初めての方銀座院 0120-883-250
診察券をお持ちの方銀座院 03-6887-8210
メールでのお問い合わせ
初めての方名古屋院 0120-451-170
診察券をお持ちの方名古屋院 052-581-2224
メールでのお問い合わせ
初めての方大阪院 0120-121-051
診察券をお持ちの方大阪院 06-6347-1031
メールでのお問い合わせ

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

Pickupコンテンツ - 藤本雅史

藤本雅史先生の記事一覧はこちら

鼻のオーダープロテーゼについて

3Dプリンターで骨格モデルを作成

今回は、鼻のプロテーゼについて当院で行なっていることを紹介したいと思います。

ホームページにもございますように、市販のシリコンプロテーゼはフィットが完全ではありませんから、ずれたりしやすいという難点があります。

その難点を解決するために、当院では骨格に合わせたプロテーゼを作成しています。

CTを撮影して、そのデータから3Dプリンターで、骨格モデルを作成します。

鼻筋をどれだけ高くしようか、鼻先はどうしようか、鷲鼻にするのか、ストレートにするのか、それにはプロテーゼは何ミリくらいどこから必要かなどを綿密に計画した上で、ゴアテックスや、オーダーシリコンの元になる型を時間をかけて作成しています。

もちろん手術中に実際入れた感じや、延長や軟骨移植をした後の鼻先に合っているかによっては、手術中に多少の修正を入れたりはしています。

鼻だけではなく、額形成や、鼻翼基部プロテーゼ、顎プロテーゼ、骨切りなどのシミュレーションにもモデルは活用しております。

多少の費用はかかりますが、手術の精度や結果に大きく反映しますので、かなりの患者様に作成をお願いしています。

ですので、クリニックには頭蓋骨がたくさんあります。

プロテーゼがずれたくない、浮いたように見えたくない、思い通りの形にしたい、など皆様が希望するところを追求しながら手術を行なっています。

line@友だち追加
1