このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

MENU

埋没法

大阪院 大橋 院長 プロフィールはこちら

テープで目がかぶれるなら、埋没しましょう

メザイクやアイプチなどで二重を作ってる方、たくさんいらっしゃいますよね。

中には、テープでうまくいかないときは二重を作るのに2時間くらいかかるとか、朝そのために早起きしてるとか、朝時間がないから、夜にテープして寝るなんて方も。

ずっとテープ貼ってると・・・かぶれて肌がガサガサになってる場合も。

アイプチだから、プールや温泉にいけないなんて方も。

そんな方は、埋没法で二重を作っちゃいましょう。

このモニターさんの埋没前の目元は皮膚がちょっと厚いタイプなので、テープで二重を作られているそうですが、なかなかうまくできないとのこと。

この方は、そんなにかぶれたりはしていませんね。


平行型にしたいということで、埋没法4点を行いました。

次のは埋没法の直後の写真です。

ちょっと麻酔の注射の影響で少し浮腫んでいるのと、ちょっと目が開きにくい感じですね。

目を閉じたら、こんな感じ。

4か所の凹んだ感じがありますよ!

ちょっと右目は血の跡が拭き取れてませんね…すみません…


次の写真は1週間後のスッピンです。

目頭の方は、もともと蒙古ヒダのある方なので、平行型にすると、末広型のラインが少し残ってしまうんですよね。

「蒙古ヒダがある方は、平行型にできないって言われました」とおっしゃられることがあるのですが、できなくはないですよ!

ただ、ある程度広い二重でないと平行型にならないということと、内側に目頭から続くラインが余分にできてしまうということは、覚えておいてくださいね。

目を閉じると、ちょっとまだばれちゃうかな。


ですが、メイクをすると目を閉じてもわかりにくくなります(次の写真)

これで1週間目です。

このモニターさんは、ほとんど腫れなかったということで、直後の状態がピークの腫れだったようです。

テープでかぶれるよりも、プールや温泉に入れる埋没法の二重がお勧めですよ!