初めての方銀座院 0120-883-250
診察券をお持ちの方銀座院 03-6887-8210
メールでのお問い合わせ
初めての方名古屋院 0120-451-170
診察券をお持ちの方名古屋院 052-581-2224
メールでのお問い合わせ
初めての方大阪院 0120-121-051
診察券をお持ちの方大阪院 06-6347-1031
メールでのお問い合わせ

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

Pickupコンテンツ - 八杉悠

八杉悠先生の記事一覧はこちら

おでこを出す治療 その3

~おでこと鼻の関係~

おでこを出す治療のお話の続きです。

おでこをしっかり作るなら、やはり ③額形成術 です。

が、

額形成術についてお話する前に、知っておいていただきたいことがあります。

「鼻筋をしっかり高くしたいけどおでこが平坦」という方には、それなりのおでこが必要だということです。おでこが平坦なまま鼻筋をどんどん高くすると、「アバター」や「ウルトラマン」のような顔になってしまうからです。

以前の記事 でも少しお話しましたが、おでこ → 眉間 → 鼻 → 上口唇 → 下口唇 → 顎 という一連のカーブが整っていることは、美しい横顔を形成する上で踏み外せないポイントです。

このカーブのうち、おでこから鼻にかけての自然な輪郭は、

山 → 谷 → 山 となっています。

つまり、「おでこ・眉間」という山と、「鼻」という山の間に、「ナジオン」という谷があります。ナジオンは「お鼻がここから始まるよー」という点です(注1)。ナジオンが瞳孔~上まぶたの睫毛の高さにあり、この谷がなだらかな凹カーブを描いているとバランスが良いと言われています。


注1:「ナジオン」という言葉は、本当は骨学の用語なのですが、このブログでは「体表のカーブのボトム(=鼻の開始点)」という意味で使っています。この点を表現するよい言葉が他にないのです。

ナジオンの谷がなくなるぐらいに鼻根部が高いと「アバター」になるわけです。逆に、谷が深すぎると「原始人」っぽい顔になります。

ナジオンが睫毛より上なら「長い鼻」、ナジオンが瞳孔より下なら「短い鼻」になっていきます(注2)。

注2: 鼻の長さは、「ナジオン」から「鼻筋と鼻先の境界点」までの距離で決まります。李先生の匠の技がとても参考になりますのでぜひご参照ください。

ナジオンが生まれつき瞳孔より下にある方はたくさんいらっしゃいますので、物足りなさはあっても違和感を覚えることはないと思います。

逆に、ナジオンが生まれつき睫毛よりも上にあるという方はそうお目にかかりません。多くの場合、違和感を覚えることになります。

もちろんこれは一般論ですし、どっちがいいと感じるかは人それぞれです。

逆に、ナジオンが眉毛ぐらいの高い位置にあっても圧倒的な横顔美を誇る方もいます。




生田斗真さんは、ナジオンの位置が高くてもバランスが保たれて美しいのは、圧倒的なおでこパワーのなせる業ですね。

このように、「おでこ」と「鼻」は切っても切れない関係なのです。

鼻筋を高くしたいとご希望される方は、どのくらい高くしたいのか、鼻筋に対しておでこがどの程度あるのか、を必ず見極めていただきたいと思います。

よい結果を得るためには、術前のプランニングが重要です。

そうは言っても、実際には治療後のご自身のお顔のイメージなんてできるものではありません。整形シミュレーションソフトも多少の参考にはなりますが、これはあくまでも二次元のイメージです。実際には三次元の変化が起こります。目の彫りをどれぐらい深くしたらよいのか、膨らましたおでこが自分に似合うのかといったことを判断することは不可能です。

ではどうやって治療後のイメージをつかみ治療プランを立てるか。

これについては、また改めて記事を書きたいと思います。

line@友だち追加
1