初めての方銀座院 0120-883-250
診察券をお持ちの方銀座院 03-6887-8210
メールでのお問い合わせ
初めての方名古屋院 0120-451-170
診察券をお持ちの方名古屋院 052-581-2224
メールでのお問い合わせ
初めての方大阪院 0120-121-051
診察券をお持ちの方大阪院 06-6347-1031
メールでのお問い合わせ

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

Pickupコンテンツ - 八杉悠

八杉悠先生の記事一覧はこちら

おでこを出す治療 その5

額形成術のお話

第5回目でようやく額形成術のお話となります。
額形成術はこんな方におすすめです(額形成術全般)
・おでこをしっかり出したい。
・鼻筋をしっかり高くしたいけど、おでこが平坦。
・吸収されず追加治療が不要な治療がよい。
・万一の時には元に戻せる治療がよい。
・全身麻酔での手術とダウンタイム(1~2週間)が許容できる。


ヒアルロン酸や脂肪注入との違いは
・固体(シリコンや骨セメント)を使用するため、作れる形の自由度が増す。
・術前にたっぷり時間を使って、挿入物の形を計画/作成できる。
・吸収されない。
という点です。

ヴェリテクリニックでは、額形成術という手術の中に3つの選択肢を設けています。
1.既製品のシリコンプロテーゼ
2.オーダーメイドのシリコンプロテーゼ
3.オーダーメイドの骨セメント

全てのプロテーゼについて言えることですが、プロテーゼの輪郭が浮き出さず自然な仕上がりになるには

①プロテーゼの裏面(骨に接する部分)のカーブが骨のカーブと一致していること。

②プロテーゼのエッジ(ふち)がペラペラに薄く、プロテーゼの表面のカーブと骨のカーブが滑らかに連続していること。

③プロテーゼが計画通りの位置に正確に挿入されていること。

が必須条件となります。
③は術中操作によって決まりますが、①、②は術前の準備で全てが決まります。

そのためヴェリテクリニックで額形成術を受けられる方は全員、頭~顔面のCTを撮っていただき患者様ご本人の頭蓋骨模型を作成します。ここからプロテーゼの準備が始まります。

プロテーゼのタイプごとの各論は、また記事を改めてお話させていただきます。

line@友だち追加
1