このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。


美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  症例集 >  咬筋切除-001


咬筋切除-001

詳細

咬筋縮小術とは、張り出したエラの筋肉を口の中から切除することで、正面から見たエラの張った顔を細くします。
切り取る方法と電流を流して咬筋を萎縮させる方法があります。

このような方に向いています

・エラが張っている方
・小顔になりたい方
・フェイスラインを整えたい方
・エラの筋肉が発達している方


術式

咬筋を小さくするには咬筋切除と咬筋萎縮があります。

咬筋縮小

咬筋切除は奥歯付近の口の粘膜を切開し、発達したエラの筋肉を切除します。

咬筋萎縮(TCR)

咬筋委縮(TCR)は奥歯付近の口の中の粘膜を数ミリ切開し細い金属の棒を筋肉の中に刺し込み電流を流して、張り出している咬筋を萎縮します。
福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール
担当医:藤本 雅史


症例番号:咬筋切除-001

併せて行った施術・その他費用

咬筋切除
¥600,000+税
全身麻酔
¥100,000+税

咬筋萎縮(TCR)のトラブル一覧


A) 感染(化膿すること)

手術後、熱感・痛み・腫れが増す、あるいは長引く場合は感染が疑われます。

対応
感染が起きた場合は、内服薬服用や抗生剤投与、洗浄をします。また、感染がひどいケースでは口腔内やエラの皮膚を切開して膿を出す必要があります。


B) 血が溜まる

術後に傷の中で出血して血が溜まるとエラや首や頬が紫色に腫れ上がります。血が溜まったままにすると化膿したりしこりを作ったりするので早目の処置が必要です。

対応
口腔内を切開し、溜まった血を排出する処置をします。


C) たるみ・皮膚の余り

小さくなった咬筋に合わせて皮膚は縮まっていきます。皮膚がたれるようなことは稀ですが、張り出した咬筋がなくなることで、たるみのあるような輪郭に見えることがあります。

対応
輪郭をすっきりした印象にするには頬部フェイスリフト、頬部・頸部フェイスリフト、シルエットリフトの手術になります。


D) エラが小さくなりすぎたと感じる

エラが思ったより小さくなりすぎてしまったと感じる場合があります。TCR によって咬筋がどの程度小さくなるのかは結果が出るまでわかりません。思ったより筋肉が小さくなることがあります。

対応
エラが思ったより小さくなりすぎてしまったと感じる場合は、小さくなりすぎたエラの部分にヒアルロン酸や脂肪注入、エラプロテーゼ挿入などの方法を用いて調整します。


E) エラの縮小効果が足りないと感じる

エラの縮小効果が足りないと感じることがあります。施術後、半年はむくみのため縮小効果が実感できないことがあります。TCR によって咬筋がどの程度小さくなるのかは結果が出るまでわかりません。思ったより筋肉の委縮が少ないことがあります。

対応
① エラの縮小効果が足りないと感じる場合は、再手術(TCR)をします。但し、TCRで縮小できる筋肉の量には限界があります。
その他の方法として、残った筋肉に対してボトックス注射、あるいは筋肉を直接切除する咬筋切除術となります。

② 切除できる咬筋が残っていない場合は、エラ削りの手術を追加することでさらに縮小されます。


F) 左右差

TCR によって咬筋がどの程度小さくなるのかは結果が出るまでわかりません。手術後、左右差が出る場合があります。

対応
明らかな左右差が出た場合は、大きく残っている方に対して再度TCRを行う、又はボトックス注射、あるいは咬筋切除をして修正します。
但し、完全に左右対称にならないことがあることを御了承下さい。


G) 口を大きく開けられない

手術後、咬筋の痛みやひきつれのために開口が困難になります。開口訓練を行わないと開口障害になる可能性があります。

対応
開口訓練を行わないと開口障害になる可能性がありますので指導に従って自宅でも開口訓練を行ってください。


H) 口唇の火傷、すり傷、色素沈着

手術中、口を大きく開ける器具を使用するため、口唇の火傷、すり傷、色素沈着が起こることがあります。

対応
ほとんどの場合、自然に治まります。
色素を薄くするハイドロキノンクリームや肌のターンオーバーを早め、新たな皮膚を再生させるトレチノイン+ハイドロキノンクリームを必要に応じて処方致します。


I) 顔面神経麻痺

TCR では筋肉の中に流れた電流が筋肉を焼いて萎縮させます。その時発生した熱や電流が、咬筋の隣にある顔面神経に作用して、神経を麻痺させる可能性があります。そのため、顔の表情筋に麻痺が起きる可能性があります。

対応
通常1~3 ヶ月程で治まりますが、完全に麻痺が回復しないこともあります。




咬筋縮小術のトラブル一覧


A) 感染(化膿すること)

手術後、熱感・痛み・腫れが増す、あるいは長引く場合は感染が疑われます。

対応
感染が起きた場合は、内服薬服用や抗生剤の投与、洗浄をします。
また、感染がひどいケースでは口腔内やエラの皮膚を切開して膿を出す必要があります。


B) 血が溜まる

術後に傷の中で出血して血が溜まるとエラや首や頬が紫色に腫れ上がります。血が溜まったままにすると化膿したりしこりを作ったりするので早目の処置が必要です。

対応
口腔内を切開し、溜まった血を排出する処置をします。


C) 術中の出血

術中にアゴの太い血管が傷ついて大量の出血が起こる可能性があります。出血が多くて貧血がひどい時には、大変まれなケースですが輸血が必要になることがあります。
出血が止まらない時は、やむなくアゴの下の皮膚を切開して止血しなければならない場合があります。

対応
出血が止まらない時は、やむなくアゴの下の皮膚を切開して止血しなければなりません。その場合、アゴの下に傷跡が残ることを御了承下さい。


D) たるみ・皮膚の余り

小さくなった咬筋に合わせて皮膚は縮まっていきます。皮膚がたれるようなことは稀『まれ』ですが、張り出した咬筋がなくなることで、たるみのあるような輪郭に見えることがあります。

対応
輪郭をすっきりした印象にするには頬部フェイスリフト、頬部・頚部フェイスリフト、シルエットリフトの手術になります。


E) 口のゆがみ

手術操作の際に下アゴに沿って走る顔面神経の近くを触る必要がある為、表情筋の動きが鈍くなり口のゆがみが出現することがあります。

対応
個人差はありますが、ほとんどの場合1~6 ヶ月かけて治まりますが、ゆがみが目立つ場合は、ボトックス注射で対応します。
まれに完全に元通りには戻らないこともあります。


F) エラが小さくなりすぎたと感じる

術中の腫れのため、切除した後の筋肉の大きさを正確に判断することはできません。術後は残された筋肉がさらに萎縮して小さくなります。そのため、思ったより筋肉が小さくなってしまうことがあります。また、筋肉の一部分だけがうすくなって凹みができることがあります。

対応
エラが思ったより小さくなりすぎたと感じる場合は、小さくなりすぎたエラの部分にヒアルロン酸や脂肪注入、エラプロテーゼ挿入などの方法を用いて調整します。


G) エラの縮小効果が足りないと感じる

筋肉を切り取った量が少ないと、エラの縮小効果は小さくなります。また、筋肉を十分切り取ってもご希望通りの小顔効果が得られないことがあります。

対応
① エラの縮小効果が足りないと感じることがあります。その場合は、咬筋がどれだけ残っているか、CTを撮って確認し、残った筋肉に対してボトックス注射、あるいは追加切除をします。
しかし、咬筋を切除できる範囲には限界がありますし、筋肉をたくさん切り取ると凹みができることがありますことを御理解下さい。
② 十分に咬筋を切除してある場合は、エラ削りのご手術を追加することでさらに縮小されます。


H) 左右差

筋肉を切り取る量や、術後に起こる筋肉の萎縮する程度を術中に正確に判断することはできません。
そのため、手術後、左右差が出る場合があります。元々エラの大きさに左右差がある場合には左右差が残りやすくなります。

対応
明らかな左右差が出た場合は、大きく残っている方に対してボトックス注射、あるいは追加切除をして修正します。
但し、修正処理を行っても完全には左右差が残ることを御了承ください。


I) 口を大きく開けられない

手術後、咬筋の痛みやひきつれのために開口が困難になります。数週間口を開かないでいますと顎の関節が硬くなってしまいます。開口訓練を行わないと開口障害になる可能性があります。

対応
開口訓練を行わないと開口障害になる可能性がありますので、指導に従って自宅でも開口訓練を行ってください。


J) 口唇の火傷、すり傷、色素沈着

手術中、口を大きく開ける器具を使用する為、口唇の火傷、すり傷、色素沈着が起こることがあります。

対応
ほとんどの場合、自然に治まります。色素を薄くするハイドロキノンクリームや肌のターンオーバーを早め、新たな皮膚を再生するトレチノイン+ハイドロキノンクリーム必要に処方致します。

咬筋縮小・咬筋萎縮のよくある質問


上下顎手術のダウンタイムはどのくらいですか?
2週間程度で落ち着いてきます。
術後の腫れは個人差がありますが、2週間程度で落ち着いてきます。時間の経過とともに落ち着きます。
上下顎の手術は傷は出来ますか?
外見上の傷は出来ません。
口の中からの手術のため、外見上に傷がつくことはありません。口の中は傷の治りが早い箇所になります。
咬筋切除後、元に戻ったりしましせんか?
戻ることはありません。
直接エラの筋肉を切除するため、再度発達したりすることはございません。
咬筋切除後は、すぐに普通の生活に戻れますか?
2週間程のダウンタイムは必要です。
手術直後には強い腫れや知覚鈍麻などが生じる場合があります。
話し辛さや食事のしにくさを感じることがありますが、2週間以降違和感は軽減していきます。
1ヶ月程で通常と変わらない自然な生活が送れるようになっていきます。
咬筋切除後、皮膚はたるみますか?
手術後、皮膚も縮まってきます。
咬筋が小さくなると同時に皮膚は縮まっていきます。
皮膚がたれるようなことはまれですが、張り出した咬筋がなくなることで、たるみが出ることがあります。
患者様の年齢や皮膚の状態により個人差はありますが、気になる場合にはリフトアップや引き締める施術をおすすめさせて頂きます。
骨切りの手術後、後遺症はありますか?
時間の経過とともに緩和します。
手術直後には一時的に腫れや知覚鈍麻などが生じることがありますが、ほとんどの方は3~6ヶ月で消失していきます。
腫れや知覚麻痺がある間は、話し辛さや食事の飲み込みにくさなどを感じることもありますが、時間の経過と共に徐々に緩和していきます。
手術は全身麻酔ですか?
はい。全身麻酔でのご手術となります。
手技が非常に細かく手術時間を要するため、患者様のご負担に配慮するために全身麻酔での手術となります。
術中の意識はないため痛みを伴うことはありません。
line@友だち追加
Twitter