このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ヴェリテ修正術 バスト 1.脂肪注入の豊胸手術を受けた

修正手術 : 他院での豊胸術失敗例

某美容外科で脂肪注入による豊胸術を受けましたが、日がたつにつれ徐々に小さくなり、半年後にはほぼ元のサイズになってしまいました。

経過 豊胸術失敗例

バストが小さいのがずっとコンプレックスでいつか大きくしたいと思っていましたが、手術は怖いというイメージが強くずっと迷っていました。

雑誌で脂肪注入という方法を知り、これなら自分の体にあるものを入れるだけだから怖くないかもと思い、某美容外科を受診しました。
そこで「痩せているからかなり広範囲から脂肪を取ることになるけど、注入した脂肪はうまくいけば 80 パーセントくらい残るから大丈夫」と言われ、脂肪注入による豊胸術を受けました。
脂肪を注入した胸もかなり痛かったけど、それより脂肪吸引した太ももがとても痛くてしばらく歩くのも大変でした。
肝心のバストは最初のうちは腫れも手伝ってか 1 カップくらい大きくなって見えましたが、日がたつにつれ徐々に小さくなり半年後にはほぼ元のサイズになってしまいました。
ただ完全に元に戻ったわけではなく、両胸にピンポン玉ぐらいの硬いしこりが出来てしまいました。
最初は「乳がん!?」と思い、ビックリして乳腺外科の病院に行きましたが、診断の結果は注入した脂肪が変性したものということでした。
あんなに痛い思いをしたのに元のサイズになってしまったのもショックでしたが、それよりこのしこりを取るためには胸に傷をつけないと出来ないと言われたのはもっとショッックでした。
癌ではないからこのままでもいいといわれましたが、明らかに触れるしこりを一生抱えることの憂鬱に手術を後悔する毎日でした。しこりも取りたいけれどやはりバストを大きくしたいという思いも捨て切れません。

術前評価

触診で点線に囲まれていると範囲に石のように硬いしこりが触れます。

一見明らかな異常はないように見えますが、触診すると左右とも乳頭のやや上方に径約3.5~4.5cmの硬いしこりを触知します。
状態を正確に診断するため3次元CTを行いました。明らかな黒い塊が両側にあるのがわかります。
この黒い部分の周囲が一部白くなっているのは、しこりの周囲が石灰化している(石のようになっている)のを現しています。
このしこりが正常な乳腺組織を圧迫し、特に右内側(画面上左)では正常乳腺がほぼ欠損しています。

CT画像では空気と脂肪が黒く、筋肉や乳腺組織はグレー、骨や石灰化した組織は白く描写されます。右上の画像で白い線に囲まれた黒い楕円形の画像が確認できます。
これは触診で触れる乳房内のしこりの位置と大きさに一致しています。

3次元画像で右乳房を側方から観察しますと、しこりとなっている変性脂肪(黄色)が乳腺内に確認されます。

3次元画像で両側の乳房を正面から観察すると、しこりとなった変性脂肪(黄色)が確認されます。

手術方針

乳房内にできたしこりを摘出手術は乳腺外科では珍しいことではありませんが、通常は乳房の皮膚に傷跡を残します。
傷痕が目立ちにくい切開線としては、乳房の下縁に沿った皮膚切開、乳輪周囲の皮膚切開、腋(わき)のシワに沿った皮膚切開の3者があります。
この患者様では、たとえ豊胸術の術後でも乳房が乳房下線に覆い被さることはありませんので、乳房下線の傷痕が正面から見えてしまいます。
乳輪切開の傷痕はヴェリテで採用しているジグザグ切開法を用いることによってほとんど目立たなくなります。しかし、患者様から出来るだけ乳房に傷をつけたくないという希望がありましたので、腋のシワに沿った皮膚切開を用いることにいたしました。

豊胸術でC から D カップへ

乳房内のしこりの摘出と同時に、もともと希望されていた豊胸術を行うことにしました。
人工乳腺による豊胸術に不安を感じていらっしゃったので、ヴェリテクリニックで実際に豊胸術を受けたバストカウンセラーのバストを実際に触ってみて、仕上がりの柔らかさを確認していただきましたところ、人工乳腺を用いて是非豊胸を受けたいと希望されました。
希望するバストの大きさは C から D カップということでしたので、今の乳房の大きさを考慮すると200ccから250ccの人工乳腺が適切と判断しました。
乳房もその周囲の皮膚もやせているため、以前であれば大胸筋下に人工乳腺を入れるタイプです。大胸筋下法では人工乳腺が上方にずれやすい、乳房と人工乳腺の動きが一致しない、又、術後の疼痛が強いという問題があります。
ヴェリテクリニックが始めた筋膜下法(乳腺と筋肉の間の薄い膜の下にアナトミカル型の人工乳腺を挿入)は、この大胸筋下法の欠点を補うことができます。
さらに、筋膜下法では乳房上方で人工乳腺の輪郭が目立ちやすいという乳腺下法の欠点を克服することが可能です。

手術 術式

腋の中で隠れやすいシワに合わせて皮膚切開を加えて乳腺に向かって慎重に剥離を進め、正常組織を傷つけずにしこりの原因となっている変性脂肪を摘出することが出来ました。
大胸筋の筋膜(乳腺と筋肉の間の薄い膜)の下面にポケットを作成し、サイザー(仮のバッグ)を挿入して大きさを確認したところ、患者様が225ccを希望されました。
しこりの摘出後に出来た乳腺の欠損が目立たないよう225ccのアナトミカル型の人工乳腺の配置を調整しました。

手術 術式


【修正手術 前】

【修正手術 後】
line@友だち追加