このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ヴェリテ修正術 輪郭 1.他院で頬削りを受けたけど

他院での頬骨削り: 他院で頬骨削りをしたけれど

頬骨の前方だけが削られたため、確かに高かった頬骨は小さくなりましたが、頬の肉が下がって頬のハイライトがぼけてしまいました。

他院で頬骨削りをしたけれど

子供っぽく、メリハリのない丸顔が嫌で、以前に他院にて頬骨削りを受けました。
頬骨の前方だけが削られたため、確かに高かった頬骨は小さくなりましたが、頬の肉が下がって頬のハイライトがぼけてしまいました。
しかも、気になっていた丸くて幅の広い顔の輪郭は全然変わっていません。

ヴェリテ頬骨整形術にる頬骨弓内側移動

以前から気になっていた顔の横幅が小さくなりました。
同時に頬骨を上方にスライドさせることによって頬のタルミを引き上げながら、頬のハイライトを強くすることができました。

ヴェリテ頬骨整形術

頬のラインは美しい輪郭を形成する上でとても重要です。小顔にするのに頬骨(きょうこつ)の整形は欠かせません。
頬骨は下顎の先端と顔面の最外側点をむすぶ三角形の頂点となるためハイライトとして強調されやすく、頬骨が正常より大きいと顔が横方向に大きく見えて輪郭を損なう要因になります。
頬骨は複雑な形をしていますが整形が必要なのは頬骨弓(きょうこつきゅう)と呼ばれている部分です。
頬骨弓は非常に薄く従来の頬骨削りでは薄い骨をさらに薄くしているだけでほとんど形が変わらないばかりか、削りすぎると骨が欠損し凸凹になるため、小顔になるどころか顔面が変形してしまう可能性がありました。


【頬骨弓(きょうこつきゅう)を削る方法】

【薄い頬骨弓を削っても、顔の幅は細くなりません。】

ヴェリテ頬整形術は頬骨の形を根本的に考え頬骨弓の本来の弓状の形態を保ったまま、頬骨の不必要なふくらみを取り除くことができます。
手術方法は頬骨弓の先端と後端の過剰な部分を切除し弓状構造を保ったまま大きな弓を小型の美しい弓にします。


【ヴェリテ頬整形術は頬骨の先端と後端にカットを入れます】

【頬骨の過剰部を切除します】

【頬骨弓の本来の弓状の形態を保ったまま頬の幅を細くします】

固定にはチタンプレートを用いています。手術は口腔内の切開ともみ上げの小さな切開から行うことができますので、術後の傷もほとんど目立ちません。

line@友だち追加