このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

  • 目頭切開の修正(逆z法) – 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック


    English
     中文  ご予約・お問い合わせはこちら

目頭切開の修正(逆z法) – 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

Pickupコンテンツ - 三苫葉子

三苫葉子先生の記事一覧はこちら

目頭切開の修正(逆z法)

目頭切開の修正のご紹介

二重をはじめ、目のご相談は多いのですが、この目頭切開の修正というのは結構症例も多く、また、非常に厄介です。

VY法を方向をかえて蒙古飛騨を再建したり、z法という皮膚を入れ替えていく方法を駆使して、なるべく患者さんの希望に沿うよう努力をしていきますが、もともと蒙古飛騨を切り取られている、傷があるということで、修正は非常に難しいです。

修正前に比べると優しい感じになったし、よくなった、とはほとんどの患者さんにいっていただけるのですが、「元にはもどりませんよ」、という私からの術前の厳しいお話を頭ではわかっていただきながらも、納得していただけない方も多く、いろいろな意味で非常に難しい施術です。

本日の方も、一見して、「これは非常にむずかしいなあ、、、」ため息をついてしまいました。目頭側の傷は消すことはできないのですが、なるべく隠してあげたいし、その上で蒙古ひだを再建していかなければいけません。傷は大きくなるものの、Z法を組み合わせて(逆z法といわれることが多いようです)、目頭の傷を隠すと同時に、蒙古飛騨を再建しました。

下は術直後の写真ですが、まだ腫れが出ていないので、比較的仕上がりに近いです。ただ、あとは祈るのみで、どうかよくなっていただいて、かつ患者様にも納得していただけますように。。。



line@友だち追加
1