このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  美肌・レーザー治療 >  フラクショナル ECO2


フラクショナル ECO2

詳細

ECO2は、皮膚の表面に無数の小さな穴を作り、開けた穴の再生力や創傷治療過程を利用し、新たなお肌になる治療です。
再生が美肌をもたらし、ニキビ跡や傷跡、くすみ、毛穴の開きをケアし、ツルツルのたまご肌に変わります。

このような方に向いています

ECO2
  • お肌の色むらが気になる方
  • ニキビ肌、ニキビ跡が気になる方
  • 毛穴の開き、毛穴のデコボコが気になる方
  • 美白、ホワイトニングが気になる方
  • 顔のタイトニング、首の引締めが気になる方
  • コラーゲン再生、真皮の再構築
  • 外傷性の傷や妊娠線が気になる方

「ECO2」の特徴

ニキビ跡治療のための真皮層へのレーザーエネルギーの深達(最大 2.5㎜到達)
しわ、ニキビ跡、傷あと治療に適しています

フラクショナルレーザーにCO2レーザーの波長を組み合わせた「ECO2」は、CO2レーザーの剥皮治療とフラクショナルテクノロジーを組み合わせることで、皮膚組織に蒸散を起こし、微細な壊死層を形成します。
これにより、真皮層におけるコラーゲンリモデリングが誘導され、アクネスカーや毛穴開大、老化した皮膚も同時に再生できます。
また、マイクロ単位の微細なビームを照射するため、適度な健常皮膚組織を残すことができ、これにより真皮層内の皮膚組織再生がされます。

経過

レーザー照射後3日~10日程で皮膚表面のかさぶたが剥がれていき、再生したお肌が表面から目に見えて現れます。
※ 経過には個人差があり、症状によっては顕著な改善が見られない場合もあります。

注意事項

◆ 治療後は、通常よりもしっかり日焼け予防をして下さい。
◆ 1~2週間は、強くこすったりして、かさぶたを剥がさないで下さい。
肌が再生する前にかさぶたを無理に剥がしてしまうと、傷になりその後色素沈着を起こします。
◆ 治療後12 時間は顔を濡らせません。軟膏を塗布した状態のままお帰り頂きます。
通常かかる費用

フラクショナルECO2(顔全体)
¥30,000+税
麻酔クリーム
¥1,000~¥5,000+税

フラクショナルECO2治療のトラブル一覧

A) 色素沈着

レーザーのパワーが強いと火傷が深くなって色素沈着を残すことになります。
治療による炎症が治まっていないうちに(まだ赤みが残っている期間)強い日差しを浴びますと日焼けした部位が黒くなります。

対応
色素沈着が起こりました時には、シミ取りクリーム(ハイドロキノンクリーム)やトレチノインクリームを処方させて頂きますのでご使用下さい。


B) 赤みが引かない

通常1~2 週間程で赤みは治まってきますが、肌質や照射時のレベルによっては赤みが長引く場合もございます。

対応
その場合は炎症を抑えるステロイド軟膏を処方いたしますので2週間程お使い下さい。ステロイド軟膏の長期使用は毛細血管を浮き出す副作用がありますのでおすすめできません。
赤みがまだ残っている状態で重ねて照射しますと、赤みが引くのにかなりの時間がかかります。1 年以上赤みが残る場合もありますので、完全に赤みが引いた状態で次の治療をされることをおすすめ致します。

よくある質問


フラクショナルレーザーのダウンタイムはありますか?
個人差ありますが、3~10日程要します。
照射出力によって異なりますが、3~10日のダウンタイムを要します。
照射直後から赤みが出て通常1~2 日で細かいかさぶたが形成されて茶色くなり、かさぶたは5 日~2 週間で剥がれ落ちます。
メイクは翌日から可能ですが、カサブタなどにより、メイクのノリは悪くなります。
フラクショナルレーザーの適している症状は?
肌表面の凸凹症状に適しています。
頑固なニキビ跡やデコボコが気になる毛穴ケアなどを得意としています。
その他にも小じわケアやスキンタイトニング、美白、外傷性の傷や妊娠線を目立たなくするなどにも適しています。
フラクショナルレーザーの照射は痛いですか?
痛みが気になる方には麻酔クリームをおすすめします。
照射時に熱感を伴う痛みがありますが、治療前に麻酔クリームを塗ることで痛みは軽減します。
フラクショナルレーザーは1回で効果ありますか?
1回の施術でも肌質のケアは望めますが、複数回行うことをおすすめしています。
1回の施術でも肌質のケアは望め、肌の弾力やお化粧のリも良くなってきます。
施術後半年~1年後がピークですが、複数回の施術により、よりメリットを受けられます。
治療間隔と回数は、皮膚状態や治療目的により、変わります。
複数回行う場合の目安としては、2ヶ月前後の間隔をあけ、3回ほど施術を受けられるとよりメリットを体感頂けます。

ドクターOPE詳細 関連記事

大橋先生 関連記事はこちら  

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

line@友だち追加