このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

MENU

埋没式眼瞼下垂術

糸でまぶたの裏側の筋肉を縫い縮めることで目力を大きくする、切らない眼瞼下垂の手術です。
黒目がまぶたに隠れる、眠そうに見えるなどの眼瞼下垂の症状を緩和することで、 手術後は明るく華やかな印象になるだけでなく、頭痛や肩こり、全身の疲労感が緩和されます。
手術中に仮留めを行い、目の開き具合を患者様ご自身で確認頂けます。
確認後、細かいデザインのご指摘やご要望の際には、ご希望に沿えるまで微調整を繰り返すことで、ご希望通りに仕上がります。

埋没式眼瞼下垂術

・手軽に目力をアップしたい方
・傷が残らない方法が希望の方
・メスを使う手術には抵抗がある方
・ダウンタイムが取れない方
・目の開きの左右差が気になる方

極細の糸を使用し、まぶた裏側の結膜とミュラー筋という筋肉を縫い縮め、結び目をミュラー筋の中に埋め込み瞼板に固定します。
ミュラー筋にはまぶたを持ち上げる働きがあるため、そのミュラー筋を縫い縮めることで目の開きを調整することが出来ます。


埋没式眼瞼下垂術 埋没式眼瞼下垂術 1.ミュラー筋と結膜に糸を通します。




埋没式眼瞼下垂術 埋没式眼瞼下垂術 2.牽引糸で下に引っ張り、ミュラー筋を縫い縮めます。




埋没式眼瞼下垂術 埋没式眼瞼下垂術 3.結び目を埋め込みます。

埋没式眼瞼下垂術は、切開法の眼瞼下垂術に比べ、目の開きを大きくする効果がやや弱く、術後の後戻りも起こりやすい傾向があります。
埋没式眼瞼下垂術では、二重幅を調整することは出来ません。
目力が上がる分二重幅は狭くなるため、ご希望される二重幅によっては後日二重幅の手術が必要な場合もあります。切開法の眼瞼下垂術は同時にご希望の二重を作ることができます。

福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール

よくある質問


埋没式眼瞼下垂術は二重幅も変えられますか?
同時に二重幅の調整は出来ません。
埋没式眼瞼下垂術では二重幅を同時に変えることは出来ません。
目力が強くなる分、二重幅は狭くなるため、二重幅を調節するには後日埋没法のご手術行うか、眼瞼下垂のご手術をおすすめ致します。
埋没式眼瞼下垂術は元に戻ることもありますか?
元にもどる可能性はあります。
糸による形成のため、時間の経過とともに目力が弱まることや外れてしまう可能性があります。
持続的な形成をご希望の場合には、眼瞼下垂の手術をおすすめいたします。
使用する麻酔方法は?
患者様のご希望に合わせた麻酔を使用します。
当院では局所麻酔、笑気ガス麻酔、静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔、全身麻酔がございます。
患者様のご希望をお伺いし、身体へのご負担を考慮した麻酔方法をご案内させて頂いております。
埋没式眼瞼下垂術のダウンタイムはどのくらいですか?
ほとんどありません。
個人差はありますが、埋没式眼瞼下垂術はメスを使用しないプチ整形のため、目立つような腫れやむくみはほとんどありません。手術直後からメイク可能なので十分カバーして頂けます。
埋没式眼瞼下垂術は傷や手術痕は残りますか?
メスを使用しないため、傷や手術痕が出来ることはありません。
埋没式眼瞼下垂術はメスを使用せず、まぶたの裏側からの手術のため傷や手術痕が出来ることはありません。
プチ整形と呼ばれ気軽で簡単な手術のイメージがありますが、埋没式眼瞼下垂術の手術が出来る医師は多くありません。
手術痕は全く気にならないかと思います。