このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

  • 元の印象を崩さずにコンプレックス解消 – 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック


    English
     中文  ご予約・お問い合わせはこちら

元の印象を崩さずにコンプレックス解消 – 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

元の印象を崩さずにコンプレックス解消

ビフォーアフター

担当医:藤本雅史  
before_after 症例番号:エラ削-013

ご相談

エラが張っているのが気になるとのことでご相談に来られました。 ご本人の希望が輪郭をシャープにというよりは削りすぎない程度にとの希望でしたので、元々の印象をあまり変えないようにエラ削り術を行いました。

藤本医師による解説

エラをなくしましたが、輪郭のスムースさは保たれままで、余分な部分だけがなくなったと思います。
ご本人様からも「自信が持てるようになりました」と言って頂き、ほっとしています。
正面からの幅はあえて変えていません。
外板もあまり削らないようにして、もともとの印象を変えないようにしています。
というのも、ご本人からもそんなにめちゃめちゃすっきりしたいというわけではなく、削り過ぎずという要望を頂きましたので、外板を削り過ぎるとシャープさが出て少し印象が変わってしまうと考えたためです。
触診でも段差は触れませんし、見た目もラインは自然です。
斜めの印象が最も変わったのではないでしょうか。
下方向のエラのハリがなくなったことで印象が柔らかくなります。
この患者様のように、男性は輪郭をシャープにというよりは、エラが張っていて気になるといった、ピンポイントの訴えが多い傾向にあります。
そのような場合は、元の印象を崩さずにコンプレックスを取るだけの細かい調整も可能です。
骨は削り過ぎると元には戻せませんし、余計なひずみを生むこともあります。
顔写真、ご希望、骨モデル、すべてを総合的に判断して骨の切除量を決めています。
男性の方も大歓迎ですので、ぜひお悩みをご相談下さい。

患者様のコメント

顔の形がコンプレックスで気になっていて、インターネットで調べたらヴェリテクリニックは評判も良く、先生とお会いして「ここが良い」と感じたので決めました。
モニター制度も決め手のひとつでした。
術後2日間は痛みがありましたが、それ以降はだんだんと腫れも引いてきて、自分に自信を持つことができています。
藤本先生は優しく接してくださって感謝しています。スタッフの方々も丁寧で気分が良いです。ありがとうございました。

主な施術内容

line@友だち追加