初めての方銀座院 0120-883-250
診察券をお持ちの方銀座院 03-6887-8210
メールでのお問い合わせ
初めての方名古屋院 0120-451-170
診察券をお持ちの方名古屋院 052-581-2224
メールでのお問い合わせ
初めての方大阪院 0120-121-051
診察券をお持ちの方大阪院 06-6347-1031
メールでのお問い合わせ

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

Pickupコンテンツ - 三苫葉子

三苫葉子先生の記事一覧はこちら

全切開法半年

修正術

本日は、全切開法のご紹介です。

患者さんはとにかく二重の幅を広くしたい、と他院で埋没をされて一月以上経っていますが、むしろ糸を瞼の上の方にかけすぎ、目が開きにくい状態になっており、むくみもまだ取れていません。

二重をつけるだけでしたら小切開等、埋没の延長上の切開法で十分なのですが、上瞼のまつげの際から7~8ミリ以上のところにむりやり埋没等(切開でも同様ですが)で二重を作るとこのように眼瞼下垂を作ることがあります。その場合には、切開線はまつげの際から7ミリ前後におき、それ以上に余分な皮膚は切除していく全切開法が選択されます。

一番上が術前。目が開いていません。二番目が術後半年、三番目が術後半年閉眼時です。また、四枚目が目を見開いてもらったときの写真で、術前にはこれ以上開かなかった目が開くようになりました。

埋没で一時的に下垂になった場合には、適切に全切開をおこなうと治りますが、切開法で同様のことが起きている場合には、眼瞼下垂修正の施術も必要となることが多いです。

ちなみにいずれも目元はお化粧をおとしていただいています。

line@友だち追加
1