このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

MENU

ホーム >  症例集 >  鼻骨骨切り-010


鼻骨骨切り-010

大きく太い鼻を細くすっきりした鼻筋に整える手術です。
ハンプ(鼻筋中央のコブの部分)を削った後に鼻筋を細く整える目的で行うこともあります。

鼻骨骨切り幅寄せ

日本人の骨は弱いため、ノミで骨をカットする手法では予定していない部分まで折れたり、ひびが入ることがあります。
そのためヴェリテクリニックでは、超音波骨切り機を使用して正確に骨を切ります。
切った骨の断面の段差もなだらかにすることができます。

鼻骨骨切り幅寄せ

超音波機器なら正確に切れます。

鼻骨骨切り幅寄せ

ノミの場合ひびが入ることがあります。

鼻骨骨切り幅寄せ

鼻骨骨切り幅寄せ

1.オープン法で行うことにより、直接 骨を見ながら確実なラインで骨を切ることができます。ご希望によりクローズ法で行うことも可能ですがクローズ法はノミで切る手法になります。

鼻骨骨切り幅寄せ

2.機器の先端に超音波振動を与えて骨を切っていきます。骨だけを狙えるため、粘膜や血管の損傷がなく、出血をおさえながら迅速に骨切りを行えます。精密に切れるので後戻りや左右差を減らすことができます。

鼻骨骨切り幅寄せ

3.正確なラインで骨を切っていきます。

鼻骨骨切り幅寄せ

4.骨を真ん中に向けてずらした後、皮膚の上からギプスで固定します。

鼻骨骨切り幅寄せ

鼻骨骨切り幅寄せ

1.クローズ法で切開します。右のみでも可能ですが、両側を切開することもあります。

鼻骨骨切り幅寄せ

2.皮膚を3mm程切開し、鼻骨に鼻専用のノミで数ヶ所切れ込みを入れます。

鼻骨骨切り幅寄せ

3.骨を真ん中に向けてずらした後、皮膚の上からギプスで固定します。

福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール
担当医:大橋 菜都子

症例


症例番号:鼻骨骨切り-010

ご相談内容・ドクターのコメント

クローズ法で骨切りだけを行った症例です。
骨が細くなっただけですが、鼻全体的に小さくなったように見えませんか?
骨の太さが気になる場合には、骨切り幅寄せが必要です。
併せて行った施術・その他費用

鼻骨骨切り幅寄せ術
¥660,000

鼻骨骨切り幅寄せ術のトラブル一覧


A)感染

治療部位に「熱感」「赤みが出る」「強い痛み」「強い腫れ」といった状態が長引く場合は、感染が疑われます。

対応
内服薬の処方や抗生剤を投与します。
また、感染がひどいケースでは鼻の中を切開して膿を出す必要があります。


B)血が溜まる

術後に傷の中で出血が起こりますと、皮膚の下に血が溜まって紫色に腫れあがります。

対応
溜まった血を注射器で吸い出すか、もう一度傷を開けて排出します。


C)傷口が開く

稀に糸が外れたり、傷口の治りが悪く傷口が開いてしまうことがあります。

対応
もう一度傷を縫い合わせる処置を致します。


D)中縫いの糸が出てくる

中縫いの糸(皮膚の下の組織を縫い合わせる糸)が露出することがあります。放置していると化膿する危険がありますので、早めにご来院下さい。

対応
放置していると化膿する危険がありますので、早めにご来院下さい。糸を取り除く処置をさせて頂きます。


E)左右差

術後は、ギプスで固定して固めていますが、骨の位置を100%コントロールすることはできません。
そのため、左右の鼻の骨の位置がずれて、左右差が出る場合があります。

対応
明らかな左右差が出た場合、ふくらみが残っている側の鼻の骨を再度カットする、又は、凹んでいる側の鼻の骨の部分にプロテーゼや軟骨を移植し修正させて頂きます。
凹んでいる部分にヒアルロン酸を注入して修正をすることも可能です。ヒアルロン酸注入は調整がしやすいですが、効果は永久的なものではありません。定期的に繰り返す必要があります。
但し、修正手術を行っても完全に左右対称にならないことがあることをご了承下さい。


F)鼻閉感(鼻が通りにくい感じ)

鼻筋の幅を狭めることによって、鼻の中のスペースが狭くなります。術後早期の段階では、鼻の中の粘膜が腫れるため、鼻の通りが悪く感じることがあります。
術後3~6ヶ月程で、鼻の中の粘膜の腫れが引いて、通常は鼻の通りに問題は残りません。

対応
元々鼻の通りに問題があった方は、鼻の通りが悪く感じられることがあります。
腫れが引いても改善がみられない場合には、鼻の中のスペースを広げるために、狭めた鼻筋を戻します。但し、かわりに鼻筋が太くなることをご理解下さい。


G)骨切りした部分の段差

手術後に鼻を触ると、骨切りした部分の段差を触れることがあります。

対応
触った時に気になる段差については、外見上問題がなければ修正はお勧めしません。外見上でわかる段差については、手術後4ヶ月以上経過してから、段差を作っている鼻の骨の角を削る処置を行わせていただきます。


H)鼻筋が太すぎると感じる(効果が物足りない)

術後は腫れやむくみのため鼻筋や鼻先が太く見えてしまいます。術後3~6ヶ月は経過をみて下さい。
また、鼻の骨を動かせる範囲には限界があるため、効果が物足りないと感じる場合があります。

対応
効果が物足りないと感じた場合には、再度鼻の骨を切り直す処置をさせて頂きます。
また、プロテーゼを使った隆鼻を行うことで、より鼻筋を細くシャープに見せる効果があります。
鼻骨骨切り術を再度行いましても、鼻の骨を動かせる範囲には限界がありますので、改善がみられない場合があります。
隆鼻術を行いますと、プロテーゼによって鼻筋に高さが出てしまうことをご理解下さい。


I)鼻筋が細くなりすぎたと感じる

鼻筋がどれくらいの細さになるのか、正確にコントロールすることはできません。
そのため、術後の鼻筋がご希望より細くなってしまうことがあります。

対応
鼻筋が細くなりすぎたと感じた場合、鼻骨をカットして広げることで、ある程度戻すことは可能です。
また、細くなった鼻の骨の側面にプロテーゼ挿入や軟骨移植やヒアルロン酸注入を行って鼻筋を太くすることも可能です。

鼻骨骨切り幅寄せのよくある質問


ダウンタイムはどのくらいですか?
個人差ありますが1~2週間程度です。
目立つ腫れはむくみは1~2週間程度で時間の経過と共に落ち着いてきます。その間はお化粧でカバー頂けます。
最終的な仕上がりまでは約4~6か月です。
鼻骨骨切り幅寄せ手術は傷痕は出来ますか?
外見上の傷は出来ません。
基本的に鼻の中(クローズ法)の手術のため外見上傷は出来ません。
他の手術と併用で行う場合、オープン法で行う場合もありますが、正面から見えにくい部位となります。
鼻骨骨切り幅寄せの術後、骨がズレることはありますか?
術後、動くことやずれることはありません。
術後しっかりと固定を行います。
状態が落ち着き正しい位置に定着後は動くことやずれることはありません。
鼻骨骨切り幅寄せ術で骨を切らない方法はありますか?
幅自体のカバーとして隆鼻術やヒアルロン酸注入がございます。
骨自体を細くするには手術のみとなります。
骨を切る手術に抵抗があるようであれば、隆鼻術で鼻筋を高くすることにより幅自体をカバーする方法もございます。
隆鼻術にも抵抗があるということであれば、鼻のヒアルロン酸注入をおすすめ致します。
その方のご希望をお伺いし様々な方法をご提案させて頂きます。
鼻骨骨切り幅寄せ後、術後の注意事項はありますか?
術後1ヶ月間は刺激や衝撃には注意が必要です。
術後1ヶ月間程は切った骨が安定しておらず、強い外力が加わると変形することがあるため、その間は強い外力がかからないよう注意が必要です。
鼻をかむときも優しく抑える程度で、できるだけ刺激を与えないよう気をつけて頂いています。
ボールをぶつけたり、強く押されたり、うつ伏せの姿勢で強く鼻を圧迫するなど十分な注意が必要です。
手術は全身麻酔ですか?
はい。全身麻酔でのご手術となります。
手技が非常に細かく手術時間を要するため、患者様のご負担に配慮するために全身麻酔での手術となります。
術中の意識はないため痛みを伴うことはありません。