このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

施術のご案内

  • 目元
  • バスト
  • ボディ
  • 口元
  • エイジングケア
  • プチ整形
  • その他

  • 手術の詳細
  • 症例写真集
  • 術後経過写真
  • Q&A

鼻翼縮小術

詳細

大きく広がりっている小鼻の一部を切り取り小さくする手術です。
鼻の穴の大きさや鼻全体が大きく見える印象を、小鼻を小さくすることによりお顔全体がスッキリとした印象に改善します。

適している方

・小鼻の大きさを改善したい方
・小鼻の丸みや厚みが気になる方
・鼻の穴を小さくしたい方
・スッキリした印象にしたい方

ヴェリテクリニックの特徴

1. デザインの重要性

ヴェリテクリニックでは、患者様のご希望を実現するために、様々なデザインや術式がございます。事前にシミュレーションなどを行い、患者様と術後の仕上がりを確認し、それを基に適した術式や手技を決定致します。そのため、おひとりおひとりの細かいご要望やこだわりを実現致します。

2. 医師の技術力

ヴェリテクリニックの医師は、高度な医療技術が要求される美容外科医・形成外科医を指導してきた医師で構成されており、日本美容外科学会から専門医として認定されております。正しい知識と優れた技術力、経験豊富の医師が担当致しますので、ご安心下さい。



術式

手術は傷が目立たない部分を数ミリ切除して、鼻全体とのバランスを調整しながら丁寧に縫い縮めていきます。
小鼻の大きさや鼻の丸みにより外側や内側、その両方やさらに状態によっては小鼻の上側を切除する方法があり、どのように切除するかは、小鼻の状態や形によって決まります。 傷跡が目立たない部分を切除し、丁寧に縫合するため目立ちにくく仕上がりはとても自然です。

外側法

外側法は、小鼻の外側の溝に沿って余分な皮膚と組織を切除して縫合する施術です。
小鼻の丸みが取れ、面積も小さくなるため小鼻が大きく、鼻翼の付け根より外に張り出している方におすすめです。
傷跡は小鼻の外側の溝部分と一致してほとんど分からなくなります。
小鼻の状態によっては、外側の上側部分まで切除する場合もあり、傷痕が小鼻の外側の溝より上まで伸びてしまうことがあります。



内側法

内側法は、鼻の穴の中の余分な皮膚と組織を切除して縫合する施術です。傷跡は鼻の穴の中部分のため外側部分の傷跡は残りません。
鼻の穴は大きいが、小鼻の付け根より外に張り出していないという方におすすめです。


内側+外側法

内側法と外側法の両方を併せた手術です。
鼻の穴の大きさや小鼻の外側への張り出しが目立つ方に効果的です。
傷痕は鼻の内側部分から外側の溝部分と一致してほとんど分からなくなりますが、 状態によっては外側の上側部分まで切除することもあります。
その場合、多少傷痕が目立つことがありますが、時間の経過とともにほとんど分からなくなります。

外側+上側

小鼻の横幅の広がりだけでなく縦にも大きく広がりがある場合に、外側と上側の余分な皮膚と組織を切除縮小します。
鼻翼の付け根より外に張り出していて、小鼻が横にも縦にも大きい方におすすめです。
小鼻外側の溝に沿って上側まで切開します。傷跡は小鼻の溝部分と一致してほとんど分からなくなりますが、溝より上側部分の傷が伸びてしまいますが、時間の経過とともに傷はほとんど分からなくなります。

手術後の問題と解決策

1.小鼻の変形修正

いくらでも小鼻を小さくすることは可能ですが、切り取りすぎた場合、鼻の穴がコンセントの差し込み口のように細くなる、 指が入らないほど鼻の穴が小さい、小鼻に全く丸みがないといった小鼻や鼻の穴の形が不自然になり変形をきたします。
切り取れられてなくなってしまった部位を元に戻すことは出来ないため、不自然な形にならないよう切り取る範囲を決めることが大切です。
ヴェリテクリニックでは、鼻翼縮小術後の修正手術も行っています。


2.鼻尖が大きく見える

小鼻を小さくすると相対的に鼻尖が大きく見えるようになります。
特に、団子鼻の患者様が鼻翼縮小術を受けるとさらに団子鼻が目立つようになります。
団子鼻を気にされている患者様には、鼻翼縮小の手術前に鼻尖縮小術を受けて頂き、鼻尖が細くなった後で鼻翼縮小の手術を受けられることをおすすめ致します。



鼻翼縮小術の注意事項

内側法に比べ外側法が手術効果は大きいですが、外側の傷痕を気にされ、内側法を希望される患者様がいらっしゃいますが、正しい選択ではありません。 この選択を誤ると手術の効果がない上に、不自然な形を作ることになります。
また、いくらでも小鼻を小さくすることは可能ですが、鼻の穴がコンセントの差し込み口のように細くなる、指が入らないほど鼻の穴が小さい、小鼻に丸みがないといった変形きたし、元に戻すことはできません。
不自然な形にならないように小鼻の形、切除する部分、切除量を正確に把握し決定すること、術後の傷痕がきれいになるように丁寧に縫合することが大切です。

手術を受ける際の重要なこと

鼻翼縮小の手術は一般的に行われている手術ですが、医師により仕上がりや傷痕の差が大きく、修正術を希望される方も少なくありません。
手術結果に満足頂けるかは医師の正しい知識、熟練した技術、手術経験がポイントになります。そのため、経験豊富な信頼できる医師で受けられることが重要です。

症例写真

症例写真1 鼻翼縮小術(内側切除)



症例写真2 鼻翼縮小術(外側切除)と鼻中隔延長術 



症例写真3 鼻翼縮小術(外側切除)+鼻中隔延長術+鼻孔縁を下げる





症例写真4 鼻翼縮小(外側切除)



症例写真5 鼻翼縮小(外側切除)

術後経過

鼻翼縮小術(外側切除)術後経過1

 

鼻翼縮小術(外側切除)術後経過2

鼻翼縮小術 よくある質問

使用する麻酔方法は?
患者様のご負担がない麻酔を使用致します。
当院では局所麻酔、笑気ガス麻酔、静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔、全身麻酔がございます。
患者様のご希望をお伺いし、ご負担がない麻酔方法をご案内させて頂いております。
鼻翼縮小のダウンタイムはどのくらいですか?
1週間程度で落ち着いてきます。
個人差ありますが、腫れは手術後2~3 日目をピークに1週間間程、むくみは2週間程度で落ち着きます。
術後5日目で抜糸があります。それまではマスク等でカバー頂き、抜糸後からはお化粧でカバー頂けます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    
鼻翼縮小の傷痕は目立ちますか?
傷痕はほとんどわからなくなり、目立つことはありません。
内側法の場合、傷は鼻の穴の内側部分のため目立つような傷や外見上の傷は出来ません。
外側法の場合、小鼻の外側部分の溝部分と一致してほとんど分からなくなります。
術後間もない間は傷部分に赤みがありますが、お化粧でカバー頂けます。
術後、傷痕が気になる場合には適切な改善方法をご提案させて頂きます。
鼻翼縮小後、後戻りはありますか?
後戻りの可能性はあります。
糸で引きあうような方法や、内側法の場合に鼻の穴の内側の皮膚が外側に向かって引き延ばされて術後に後戻りが起こる可能性はあります。
ヴェリテクリニックでは後戻りを避けるために、切除する鼻の床の組織から表皮だけを取り除いて真皮と筋肉からできた短冊状の組織(真皮弁)を作成し、これを正中部に作った皮下トンネルを通してお互いに縫い合わせることによって、小鼻を内側に向かって引き寄せる手術をします。
糸を使って両側の小鼻を引き寄せる方法もありますが、自家組織である真皮弁を用いたほうが効果は確実に持続します。

ドクターOPE詳細 関連記事



この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

・鼻翼挙上
・鼻孔縁挙上

鼻の鼻翼縮小術ならヴェリテクリニック
女性の患者様だけでなく、男性の患者様のご相談や整形手術も増えています。 ヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。 現在も多くの医師がヴェリテクリニックでの施術を学んでおり、美容整形手術指導を行なっております。