初めての方銀座院 0120-883-250
診察券をお持ちの方銀座院 03-6887-8210
メールでのお問い合わせ
初めての方名古屋院 0120-451-170
診察券をお持ちの方名古屋院 052-581-2224
メールでのお問い合わせ
初めての方大阪院 0120-121-051
診察券をお持ちの方大阪院 06-6347-1031
メールでのお問い合わせ

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

施術のご案内

  • 目元
  • バスト
  • ボディ
  • 口元
  • エイジングケア
  • プチ整形
  • その他

  • 手術の詳細
  • 症例写真集
  • 術後経過写真
  • Q&A

レーザートーニング

詳細

QスイッチYAGレーザーという医療用レーザー機器を使用し、シミ・肝班・色素沈着の改善を行う治療のことです。
非常に弱いパワーでレーザーを当て、余計な刺激を与えることなく、蓄積したメラニンを減らしていきます。
回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のあるキメの整った肌へと導きます。


メドライト画像
Q-YAGレーザーとは?

ConBio,A CynosureCompany社(米国・カリフォルニア州)が 製造するレーザー機器で、世界中で高い実績と信頼を誇る「世界最高水準のQスイッチYAGレーザー」です。
レーザートーニングに使用されるレーザーは、QスイッチYAGレーザーです。 その中でも特別に設計されたQ-YAGレーザーのみがレーザートーニングを行うことができます。

このQスイッチYAGレーザーは、美容外科以外に皮膚科・形成外科でも使用頻度の高いレーザーでもあり、シミやアザ、刺青等の治療に使用されています。
レーザートーニング治療が確立されたことで、従来のレーザー治療は禁忌とされてきた肝斑を含むシミ治療の範囲が広がり、国内外のドクターから高い評価を得ています。

このような効果があります

・肝班の改善
・しみやくすみの改善
・透明感のあるキメの整った肌

肝班(かんぱん)とは?

肝斑とは、一般的に30~40代のアジア人女性に多く見られる薄茶色をしたシミの一種です。
原因はまだ明らかになってませんが、妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用をきっかけにあらわれることがあることから女性ホルモンが関与していると言われています。その他に、さわりグセなどによる物理的な刺激や毛細血管の拡張なども肝斑ができる原因と考えられています。

肝斑の説明画像

肝斑(かんぱん)の特徴

■ シミが左右対称である
■ シミの境界がくっきりとしている
■ シミが地図のようにベタっとし、濃淡の差があまりない
■ 頬にあらわれやすく、 額・口の周辺などにできることもある
■ 30代~40代であらわれることが多く、閉経後は 薄くなることが多い

この特徴に当てはまらないからと、自己判断は禁物です。
肝斑かどうかを見分けるのは専門医でないと難しい場合があり、治療法を誤ると症状が悪化する可能性があります。
例えば、ADM(両側性遅発性太田母斑様色素斑や後天性真皮メラノサイトーシスともよばれます)というシミのように見えるアザがあります。 むずかしい名前がついていますが、このADMも意外と多くみられます。 ADMにはレーザー治療が有効ですが、肝斑と非常によく似た症状のため、見分けるのがむずかしいといわれています。
また、日光性のシミや肝斑、ADMなどのシミやアザが混在しているケースもよくあります。

治療の流れと治療頻度

治療の流れ

治療時間わずか10分程度。
パチパチとはじけるような刺激がありますが、麻酔の必要はなく、治療後はいつも通りメイクが可能です。

レーザートーニングの特徴画像

治療頻度

レーザートーニングは繰り返し行うことで効果が出る治療です。
週に1回を4~5回の治療が目安です。
※痛みの感じ方や赤みの出方は個人差があります。
※実際の治療の流れは医療機関によって異なる場合があります。

注意事項

◆ 治療後は、通常よりもしっかり日焼け予防をして下さい。
◆照射後は乾燥しやすくなりますので、十分な保湿を心がけて下さい。ローションパックがおすすめです。

レーザートーニング 照射直後

術前術後の比較画像

レーザートーニング 経過写真

治療の経過画像

レーザートーニング よくある質問

美肌レーザー治療のダウンタイムはありますか?
ありません。
照射直後はハレや赤み、ヒリヒリとする痛みがありますが数時間で落ち着いてきます。
照射後からお化粧頂け、日常生活に影響はありません。
レーザートーニングはどのような効果がありますか?
シミ・肝班・色素沈着の改善に効果的な治療です。
回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のあるキメの整った肌へと導きます。
レーザートーニングの回数や頻度はどのくらい必要ですか?
複数回繰り返しの治療が必要です。
個人差ありますが、レーザートーニングは繰り返し行うことで効果が出る治療です。
週に1回を4~5回を目安に治療することをおすすめしております。

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。



美容整形・レーザートーニングならヴェリテクリニック
女性の患者様だけでなく、男性の患者様のご相談や整形手術も増えています。
ヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。
現在も多くの医師がヴェリテクリニックの医師の施術を学んでおり、手術指導を行なっております。