初めての方銀座院 0120-883-250
診察券をお持ちの方銀座院 03-6887-8210
メールでのお問い合わせ
初めての方名古屋院 0120-451-170
診察券をお持ちの方名古屋院 052-581-2224
メールでのお問い合わせ
初めての方大阪院 0120-121-051
診察券をお持ちの方大阪院 06-6347-1031
メールでのお問い合わせ

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

Pickupコンテンツ - 室孝明

室孝明先生の記事一覧はこちら

鼻下が長い方へ~口は目ほどに物をいう~

エイジングケアといえば、シミやしわ、たるみなどが治療の中心で、意外に知られていないのが口元のエイジングケアです。

人と話すとき、みなさんはどこを見ているでしょうか??

目と口元を頻繁に往復しているはずです(それ以外の場所、たとえば鼻とおでこなどを見られていると、???何かついてる?とか思ってしまいますよね)。

なので、若さを取り戻すとても効果的なパーツは『目』『口元』なのです。



・唇にハリを出したい→口唇ヒアルロン酸

・口角を上げたい→口角挙上術、口唇ヒアルロン酸

・唇のボリュームを出したい→口唇拡大術、口唇ヒアルロン酸

・唇まわりの縦しわを無くしたい→口唇ヒアルロン酸、口輪筋ボツリヌス菌

いずれも口周りの問題はヒアルロン酸で結構なんとかなってしまいます。

ですが、ヒアルロン酸などの治療ではどうにもならないのが


〝鼻の下が長くなってきた〟という悩みです。


もちろん元々長い方も対象ですが。

唇にヒアルロン酸を入れて唇全体も持ち上げたいと考える患者さんも結構います。

ですが、持ち上げる力はヒアルロン酸を含む注入剤にはありません。

不可能といえます。

鼻下から上口唇までの距離と下口唇から顎先までの距離の比は〝1;2〟くらいがちょうどよいと教科書には書いてあります。

これも正しい場合が多いですが、私はこれのほかにもうひとつ比率を考えて手術しています。

鼻の長さ(正確にはナジオン(鼻根部のもっとも凹んでいるところ)~鼻柱基部(鼻の最下点))と上口唇の最上点~顎先までの距離が同じ程度になるようなデザインがよい結果につながります。

鼻がとても短い場合は、鼻の手術をしないとこの比率にならないこともあります。

一般的に加齢に伴い鼻下が長くなると、鼻は長くないのに鼻が間延びして見えて、しまりのない老けた印象になってしまうのです。

傷痕が目立つという理由から、美容外科医のなかでもこの手術の賛否はわかれます。

ですが綿密にデザインし、傷痕を目立たなくする工夫を凝らすことで、相当目立たない傷痕(化粧していなくても至近距離で凝視しないとわからないレベル)にできます。

ややマニアックな手術ですが、若さを取り戻す効果のほか、小顔効果もあるため、適応とデザインをしっかり見極めればとってもいい手術です。

何事もバランス、バランス・・・・

line@友だち追加
1