初めての方銀座院 0120-883-250
診察券をお持ちの方銀座院 03-6887-8210
メールでのお問い合わせ
初めての方名古屋院 0120-451-170
診察券をお持ちの方名古屋院 052-581-2224
メールでのお問い合わせ
初めての方大阪院 0120-121-051
診察券をお持ちの方大阪院 06-6347-1031
メールでのお問い合わせ

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

Pickupコンテンツ - 大橋菜都子

大橋菜都子先生の記事一覧はこちら

フラクセルレーザーって知ってますか?

フラクセルレーザーとは?

ECO2

こちらはECO2(エコツー)というフラクセルCO2レーザーです。

「フラクセル?」

「CO2??」

ご存知でしょうか?

フラクセルレーザーというのは、かなり小さいドットで照射するレーザーのことです。どれくらい小さいかといいますと1cm四方に100点とかもできます。

それがなぜいいのかと言いますと、擦り傷などの怪我をした時のことを思い出してみてください。怪我が治ってくると、その部分の皮膚がピンク色になっていて、なんだか艶のある感じになっていませんでしたか?

それは皮膚にダメージが加わると、傷を治そうとしていろいろな細胞が集まったりして再生されるんですが、その時に線維芽細胞(せんいがさいぼう)というコラーゲンに関係する細胞も出てきて、お肌にハリが生まれるんです。

ということは?

顔全部、擦り傷みたいにしてしまえば、全体にハリがでるってこと?



正解です!!

実際、顔全体をレーザーで浅く焼いたり、ピーリングを深く効かせてみたり・・・、そういった治療が行われていました。もちろん、お肌にはハリや艶が出てくるのですが、これには大きな欠点が!

傷が治るのに、とっても時間がかかりすぎてしまうのです。その間、ずっとお化粧もできないのです。それでは困りますよね?

ということで、考え出されたのがフラクセルなのです

小さい傷をいっぱい作ると、一つ一つの治りは早いので、お化粧できるようになるのも早くなります。

ECO2の場合ですと、施術の次の日からメイク可能になります。

どのように皮膚が再生されるかといいますと

[ECO2の仕組み]
ECO2

光1つ0.12ミリというかなり細かいレーザー(マイクロレーザービーム)が、表皮(一番上の波線になってる薄茶色のところ)から、真皮(真中の薄い黄色の部分)まで深く浸透します。

レーザーでできる穴の周りには熱が加わります。その熱によって、周りの皮膚は収縮します。傷が治ってくる過程ででも皮膚が収縮したり、コラーゲンが作られます。

1回レーザーをあてることで、お肌全体の20%程度が入れ替わります。繰り返しの照射が必要にはなりますが、少しずつお肌を入れ替えることができるレーザーなんです。

エコツーを肌にあてると、どんな変化がおこるのか? 病理組織といって、肌の組織を顕微鏡でみてみると・・・・

[ECO2照射直後]
ECO2照射直後

レーザーが真皮深くまで達していて、真皮に熱凝固という反応おこります。

[ECO2照射2日後]
ECO2照射2日後

【黒矢印】傷が治ってくる=新しい表皮が出来上がっています。

【黄矢印】繊維芽細胞という、大切な細胞の再構築が始まっています。

[ECO2照射14日後]
ECO2照射14日後

表皮の部分に盛り上がったところがなくなり、きれいに再生されてきます。

そして、壊された古いコラーゲンから、新たな細胞が元気になってコラーゲンが作られ始め、お肌の引き締まり感となっていきます。

ECO2は照射するモード設定によって、表皮から真皮まで以下のような効果があります。

表皮への効果
  • 肌の色むら改善、ニキビ肌の治療
  • 従来のピーリング以上の効果
  • 美白、ホワイトニング効果
真皮への効果
  • ニキビ跡・しわの治療
  • 顔のタイトニング、首の引締め
  • コラーゲン再生、真皮の再構築
[ニキビモード]
ECO2ニキビモード

ニキビ跡では深いところまで反応がおこるように。

[肌質改善モード]
ECO2肌質改善モード

肌質改善では浅いところにしっかりと。

レーザーのモードやあてる力(レーザーの出力)を調整することで気になるところを改善できます。

ECO2のおすすめポイントは・・・

多くのレーザーは欧米で作られるものが多いのですが、ECO2は日本の先生も作成段階わかばからかかわられていて、アジア人の肌質を考えて作られているのです。

何が違うかというと、欧米の方、いわゆる白人の方は傷がきれいに治りやすいという、うらやましい特徴があるのです!

黄色人種の私たちは、怪我などをした後、なんだか黒ずみますよね。それは、炎症後色素沈着といって、シミみたいになってしまいやすいのです。そういったことをできるだけ少なくするように、設計されているレーザーなのです

それでも、もちろん、ニキビモードのように効果をしっかり出したい場合には、やはり強くあてる必要があるので赤みが強かったり、あてた直後に血が出たり、炎症が強く起こると色素沈着が起こってしまったりといった可能性はあります。

なので、レーザーをあてる際には

  • 何を改善したいか。
  • どれくらいのダウンタイムが許容できるか。

しっかりご相談くださいね。

弱くても、繰り返しあてると、お肌全体が明るくなって艶やハリが出て、ベビースキンが手に入ります!

1