このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

施術のご案内

  • 目元
  • バスト
  • ボディ
  • 口元
  • エイジングケア
  • プチ整形
  • その他

  • 手術の詳細
  • 症例写真集
  • 術後経過写真
  • Q&A

隆鼻術

詳細

隆鼻術というのは鼻筋にシリコンプロテーゼやゴアテックス、又は自己軟骨を挿入し鼻筋を高くする手術です。
顔全体がシャープに見え小顔に見せる効果、整った顔立ち印象になります。
患者様の希望に合わせ、ご自身に合うようにオーダーメイドで 高さや幅を調整して、オリジナルのプロテーゼも作成いたします。
また、人工物に抵抗のある方には、ご自分の軟骨組織を用いて行うことも可能です。

このような方に向いています

・鼻筋に高さや太さがほしい方
・鼻筋のラインを変えたい方
・鼻筋の通った印象にしたい方
・立体的な顔立ちにしたい方
・半永久的な効果を希望される方

ヴェリテクリニックの特徴

1.使用する素材が豊富

一般的にシリコンプロテーゼのみしか使用しないクリニックが多いですが、ヴェリテクリニックではシリコンプロテーゼの他に、ゴアテックス、自己軟骨、ヒアルロン酸がございます。これにより、患者様の幅広いご希望やご要望にお応えすることが出来ます。

2.オーダーメイドプロテーゼ

患者様一人一人、希望される高さ、太さ、長さ、使用素材は異なります。
患者様のなりたい希望を実現するため、一人一人プロテーゼを調整しオーダーメイドで作成しております。
そのため全く同じ形状の物はなく、ご希望通りの仕上がりを実現しております。
より細かいデザインや仕上がりを追求される方には、患者様の立体モデルを作成し、1からプロテーゼを作成することも可能です。

3. デザインの重要性

ヴェリテクリニックでは、患者様のご希望を実現するために、様々なデザインや術式がございます。事前にシミュレーションなどを行い、患者様と術後の仕上がりを確認し、それを基に適した術式や手技を決定致します。そのため、おひとりおひとりの細かいご要望やこだわりを実現致します。

4. 医師の技術力

ヴェリテクリニックの医師は、高度な医療技術が要求される美容外科医・形成外科医を指導してきた医師で構成されており、日本美容外科学会から専門医として認定されております。正しい知識と優れた技術力、経験豊富の医師が担当致しますので、ご安心下さい。



術式

手術は鼻の内側を3mmほど切開し、鼻の骨と骨膜の間にプロテーゼを挿入します。
ヴェリテクリニックでは、使用する素材としてゴアテックス・シリコンプロテーゼ・自己軟骨組織・ヒアルロン酸注入がございます。
ご希望の素材を選んで頂けますが、その中でもゴアテックスを優先にしています。
挿入後はしっかりと骨膜に覆われ、固定されるためズレといった心配はまずございません。
患者様一人一人のご希望に併せて高さや太さ、長さを調整しオーダーメイドで作成しています。

素材について

現在ヴェリテクリニックでは、ゴアテックス・シリコンプロテーゼ・肋軟骨・耳軟骨・ヒアルロン酸注入の中から隆鼻術の材料を選ぶことができます。

1.シリコンプロテーゼ

シリコンプロテーゼにはL 型とI 型と呼ばれるものがあります。
L 型は鼻筋を高くすると同時に鼻尖をツンと高くすることができます。I 型(下記A)は鼻尖まで入るタイプであれば鼻尖も高くする効果がありますが、これらの鼻尖までの入るプロテーゼは、皮膚に負担がかかるため、術後に鼻先の皮膚が薄くなることや、鼻先が上を向いてしまう危険があります。
鼻尖まで入らないI型(下記B)であれば、鼻先を高くする効果はありませんが、術後に鼻先が上に向くことや皮膚が薄くなる心配がないため、ヴェリテクリニックではシリコンプロテーゼを用いる際には基本的にはI型プロテーゼを使用しています。
しっかりと高さを出したい方や鼻筋の輪郭をしっかり出したい方に適しています。

2.ゴアテックス

ヴェリテクリニックでは、ゴアテックスを第一に使用しています。
非常に軟らかく人体との親和性に優れているため、美容外科はもちろんのこと人工血管や心臓のパッチ、脳を包む硬膜の修復にも用いられる安全な素材です。しなやかで鼻の骨の輪郭にフィットするため、鼻筋が浮き出る心配もなく、滑らかでより自然に仕上がります。
あらゆる高さ・長さ・形を自由に作ることができるため、患者様からの細かい要望にも対応することが出来ます。
他の素材に比べデザインの調整のしやすさ、術後の欠点が少ない素材となっています。


プロテーゼとゴアテックスの違い

プロテーゼはハッキリした鼻筋を希望される方にはおすすめですが、眉間部分からプロテーゼのみで高さを出すと鼻が間延びして長く見える場合や、不自然な鼻筋に仕上がることがあります。
ゴアテックスは将来取り出すことが出来ないとうわさされていますが、それは事実ではありません。
組織と良くくっつくため、取り出す時はハサミでゴアテックスと鼻の組織の癒着を剥がす必要がありますが、ゴアテックスを取り出すことは可能です。




3.自己軟骨

軟骨にはある程度の柔軟性があり、もっとも適した素材といえます。
胸から採取した肋軟骨か耳の軟骨を細かく切り刻み、吸収性のガーゼシートや御自身の筋膜で包んで挿入します。
骨は固すぎて鼻筋になじませるのが難しい上、吸収されてしまうため美容外科にはむいていません。
脂肪や真皮や筋膜は吸収されるため、最終的な鼻筋がの仕上がりの予測がつきません。

切開箇所

基本的にはクローズ法で行いますが、状態によってはオープン法で行う場合のあります。 クローズ法は鼻の中の傷のため外見上から見えることはありません。 オープン法は鼻の下に傷は出来ますが、ほとんどわからない程度になります。



4.ヒアルロン酸注入

ボトックス器具のj写真

手術に抵抗がある方、手軽な方法で鼻を高くしち方にはヒアルロン酸注入がおすすめです。
ヒアルロン酸はもともと体内にある成分のためアレルギーの心配もなく、メスを使用しないため気軽に受けて頂ける施術です。また、隆鼻術の手術前のシミュレーションとしてもおすすめです。


※ヒアルロン酸注入以外にレディエッセ、アクアミド、エンドプロテーゼ注入を行うクリニックもありますが、 ヴェリテクリニックでは、術後のトラブルや欠点、安全性が確認出来ていないことからお取り扱いはございません。レディエッセのみご希望の場合には発注後、施術可能です。


手術後の注意事項

プロテーゼの飛び出しについて

可能性はゼロではありませんが、実際に飛び出す確率は非常に低く、ある日突然飛び出てしまうようなことはありません。
飛び出す前に感染が起こり、赤く腫れる、鼻尖部が赤く盛り上がるという症状が起こります。
この時点でプロテーゼを抜去すれば感染による炎症は治まり、皮膚に穴が開くことはありません。
しかし、そのまま放置すると皮膚に穴が開きプロテーゼが飛び出してきます。
飛び出した部分の皮膚に傷跡が残ってしまうため、術後に鼻尖から鼻筋にかけて痛み・発赤・腫れといった症状が現れた場合には早急に医師の診察を受けて適切な処置を受けることが大切です。



手術を受ける際の重要なこと

隆鼻術の手術は一般的に行われている手術ですが、医師により仕上がりの差が大きく、修正術を希望される方も少なくありません。手術結果に満足頂けるかは医師の正しい知識、熟練した技術、手術経験がポイントになります。そのため、経験豊富な信頼できる医師で受けられることが重要です。

隆鼻術の症例写真

症例写真1

before                      after
隆鼻
隆鼻
隆鼻
【併せて行っている手術】眉間ゴアテックス、鼻尖縮小、額プロテーゼ、全切開、口唇ヒアルロン酸

症例写真2

before                      after
隆鼻
隆鼻
隆鼻
【併せて行っている手術】鼻中隔延長

症例写真3

before                      after
隆鼻
隆鼻
隆鼻

【併せて行っている手術】 眉間ゴアテックス・鼻中隔延長・全切開・目頭切開・下眼瞼脱脂・脂肪溶解注射・涙袋ヒアルロン酸



症例写真3

before                      after
隆鼻
隆鼻
【併せて行っている施術】 鼻尖縮小術、鼻中隔延長、顎プロテーゼ

隆鼻術の写真で見る術後経過



隆鼻術 手術前

こちらの女性は正面で鼻筋がぺちゃんこに見えて、目と目が離れて見えるのが嫌でヒアルロン酸を打ってもらったそうです。
鼻筋は通ったように見えますが、ヒアルロン酸が横に広がって鼻筋が太くなっています。



隆鼻術の手術前にヒアルロン酸の分解
一旦もとの鼻筋の状態に戻します。

ヒアルロン酸を分解するため、ヒアルロニダーゼ注射後3日目の状態です。ヒアルロン酸は、ヒアルロニダーゼという酵素によって分解されます。



隆鼻術 手術後1週
鼻中隔延長術を隆鼻術と同時に行いましたので、オープン法という鼻の下を全切開する形で手術しています。
鼻の固定は1週間ほどです。



隆鼻術 手術後1週(抜糸と固定除去) 隆鼻術 手術後1週で、抜糸と固定除去した状態です。
目頭の傷は、目頭切開を同時に行ったためのものです。



隆鼻術 術後2週間
目頭の傷、鼻の手術跡の傷もメークをすることでカバーできます。



隆鼻術 術後2週間の傷跡の状態


隆鼻術 術後6ヵ月後


隆鼻術 術後6ヵ月の傷跡の状態


隆鼻術 よくある質問

鼻の手術のダウンタイムはどのくらいですか?
術後1週間後からお化粧でカバー頂けます。
術後1周間ギブス固定を行います。
ダウンタイムは個人差ありますが、腫れのピークは術後3日目程でその間はギブスで隠れるためご自身で確認出来ません。
術後2週間程は多少の腫れやむくみはありありますが、お化粧でカバー頂ける程度です。
プロテーゼの手術後にズレることはありますか?
術後のずれや曲がりはありません。
プロテーゼは鼻骨の骨膜下に挿入し、術後はしっかり固定をしますので、挿入後プロテーゼが動いたりずれたりすることはまずありません。
万が一、ズレや曲がりが生じた場合には適正に処置させて頂きます。
希望通りの鼻に仕上がりますか?
ほとんとの患者様が希望通りに仕上がっています。
患者様のご状態を拝見し、ご希望される高さ、太さ、長さや鼻筋のラインやカーブ等をお伺いし、お一人ずつに合ったご希望のデザインをオーダーメイドにて作成します。
術前のカウンセリングにてしっかりご希望をお伝え頂くことがデザインを作る上で重要となります。
術後はほとんとの患者様が希望通りに仕上がっています。
術後の仕上がりに不安の患者様には、術後のシミュレーションとしてまずはヒアルロン酸注入をおすすめしています。
プロテーゼ挿入後、感触に不自然さはありますか?
挿入前と変わらない自然な感触です。
プロテーゼは人工軟骨と呼ばれ、軟骨とほぼ同じ硬さで出来ています。
プロテーゼ自体の感触も非常に自然な上、挿入位置も骨膜や皮膚に覆われるため感触の不自然さはございません。
プロテーゼの入れ替えは同時に行いますか?
基本的には同日に行います。
基本的に同日に行います。
ただし感染を起こしている場合は、まずは抜去のみ行いその後ご状態が落ち着いてからプロテーゼを挿入します。
プロテーゼ抜去後は元の鼻に戻りますか?
ほぼ元通りに戻ります。
プロテーゼを抜去後はほぼ元通りの鼻に戻ります。
抜去後、また高さをご希望される際には再手術やヒアルロン酸注入は可能になります。
将来的にプロテーゼを入れ替える必要はありますか?
半永久的な効果のため必要ありません。
プロテーゼや自己組織の手術は半永久的な効果です。
術後にご希望のデザインが変わったり、感染が原因で抜去された後の再挿入以外には必要ありません。

ドクターOPE詳細 関連記事



この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

眉間ゴアテックス
ヒアルロン酸注入

鼻の隆鼻術ならヴェリテクリニック
女性の患者様だけでなく、男性の患者様の隆鼻術のご相談や整形手術も増えてきています。
ヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。
現在も多くの医師がヴェリテクリニックの院長の施術を学んでおり、
鼻の隆鼻術の美容整形手術指導を行なっております。