このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

MENU

ホーム >  美容点滴・注射 >  NMN点滴療法


NMN点滴療法

ハーバード大学の医学部で研究された
アンチエイジング法

NMN点滴療法

※名古屋院のみのお取り扱いになります。

正式名称は「ニコチンアミドモノヌクレオチド」(β-Nicotinamide Mononucleotide)です。
NMNはビタミンに似た物質で、体の中で自然に作られますが、加齢に伴い体内での生産量が減ってしまいます。 NMNが体内から少なくなると加齢がはじまり、身体機能や認知機能の老化が進むと考えられています。 このNMNを摂取することで、身体の見た目や機能が治療できるとの研究結果が次々と発表されています。
因みに、NMNを多く含む食品として、枝豆、ブロッコリー、キュウリなどがありますが、ブロッコリーの場合1日100mgのNMNを摂取しようとすると約40kg(約2000房)の量が必要になります。点滴で投与することで効率的にNMNを体に取り入れることができます。


枝豆、ブロッコリー、キュウリ

● サーチュイン(長寿)遺伝子の活性化により若さが保たれる
● 体力が戻ってくる
● 熟睡できる
● エストロゲンの上昇
● 運動中の呼吸が楽になる
● 肌のキメがアップ
● ミトコンドリアの活性化
● 頭がスッキリし、思考力・集中力もつく
● 代謝が上がる

体力が戻ってくる

いつまでも若く健康でいたいと思うのは、万人の願いです。
しかし、年齢に応じて肌も体力も衰え、年齢相応となっていきます。
では何が老化の原因となっているのでしょうか。
人間の老化や寿命に深く関わっている遺伝子があります。
それが「サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)」なのです。
この遺伝子を活性化することで肌細胞・体力・疲労などの身体機能を治療し、若々しく健康的な生活を目指します。

ハーバード大学医学部デビッド・シンクレア教授はNMNについて、以下のように述べています。
人間でいえば60歳にあたる生後22ヶ月のマウスにNMNを投与したところ、1週間後に生後6ヶ月のマウスに相当する筋肉になっていたのです。
これは、人間でいえば20歳にあたります。つまり1週間という短期間で、実に40歳分も若返ったことになります。
NMNにはまだ否定的な面は発見されていません。
それどころか、眼の疾患や難聴、肝臓や心臓を守る作用があるとわかっています。
また、肝臓がんにかかったマウスたちに投与したところ、腫瘍が消えたこともありました。
まるで万能薬のようですが、世界中の研究室が確認している事実なのです。
NMNは、体内に吸収されたのち全身の隅々に届けられることでNAD+という物質に変換されます。
NAD+は全ての生き物の体内に存在し、若さと健康維持に影響を与えていますが、10代後半をピークに減少していきます。
さらに40代になるとピーク時の半分にまで減少してしまうことで、若々しさが失われてしまいます。
そのため、体内のNAD+の濃度を上げる方法として、NAD+の原材料であるNMNを補うというわけです。

加齢による体内のNAD+レベルの減少

マウスのNAD+レベルの変化

NMN点滴療法による検証結果

日本国内のクリニックで、実際にNMN点滴をして得た治療の報告は以下の通りです。
●しみ、しわが薄くなり、肌がツルツルになった。
●ぐっすり寝ることができ、朝の目覚めも良くなった。
●身体の動きが良くなり、体力も戻った。
●集中力が高まり、仕事の効率もアップした。
●目のかすみが取れ、はっきり見えるようになった。
●手荒れが緩和され、ツヤツヤになった。

● 老化(エイジングケア)
● 神経疾患
● 糖尿病(減少したNAD+を補充して、血糖値を治療します)
● 眼機能
● アルツハイマー病(βアミロイド産生、アミロイド斑負荷、シナプス喪失等を減少)
● 脳内出血(老化による血管不全を治療します)
● 肥満とその合併症(筋肉や肝臓を治療することで緩和されます)
● 虚血再灌流障害(サーチュイン1(酵素)を活性化することで、虚血再灌流時の障害から心臓を保護します)

治療が期待できる疾病

治療方法

NMNが配合された製剤を左右どちらかの腕に点滴します。所要時間は15~60分です。
※血管痛などが生じる場合があります。
1回の点滴でも何らかの治療が期待できますが、持続させたり、老化予防、疲労回復等を目指す場合には1週間~4週間に1度の点滴を続けることをおすすめします。
また、治療の相乗効果が期待できるオゾン療法との組み合わせもご用意しています。

NMN点滴 1回 100mg

¥40,000+税

オゾン療法+NMN点滴 1回

¥55,000+税

100mlの血液を採取し、代謝と免疫系を活性化するためにオゾンを混ぜて体内に戻します。
血液とオゾンが反応すると、どす黒い血液が一瞬で鮮やかな赤に変色します。オゾンで活性化された血液をボトルから再び体内に戻すと、脳や目に酸素がいきわたり疲労が軽減されたり、冷え性の方などは身体がポカポカと温まるのを体感して頂けます。

オゾン療法の詳細はこちら

オゾン療法

本治療に用いる遺伝子は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものです。
院内調剤(一部外部委託)として適法に調剤しています。
日本では、未承認医薬品を医師の責任において使用することができます。
本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医薬品はありません。
主要な欧米各国で承認されている国はありませんが、ワシントン大学医学部を始めとして、臨床試験(二重盲検無作為化試験)が開始されています。
日本は、慶応大学医学部のグループが臨床試験を行い、ヒトに安全に投与可能であると結論付けています。
現時点では、重大な副作用の報告はありません。

李政秀医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック名古屋院
李 政秀院長が監修しました。 プロフィール