このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

  • 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック


    English
     中文  ご予約・お問い合わせはこちら

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  バスト・豊胸 >  陥没乳頭


陥没乳頭

 

詳細

乳首が突出せず、埋まっている乳首を外側に出す手術です。
原因としては乳管(乳汁を乳頭へ運ぶパイプラインの役目を担っている管)の発育障害とされています。
外見上の問題だけでなく、乳頭や乳腺の炎症の原因や授乳の妨げになる場合があるため機能の治療としての手術でもあります。

このような方に適しています

・乳首が引っこんでいる方
・乳首を刺激しても出てこない方
・授乳への影響が心配方
・見た目を整えたい方

陥没乳頭の種類

真性陥没乳頭

真性の陥没乳頭は、刺激をしても出てくることはなく、常に乳首が陥没しているタイプです。
将来的に授乳できるかどうかは、状態によって異なります。自己チェックで真性の疑いの場合は、病院に行って医師に相談することをオススメします。

仮性陥没乳頭

仮性の陥没乳頭は、刺激を与えると表に現れるタイプです。将来的に授乳できる可能性が高く、比較的軽い状態と言えます。
また、マッサージや吸引器などを活用することで状態が良くなる場合もあり、それでは改善しない場合に手術を検討します。

手術方法

状態により手術方法は異なりますが、基本的に突っ張りの強い乳管はカットし、一部の乳管は残すようにします。
乳頭周囲に数箇所の切開を加え、乳管周囲の線維組織(せんいそしき)の癒着を丁寧に剥がします。
乳頭を引き出し、再陥没を防ぐための処置を行います。

陥没乳頭 陥没乳頭 陥没乳頭


陥没乳頭の影響

仮性乳頭、真性乳頭どちらのタイプでも注意したいのは、病気に発展するリスクです。
陥没している部分は垢や分泌物が溜まりやすく、そこで細菌が繁殖して乳腺炎を起こすことがあります。

乳腺炎とは?

乳腺が雑菌の繁殖により急性炎症を起こす病気です。
放っておくと乳腺の正常な部分も破壊され、うつ伏せに寝るのが難しいくらい強い痛みが出ます。
発熱や全身倦怠感などの症状も伴うため、日常生活にも支障をきたしてしまいます。
また、膿がたまって乳房内に膿瘍(のうよう)ができてしまった場合は、切開してたまった膿を出さなければいけません。
通常かかる費用

陥没乳頭
¥400,000+税
全身麻酔
¥100,000+税

陥没乳頭術のトラブル一覧

A) 効果が不十分

乳管が大変短くなっていますと、乳頭を十分引き出せないことがあります。また、陥没している乳頭の大きさが小さいため、引き出しても乳頭の高さが低くて物足りないことがあります。

対応
効果が不十分と感じる場合は、搾乳機(乳頭を引っ張り上げる器具)の使用で様子を見ます。それでも改善されない場合は、再度手術となります。
※伸ばせる乳管の長さには、個人差があり限界があります。
そのため、再度手術を行ったからといって、ご希望の結果を保障できるわけでありません。
また、状態により乳管を温存した方法では、陥没乳頭の改善が図れない場合があることを御了承下さい。
乳管を全て犠牲にする方法もご検討ください。


B) 乳頭が大き過ぎる

術後3 ヶ月はむくみがあるため、乳頭が大きく見えます。むくみがとれるまで経過をみて頂く必要があります。

引き込まれている乳頭を隆起させる手術ですので、基本的に元々の乳頭の大きさが反映され、思ったより乳頭が大きく感じることがあります。

対応
隆起した乳頭が大き過ぎると感じられる場合、乳頭の縮小手術をご提案いたします。


C) 乳頭の左右差

隆起させる程度が左右で異なると、術後に左右差が生じる可能性があります。元々の乳頭の大きさや形に左右差があることは珍しくありませんが、その場合術後も左右差が残りやすくなります。

対応
乳頭の大きさに左右差が生じている場合、基本的に、小さい方の乳頭に合わせ、もう片側の縮小を行います。
※ 但し、元々の乳頭の状態にもよりますので、再度手術を行っても、完全な左右対称にはならないことがあります。


D) 乳頭の壊死

陥没の原因となっている短い乳管や線維組織をカットする際に、乳頭の血管も一部カットします。また術後の陥没を防ぐため、乳頭基部をしめつけるように縫合したり、乳頭を糸でつり上げる処置をしたりします。そのため、乳頭の血流は悪くなります。
血行が悪くなりすぎますと、乳頭のピンク色が失われて白っぽくなったり、暗い紫色になったりします。その状態で放置しておきますと乳頭の皮膚や組織が壊死して黒いカサブタになり、はがれ落ちてしまいます。

対応
乳頭の色が白かったり、黒ずんだりして血行不良が疑われる時は、壊死が起こる前に処置を行う必要がありますので、お早めにご来院ください。乳頭のつけ根のしめつけや吊り上げをゆるめる処置を致します。
もし壊死が起こった時は、まずキズがふさがるまで軟膏を処方致します。乳頭組織が欠損した場合は、皮膚移植や乳輪の皮膚を使った乳頭再建術をご提案させて頂きます。


E) 陥没症状の再発

温存された乳管や線維組織のつっぱりが強いと、術後に乳頭のつけ根のしめつけがゆるんできた時に陥没が再発する可能性があります。

対応
乳頭が陥没してしまった(手術前の状態に戻った)場合は、上記 A)に準じ、再度手術を行わせて頂きます。


F) 乳管の切除と授乳への影響

陥没の原因となっている萎縮した短い乳管はカットしますが、一部の乳管は温存するように手術を行いますので、基本的に授乳は可能です。
しかし、陥没を防ぐために行う乳頭のつけ根をしめつける処置が強いため、乳管が閉塞して授乳に支障をきたす可能性があります。

対応
乳管の損傷やしめつけによる閉塞のため授乳が出来なくなった場合、授乳を可能にすることはできませんことをご了承下さい。


G) キズアトが気になる

体質や縫合したキズ口のずれや治りが悪いことが原因で、傷跡がケロイドのように赤く盛り上がる・凹む・段差になることがあります。
※色素沈着が起こった場合は、ほとんど分からなくなります。むしろキズアトの色が白くなった場合に、周りの濃い肌色とは異なるため、目立つことがあります。

対応
キズアトが気になる場合は、状態に合わせ、下記の方法を用います。

◆ ステロイド注射(ケナコルト)
ケロイドのように赤く盛り上がったキズを平らにする処置を行います。
十分な効果が得られるまで、1 ヶ月に1 回の治療を繰り返す可能性があります。
※またステロイドの副作用として、皮膚や傷が凹む、細かい血管が浮き出るといったことがあります。

◆ CO2 レーザー照射
キズアトの段差を削って、なめらかにする効果があります。処置後は3 ヶ月程赤みがあります。

◆ 切開法
傷の赤みが消えたうえで再度、切開し縫合いたします。

※傷を完全になくす事は不可能であり、目立たなくするという目的であることをご理解下さい。
また、個人の体質的な要因が大きいため、キズアト修正には限界がありますことをご了承ください。


H) 感覚の麻痺

手術によって細かい知覚神経が傷つくので、一時的に感覚が鈍くなります。

対応
通常3 ヶ月程で知覚は回復してきます。稀に完全に元の状態まで戻らないことがあります。


I) 感染(化膿する)

赤み・痛み・腫れ・熱感が増したり、長く続いたりする場合は、感染が疑われます。

対応
感染が起きた場合は、抗生剤の投与を行います。膿が溜まっている場合は、必要に応じて傷を再度開ける、もしくは、新たに切開し、膿を出す処置を行います。


J) 血が溜まる

術後に傷の中で出血しますと、血が溜まって乳頭や乳輪が腫れあがります。血が溜まったままにしておきますと、感染やしこりを作る恐れがあります。

対応
出来るだけ早く処置する必要があります。その際は再度傷を開け、溜まった血液を排出します。


K) 傷が開く

糸が外れたり、キズの治りが悪かったりしてキズが開いてしまうことがあります。

対応
傷が開いた場合は、状態によって再度縫合する、あるいは保存的にキズがふさがるのを促すため軟膏を処方致します。


L) 中縫いの糸が出てくる

皮膚の下の組織を縫い合わせている糸(中縫いの糸)が出てくることがあります。

対応
放置していると化膿する危険がありますので早めにご来院ください。糸を取り除く処置をさせて頂きます。

よくある質問


乳頭の傷は目立ちますか?
傷はわからない程度です。
乳頭周囲の傷は治りが早く、もっとも目立ちにくい場所なります。
最小限の傷を丁寧に縫合しますので目立つ傷にはならず、傷がうっすらと白っぽい線として見える程度です。
陥没乳頭の術後、授乳に影響しますか?
授乳に影響ありません。
乳腺組織や乳管を損傷することはないため、授乳に影響はありません。
ただし、重度の真性陥没乳頭の場合や、陥没乳頭の再手術の場合に、乳菅を切る方法を選択した場合には授乳は出来なくなります。                                                                                                                       
陥没乳頭の術後、再度陥没する可能性はありますか?
可能性はありますが、再発しないよう手術方法を選択しています。
ヴェリテクリニックでは再発防止のため、術後約1ケ月は乳頭部分に器具を装着します。
再発しないように手術方法を選択していますが、重症の陥没乳頭の場合は再発の可能性はあります。
再発した場合には、再発しにくい手術方法にて再手術を行う場合もあります。
その場合、再発予防するために乳管を切らざるを得ない場合もあります。
陥没乳頭は手術以外の改善方法はありませんか?
マッサージや吸引も有効ですが、確実ではありません。
真性陥没乳頭の場合には手術以外には方法はなく、仮性陥没乳頭で軽度の場合にはマッサージや吸引を繰り返し行うとある程度緩和するともいわれていますが、確実ではありません。
この症状に当てはまる方には、ご手術をおすすめ致します。
陥没乳頭の術後、注意事項ありますか?
術後1ヶ月程は乳頭部分への圧迫には注意が必要です。
日常生活に大きな支障はありませんが、術後は1~2週間ほど腫れが出るので、この間はアルコールや激しい運動、長湯などは控えたほうが術後の経過が良くなります。
また、術後1 ヶ月はブラジャーでの圧迫や就寝時にうつ伏せで眠ることもお控えください。
陥没乳頭のダウンタイムはどのくらいですか?
1~2週間程度です。
個人差ありますが、腫れは内出血は1~2週間程で消失します。
腫れやムクミにより、一時的に左右差や大きすぎると感じることがありますが、時間と供に落ち着いてきます。
陥没乳頭の術後の痛みはどのくらいですか?
痛みには個人差があります。
個人差はありますが、手術後数日は軽い鈍痛のような痛みや、触れると軽い痛みはありますが、日常生活に支障のない程度です。
術後は痛み止めなどをお渡し致します。時間の経過とともに痛みは軽減します。
使用する麻酔方法は?
患者様のご希望に合わせた麻酔を使用します。
当院では局所麻酔、笑気ガス麻酔、静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔、全身麻酔がございます。
患者様のご希望をお伺いし、身体へのご負担を考慮した麻酔方法をご案内させて頂いております。

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

line@友だち追加