂漏性角化症(黒ずんだシミや盛り上がったシミ)のケアにも適した治療です。 短時間に治療ができ、メスを使用しない治療となります。

このような方に向いています

・ホクロが気になる方
・イボが気になる方
・手術後の傷痕が気になる方
・脂漏性角化症(黒ずんだシミや盛り上がったシミ)が気になる方

CO2レーザーとは

波長10,600nmの赤外線領域の光を発し、水に反応するレーザーです。
CO2レーザーが放つ光と皮膚に含まれる水分が反応し、熱エネルギーが発生します。発生した熱が瞬間的に蒸散することで皮膚が削られます。

治療経過

ホクロ・イボの場合

病変をレーザーで削り取るため、治療後はホクロやイボがあった所に穴があきます。
時間経過と共に周りから肉が盛り穴は小さく浅くなり、穴の深さと大きさによりますが、浅いへこみを残して治ります。
深いところまでしっかりレーザーで焼くと、ホクロやイボを1度で取り除くことができますが、深いへこみが残るため、何回かに分けて施術することがあります。ご状態によりCO2レーザーでは難しい場合、切縫法をおすすめすることもあります。

CO2レーザー CO2レーザー CO2レーザー

黒子切縫法

COレーザーで取り除くことができない大きなホクロやイボは皮膚を切開し除去します。最小限の切開と丁寧な縫合で術後の傷が目立つことはありません。1度の手術で気になるホクロやイボを取り除くことができます。


傷痕修正の場合

レーザーを照射直後、赤くただれたようになりますが、1~3日でかさぶたが形成され、1週間程度で剥がれます。
かさぶたが剥がれると、新しくできたピンク色~赤色の肌が現れ、その後1~3ヶ月程で赤みは薄れます。


脂漏性角化症の場合

レーザー照射直後は、すり剥き傷のように赤くただれたようになり、1~3日でかさぶたが形成され、1週間程で剥がれます。
かさぶたが剥がれると、新しくできたピンク色~赤色の肌が現れ、その後1~3ヶ月程で赤みは薄れます。
しかし肌質によっては、レーザーの刺激による色素沈着により2~4週間経過するうちに茶色くなることがあります。
日焼けと同じように半年~1年程で色はさめてきます。

注意事項

◎治療後は、通常の日焼け予防をして下さい。
◎軟膏が処方された場合は傷が乾くまで(通常3日前後)患部に毎日塗って下さい。
また、個人差があるため、軟膏を塗って頂く期間が前後する場合があります。
◎皮膚が再生する前にかさぶたを剥がしますと傷になり色素沈着が起こしやすくなります。
かさぶたが自然に剥がれるまで、患部を洗顔時に強くこすったり、爪でひっかいたりしないよう注意して下さい。

福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール
担当医:大橋 菜都子


症例番号:CO2-003

併せて行った施術・その他費用

3.1mm以上~
¥33,000
1mmUPごとに¥11,000
麻酔クリーム
¥1,100~¥5,500
※箇所により異なる

切縫法(植皮術)のトラブル一覧


A) 感染(化膿する)

手術後、赤み・熱感・痛み・腫れが増す、あるいは長引く場合は感染が疑われます。

対応
感染が起きた場合は、内服薬や抗生剤の投与を1週間続けて経過をみます。
膿がたまった場合は、皮膚を切開して膿を出す処置をさせて頂きます。
術後半年以内の感染 内服薬 抗生剤 洗浄無料。
また、感染が原因で植皮部が生着しなかった場合は、下記B)に準じます。


B) 生着しない

感染や血腫・ずれにより、植皮部分が生着せず壊死することがあります。
この場合、塗り薬(有料)で様子をみるか、もう一度植皮を行います。

対応
再度植皮を行う場合は、初回費用の半額を頂戴いたします。
なお、再度植皮を行っても術後の経過により生着しないことがありますことをご理解ください。


C) 痛み・痒みが残る

通常、採皮部・植皮部の痛みや痒みは1年程度で落ち着きます。

対応
必要であれば塗り薬等を処方致します。(有料)


D) 傷が残る(ケロイド状)

どの様な方法であっても、採皮部・植皮部のキズは消えることはありません。
特に「メッシュ植皮」では、メッシュ状のキズ跡が残りますが、これを治療する方法はありません。


E) 植皮部の乾燥

植皮部は、毛根・汗腺・皮脂腺がないため、毛が生えない・汗をかかない・皮脂が出ないという事があり、その結果皮膚が乾燥します。

対応
乾燥による皮膚トラブルを避けるため、保湿剤を常用することをおすすめします。

ほくろ・いぼ切縫法のよくある質問


準備中です