このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

施術のご案内

  • 目元
  • バスト
  • ボディ
  • 口元
  • エイジングケア
  • プチ整形
  • その他

  • 手術の詳細
  • 症例写真集
  • 術後経過写真
  • Q&A

鼻短縮

詳細

鼻短縮の手術は、下向きに垂れた長い鼻を改善することや、アップノーズも作ることが出来る手術です。
下向きの鼻は魔女鼻とも呼ばれ、「きつい印象」や「意地悪な印象」を持たれることが多く、鼻の主張が強い印象を与えます。
お化粧ではカバー出来ないため、手術でしか改善方法はありません。
全体のバランスが整い、可愛らしい印象に仕上がります。

このような方に適しています

・鼻が長い方
・鼻が垂れている方
・鼻尖を短くしたい方
・鼻尖を持ち上げたい方
・アップノーズにしたい方

ヴェリテクリニックの特徴

1. デザインの重要性

ヴェリテクリニックでは、患者様のご希望を実現するために、様々なデザインや術式がございます。事前にシミュレーションなどを行い、患者様と術後の仕上がりを確認し、それを基に適した術式や手技を決定致します。そのため、おひとりおひとりの細かいご要望やこだわりを実現致します。

2. 医師の技術力

ヴェリテクリニックの医師は、高度な医療技術が要求される美容外科医・形成外科医を指導してきた医師で構成されており、日本美容外科学会から専門医として認定されております。正しい知識と優れた技術力、経験豊富の医師が担当致しますので、ご安心下さい。



術式

パターン1 鼻中隔軟骨の下の端を切りつめる

鼻短縮

パターン2 鼻中隔軟骨に鼻尖の軟骨を縫いつける

鼻短縮

パターン3 鼻尖の軟骨の上方を切りつめる 

鼻短縮
切開箇所

クローズ法またはオープン法で行います。
クローズ法の場合、左右どちらかもしくは両側の鼻の穴を切開して手術を行います。
傷は鼻の穴の中のみのため、外見上傷が出来ることはありません。
オープン法の場合、鼻柱部分に傷は出来ますが、鼻の下になるため正面からはわかりにくく、傷痕はほとんどわからなくなります。

鼻短縮切開箇所

手術を受ける際の重要なこと

鼻短縮の手術は一般的に美容外科で行われている手術ではありません。
そのため、手術の仕上がりに満足頂けるかは切除量のバランスはもちろんのこと、医師の正しい知識と技術、経験が重要です。

鼻短縮 よくある質問

鼻短縮はどのくらい短く出来ますか?
ご状態やご希望のデザインにて異なります。
ご状態やご希望のデザインにより個人差ありますが、平均1~2ミリの範囲で調整を行います。
過度の短縮はお顔全体のバランスが悪くなるだけでなく、皮膚が余り鼻尖に丸みが出ることがあるため、短縮の範囲には注意が必要です。
手術は全身麻酔ですか?
はい。全身麻酔でのご手術となります。
手技が非常に細かく手術時間を要するため、患者様のご負担と安全性を確保するために全身麻酔での手術となります。
術中の意識はないため痛みを伴うことはありません。
鼻の手術のダウンタイムはどのくらいですか?
術後1週間後からお化粧でカバー頂けます。
術後1周間ギブス固定を行います。
ダウンタイムは個人差ありますが、腫れのピークは術後3日目程でその間はギブスで隠れるためご自身で確認出来ません。
術後2週間程は多少の腫れやむくみはありありますが、お化粧でカバー頂ける程度です。

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

鼻尖形成

美容整形・鼻短縮ならヴェリテクリニック
女性の患者様だけでなく、男性の患者様のご相談や整形手術も増えています。
ヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。
現在も多くの医師がヴェリテクリニックの医師の施術を学んでおり、手術指導を行なっております。