このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。


美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >   >  隆鼻術


隆鼻術

詳細

隆鼻術というのは鼻筋にシリコンプロテーゼやゴアテックス、又は自己軟骨を挿入し鼻筋を高くする手術です。
顔全体がシャープに見え小顔に見えたり、整った顔立ち印象になります。
患者様のご希望に合わせ、ご自身に合うように高さや幅を調整して、オーダーメイドでプロテーゼも作成いたします。
また、人工物に抵抗のある方には、ご自分の軟骨組織を用いて行うことも可能です。

このような方に向いています

・鼻筋に高さや太さがほしい方
・鼻筋のラインを変えたい方
・鼻筋の通った印象にしたい方
・立体的な顔立ちにしたい方
・継続的な変化を希望される方

シミュレーション



ヴェリテクリニックの特徴

1.使用する素材が豊富

一般的にシリコンプロテーゼのみしか使用しないクリニックが多いですが、ヴェリテクリニックではシリコンプロテーゼの他に、ゴアテックス、自己軟骨、ヒアルロン酸がございます。これにより、患者様の幅広いご希望やご要望にお応えすることが出来ます。

2.オーダーメイドプロテーゼ

患者様一人一人、希望される高さ、太さ、長さ、使用素材は異なります。
患者様のなりたい希望にするため、一人一人プロテーゼを調整しオーダーメイドで作成しております。
そのため全く同じ形状の物はなく、ご希望通りの仕上がりにしております。
より細かいデザインや仕上がりを追求される方には、患者様の立体モデルを作成し、1からプロテーゼを作成することも可能です。



術式

手術は鼻の内側を3mmほど切開し、鼻の骨と骨膜の間にプロテーゼを挿入します。
ヴェリテクリニックでは、使用する素材としてゴアテックス・シリコンプロテーゼ・自己軟骨組織・ヒアルロン酸注入がございます。
ご希望の素材を選んで頂けますが、その中でもゴアテックスを優先にしています。
挿入後はしっかりと骨膜に覆われ、固定されるためズレといった心配はまずございません。
患者様一人一人のご希望に併せて高さや太さ、長さを調整しオーダーメイドで作成しています。

素材について

現在ヴェリテクリニックでは、ゴアテックス・シリコンプロテーゼ・肋軟骨・耳軟骨・ヒアルロン酸注入の中から隆鼻術の材料を選ぶことができます。

1.シリコンプロテーゼ

シリコンプロテーゼにはL 型とI 型と呼ばれるものがあります。
L 型は鼻筋を高くすると同時に鼻尖をツンと高くすることができます。I 型(下記A)は鼻尖まで入るタイプであれば鼻尖も高くなりますが、これらの鼻尖までの入るプロテーゼは、皮膚に負担がかかるため、術後に鼻先の皮膚が薄くなることや、鼻先が上を向いてしまう危険があります。
鼻尖まで入らないI型(下記B)であれば、鼻先を高くなりませんが、術後に鼻先が上に向くことや皮膚が薄くなる心配がないため、ヴェリテクリニックではシリコンプロテーゼを用いる際には基本的にはI型プロテーゼ(B)を使用しています。
しっかりと高さを出したい方や鼻筋の輪郭をしっかり出したい方に適しています。

2.ゴアテックス

ヴェリテクリニックでは、ゴアテックスを第一に使用しています。
非常に軟らかく人体との親和性に優れているため、美容外科はもちろんのこと人工血管や心臓のパッチ、脳を包む硬膜の修復にも用いられる素材です。しなやかで鼻の骨の輪郭にフィットするため、鼻筋が浮き出る心配もなく、滑らかでより自然に仕上がります。
あらゆる高さ・長さ・形を自由に作ることができるため、患者様からの細かい要望にも対応することが出来ます。
他の素材に比べデザインの調整のしやすさ、術後の欠点が少ない素材となっています。


プロテーゼとゴアテックスの違い

プロテーゼはハッキリした鼻筋を希望される方にはおすすめですが、眉間部分からプロテーゼのみで高さを出すと鼻が間延びして長く見える場合や、不自然な鼻筋に仕上がることがあります。
ゴアテックスは将来取り出すことが出来ないと噂されていますが、それは事実ではありません。
組織と良くくっつくため、取り出す時はハサミでゴアテックスと鼻の組織の癒着を剥がす必要がありますが、ゴアテックスを取り出すことは可能です。




3.自己軟骨

軟骨にはある程度の柔軟性があり、もっとも適した素材といえます。
胸から採取した肋軟骨か耳の軟骨を細かく切り刻み、吸収性のガーゼシートや御自身の筋膜で包んで挿入します。
骨は固すぎて鼻筋になじませるのが難しい上、吸収されてしまうため美容外科には向いていません。
脂肪や真皮や筋膜は吸収されるため、最終的な鼻筋がの仕上がりの予測がつきません。

切開箇所

基本的にはクローズ法で行いますが、状態によってはオープン法で行う場合もあります。 クローズ法は鼻の中の傷のため外見上から見えることはありません。 オープン法は鼻の下に傷は出来ますが、ほとんどわからない程度になります。



4.ヒアルロン酸注入

ボトックス器具のj写真

手術に抵抗がある方、手軽な方法で鼻を高くしたい方にはヒアルロン酸注入がおすすめです。
ヒアルロン酸はもともと体内にある成分のためアレルギーの心配もなく、メスを使用しないため気軽に受けて頂ける施術です。また、隆鼻術の手術前のシミュレーションとしてもおすすめです。


※ヒアルロン酸注入以外にレディエッセ、アクアミド、エンドプロテーゼ注入を行うクリニックもありますが、 ヴェリテクリニックでは、術後のトラブルや欠点、安全性が確認出来ていないことからお取り扱いはございません。レディエッセのみご希望の場合には発注後、施術可能です。


手術後の注意事項

プロテーゼの飛び出しについて

可能性はゼロではありませんが、実際に飛び出す確率は非常に低く、ある日突然飛び出てしまうようなことはありません。
飛び出す前に感染が起こり、赤く腫れる、鼻尖部が赤く盛り上がるという症状が起こります。
この時点でプロテーゼを抜去すれば感染による炎症は治まり、皮膚に穴が開くことはありません。
しかし、そのまま放置すると皮膚に穴が開きプロテーゼが飛び出してきます。
飛び出した部分の皮膚に傷跡が残ってしまうため、術後に鼻尖から鼻筋にかけて痛み・発赤・腫れといった症状が現れた場合には早急に医師の診察を受けて適切な処置を受けることが大切です。

福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール

ドクターOPE詳細 関連記事



この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

line@友だち追加
Twitter