このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ヴェリテ修正術 目 4.総合病院で手術を

他院での眼瞼下垂手術例 その4: 総合病院で手術を受けました

総合病院で眼瞼下垂の手術を3回受けたのに、目が開かないんです。

経過 総合病院で手術を受けました。

目がだんだん小さくなって前が見づらくなってきましたので、総合病院の眼科で相談したところ、加齢による眼瞼下垂といわれ、手術を受けました。結果が思わしくない ので、3回手術を繰り返しました。


※総合病院で繰り返し3回手術。

それでも、まぶたを持ち上げることが十分にできず、右側は瞳にまぶたがかぶっています。目の上が凹んで非常に老けて見えます。

経過 ヴェリテクリニックでの修正手術後

二重が余り派手にならないようにデザインして上まぶたを切開し、目力アップの手術を行いました。


※ヴェリテクリニックでの修正手術後

目の上の凹みのために脂肪を移植しました。目を大きくする ために目尻切開も同時に行っています。

眼瞼のたるみと肩凝り・頭痛の関係について

皮膚のたるみでも腱膜性眼瞼下垂でも視野を確保するためには、これまでよりもっと強く眼瞼挙筋を縮めて眼瞼を持ち上げる必要がでてきます。そのため、目を開けているのに疲れを感じるようになります。

眼瞼挙筋にはミュラー筋と呼ばれる小さな筋肉が付随しています。ミュラー筋は交感神経が緊張することで縮み、まぶたを持ち上げるのを補助します。
皮膚のたるみや腱膜性眼瞼下垂が起こると、これまで以上にミュラー筋を収縮させようとして、交感神経を興奮させている必要があります。

【症例 A】

そのため、動悸がしたり、体を支える起立筋が緊張するため首筋や肩や背中の筋肉が凝ったりします。また、緊張状態が続くため、不安や疲労感を感じるようになります。
もう一つ、眉毛を持ち上げる前頭筋を縮ませてまぶたを上げるのを助けるようになりますので、いつも眉毛が上がって額に横じわができ、頭が重く締め付けられるような頭痛がしてきます。
上まぶたを小さなクリップではさんだり、テープでまぶたを持ち上げたりしたときに、一時的に肩の緊張がほぐれる人は、まぶたが原因で肩凝りが起こっていると診断できます。

【症例 B】

それが、眼瞼のたるみのせいなのか、腱膜性眼瞼下垂のせいなのかは皮膚のかぶり具合とまぶたの睫毛縁の持ち上がり具合で判断します。

治療法

皮膚のたるみは、一重まぶたを二重まぶたにする埋没式重瞼術や全切開法や上眼瞼リフトで治療できます。
なかでも、上眼瞼リフトは術後に眼瞼がつっぱったり、重くなったりすることが無く、手術直後から眼瞼が軽くなったことを認識できます。

腱膜性眼瞼下垂症の治療は眼瞼挙筋の腱膜を瞼板にしっかりと縫いつけることで可能です。

いずれの手術も局所麻酔で行いますので、入院の必要はありません。
術後2日はまぶたが腫れてやや開きづらくなりますが、3日目より意識も努力もしないでまぶたが上がるようになり、先ほど述べた頭痛・肩こり・疲労が緩和します。1週間後に抜糸をして完了です。

line@友だち追加