このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。


美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

Pickupコンテンツ - 福田慶三

福田慶三先生の記事一覧はこちら

蒙古襞形成

美容外科で目頭切開の術後、 思っていたイメージとぜんぜん違ってしまった。
平行型の二重にあこがれて蒙古襞を無くしたけど今になって末広型の二重に戻したい。
このような場合、蒙古襞形成をすることで癒し系の目元に戻すことができます。


1-1 症例写真で見る VY法術後過経

VY法

左右の目頭の間の距離をぴったり何ミリに戻したい、という場合には一番精度の高い方法です。

VY法で再建された蒙古ヒダは下眼瞼の皮膚に被さるような立体感がなく、平面的なのが特徴です。

この方法では下眼瞼の皮膚が上方に引き上げられ、目頭の先端は丸い形になります。

2-1 症例写真で見る 逆Z法術後過経 症例 1

逆Z法 症例 2

逆Z法

逆Z法で作成した蒙古ヒダは下まぶたの皮膚にオーバーラップして立体感があります。

下まぶたの皮膚が引き上げられることもありません。目頭は丸くならず、内側下の先端が角になります。

逆Z法では目頭の間の距離を何ミリ戻すことができるのか、手術前に予測することはできません。目頭が何ミリ隠れるのかは手術をやってみないとわかりません。

ヴェリテクリニックで逆Z法を行った患者さんの目頭を調べたところ、横幅で平均1.2ミリ戻っていました。最大で3ミリ戻った例もありました。

1ミリ程度しか戻らないので効果がないと思われるかもしれませんが、目頭が1ミリ変化するとずいぶん目元の印象が変わります。

line@友だち追加
Twitter
1