このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。


美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >   >  鼻翼挙上術


鼻翼挙上術

鼻翼を上に持ち上げ、小鼻も縮小して、鼻柱のバランスを整える手術です。
鼻翼のつけ根の位置が鼻柱に比べ下に向かって垂れ下がっていると、鼻全体がバランスの悪い印象になります。
鼻翼挙上を単独で行うのは稀で、たいていは鼻翼縮小と合わせて行います。
縫い合わせを調整するため鼻の下の皮膚も切っていましたが、傷が目立つケースがあるため、鼻の下の傷を作らない方法でも手術を行っています。

鼻翼挙上術

・鼻翼部分が下がっている方
・小鼻をすっきりさせたい方
・バランスの整った鼻にしたい方

鼻翼挙上術

1.小鼻の外側の溝に沿って上側まで切開し鼻翼を切り離します。

鼻翼挙上術

2.鼻翼を持ち上げて移動します。

鼻翼挙上術

3.上から順に縫い付け、小鼻の下側は皮膚を寄せて縫い合わせます。傷跡は小鼻の上側部分まで伸びてしまいますが、小鼻部分の溝に沿って出来るため、経過とともにほとんど分からなくなります。

鼻翼挙上術

1.このように切りとって、鼻翼を切り離します。

鼻翼挙上術

2.鼻翼を持ち上げて移動します。鼻の下と上部に隙間ができますので、傷跡を最小限にする工夫をして縫合していきます。

鼻翼挙上術

3.側頭部から筋膜組織を採取し、短冊状にします。

鼻翼挙上術

鼻翼挙上術

4.側頭筋膜を鼻の下の傷口の縁に縫い付け、引っ張り上げて鼻の軟骨に固定することで鼻の下の傷口を持ち上げます。


鼻翼挙上術

鼻翼挙上術

5.上部の傷口は内側と外側で縁の長さに差がありますので、傷を目立たなくさせるために細かく調整しながら縫合していきます。


鼻翼挙上術

6.小鼻の周囲を縫合して完成です。

福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

line@友だち追加
Twitter