このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

施術のご案内

  • 目元
  • バスト
  • ボディ
  • 口元
  • エイジングケア
  • プチ整形
  • その他

  • 手術の詳細
  • 症例写真集
  • 術後経過写真
  • Q&A

Q-YAGレーザー

詳細

特定の色素に反応するQスイッチYAGレーザーを用い、シミや刺青、タトゥーやアートメイク除去を目的としたレーザー治療です。
これまで治療が難しいとされていた肝班にも効果を発揮し、安全性にも優れたレーザーです。

このような効果があります

・しみ、そばかすの除去
・刺青、タトゥー、アートメイクの除去
・肝班の改善
・毛穴の改善
・くすみ、黒ずみの改善
・肌質改善
・アザの改善

術式

QスイッチYAGレーザーとは?

QスイッチYAGレーザー

非常に短い時間に瞬間的に深部へレーザー照射をするため、周囲の組織を傷つけることなく、皮膚へのダメージが最小限に抑えられます。
低出力から高出力まで、また1064nm、532nmと波長の調整が行えますので、浅い色素沈着(しみ・そばかす)から深層のもの(茶あざ、青あざ、黒あざ、タトゥーなど)まで、幅広い効果があります。

効果のあらわれ

局所をレーザー光で瞬間焼却し色素を破壊させます。それと同時に照射した皮膚がやけどのような状態になります。
照射後1~3 日でかさぶたが形成され、1~2 週間で剥がれ、かさぶたが剥がれると、ピンク色~赤色の肌が現れ新しい皮膚を形成します。
照射後の赤みは3~6 ヶ月続きます。

必要回数

しみは1回の照射で治療が完了するものがほとんどですが、刺青などは1回の照射ですべて消えるわけではないため、繰り返しの照射が必要です。
目安としては1~3 ヶ月間隔で3~5回程度必要となります。
色素の深さや大きさにより、数回の施術でとれるもの、それ以上の回数が必要となるものなど、個人差があります。
レーザーは黒色に良く反応し、青色・赤色にもある程度反応しますが、緑色や黄色などの色には反応が弱いため、カラフルな刺青は、色を多少薄くできても完全に消すことは不可能です。

施術のながれ

ボトックス器具のj写真

患者さんのご要望や皮膚の状況を把握した上で、Q-YAGレーザーの治療が最適化か否かを検討いたします。


ボトックス器具のj写真

肌質や症状にあわせて適切なエネルギーを設定し、テスト照射を行った後、実際にレーザー照射を行います。
※1ヶ月以内に強い日焼けをした方は事前に申し出てください。
※個人差や部位によって痛みを感じる場合もありますので、不安な方はご相談ください。


ボトックス器具のj写真

治療後1週間は軟膏を塗って治療部分をガーゼ等で覆います
特別な日常生活の制限はありませんが、強い日焼けは避けてください。日中は日焼け止めをご使用ください。


注意事項

◆照射後は紫外線に反応しやすいため、日焼け止めクリームを使用し紫外線対策をしっかり行って下さい。
◆かさぶたが自然に剥がれるまでこする事は避けて下さい。
皮膚が再生する前にかさぶたを剥がしますと傷になり色素沈着が起こりやすくなりますので、かさぶたが自然に剥がれるまで、強くこすったり、爪で引っかいたりしない様にして下さい。
◆治療当日はシャワー浴とし、多量の飲酒は避けて下さい。血流が良くなり赤みや腫れ・痛みが増すことがあります。

施術を受ける際の重要なこと

施術結果に満足頂けるかは医師の正しい知識、技術、経験がポイントになります。そのため、経験豊富な信頼できるクリニックや医師で受けられることが重要です。ヴェリテクリニックでは美的センスと技術を持ち合わせた医師により、施術後をイメージした綿密なデザインのもと、患者様の理想を実現致します。

症例写真1 しみ治療

Q-YAG


症例写真2 あざ治療

Q-YAG


症例写真3 タトゥー除去

Q-YAG

術後経過

Q-YAG


Q-YAGレーザー よくある質問

Q-YAGレーザー、照射の痛みはありますか?
多少の痛みや刺激があります。
個人差や部位によって異なりますが、チクッとする痛みがあります。 我慢できる程度の痛みですが、痛みに弱い方は塗る麻酔やエネルギーを下げるなどの方法もありますので、医師にご相談ください。
Q-YAGレーザー、治療の回数はどのくらいですか?
状態により異なります。
しみ・あざの種類や大きさによっては、1回の治療で効果のあるものもあります。
刺青などは1回の照射ですべて消えるわけではないため、繰り返しの照射が必要です。
目安としては1~3 ヶ月間隔で3~5回程度必要となります。色素の深さや大きさにより、数回の施術でとれるもの、それ以上の回数が必要となるものなど、個人差があります。
レーザーは黒色に良く反応し、青色・赤色にもある程度反応しますが、緑色や黄色などの色には反応が弱いため、カラフルな刺青は、色を多少薄くできても完全に消すことは不可能です。
Q-YAGレーザー後、注意事項はありますか?
日焼けや刺激には注意が必要です。
◆紫外線に反応しやすいため、照射前後は日焼け止めクリームを使用し紫外線対策をしっかり行って下さい。
◆かさぶたが自然に剥がれるまでこする事は避けて下さい。
◆皮膚が再生する前にかさぶたを剥がしますと傷になり色素沈着が起こりやすくなりますので、かさぶたは自然に剥がれるまで洗顔時に強くこすったり、爪で引っかいたりしない様にして下さい。

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

美容整形・美肌治療ならヴェリテクリニック
女性の患者様だけでなく、男性の患者様のご相談や整形手術も増えています。 ヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。 現在も多くの医師がヴェリテクリニックの医師の施術を学んでおり、手術指導を行なっております。