このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >   >  鼻孔縁挙上


鼻孔縁挙上

詳細

鼻孔縁挙上術では、垂れ下がった鼻孔縁を切除し縫い合わせることで、鼻孔縁を上に持ち上げる手術です。
重い印象が変わり、小鼻をすっきり小さく見せることができます。

このような方に向いています

・小鼻が大きい、長い、厚い方
・小鼻をすっきりさせたい方
・小鼻の縁のライン下がっている方
・鼻の重い印象が気になる方
・鼻の穴を見せたい方



術式

小鼻の縁にそって、小鼻の皮膚と軟部組織を切除し縫合します。
生まれつき厚ぼったい小鼻の方や鼻翼縮小術後に厚ぼったくなってしまった方、鼻の穴が狭くなってしまった場合にも適した手術です。
傷は鼻孔縁のキワ部分のため目立つことはなく、ほとんどわからなくなります。
鼻孔縁挙上
鼻孔縁挙上
鼻孔縁挙上
切開箇所

傷は鼻孔縁のキワ部分のため目立つことはなく、ほとんどわからなくなります。 鼻孔縁挙上傷痕


症例番号:鼻孔縁挙上-001

併せて行った施術・その他費用

鼻孔縁挙上
¥300,000+税
静脈麻酔+ラリンゲルマスク
¥50,000+税

鼻孔縁挙上術のトラブル一覧


A)感染

治療部位に「熱感」「強い痛み」「強い腫れ」等といった状態が長引く場合は、感染が疑われます。

対応
感染が起きた場合は、内服薬の処方や抗生剤の投与をします。
また、感染がひどいケースでは患部を切開して膿を出す必要があります。


B)傷跡の盛り上がり

体質的な原因で傷がケロイドの様に赤く盛り上がることがあります。

対応
傷がケロイドの様に赤く盛り上がることがあります。体質的な原因が第一に考えられます。
ステロイド(ケナコルト)を注射することで盛り上がりを平らにする処置を行います。
十分な効果が得られるまで1ヶ月間隔でくり返す必要がある場合もあります。


C)傷跡の段差・凹み

肌の性質や縫合した傷口のずれや喫煙による皮膚の血行不良が原因で傷跡の段差や凹みが起こる場合があります。

対応
出来るだけ丁寧に縫合しておりますが、傷跡の段差や凹みが起こる場合があります。
その場合はCO2レーザーを照射し、削って滑らかにしたり、ぼかしたりする処置を行わせて頂きます。
レーザー処置後は治療部位に赤みが約3ヶ月間位残ります。


D)鼻孔縁挙上の効果が物足りない

鼻孔縁の皮膚を切り取る量が少ないと挙上の効果が小さくなります。術中は腫れのため、縫い合わせた鼻孔縁が引き上げられることがあります。
その場合、腫れがおさまりますと、鼻孔縁が下がってきます。

対応
小鼻がすっきりと見えない・効果が実感できない場合、ご希望であれば再度手術を行うことは可能です。
但し、皮膚の切除をすればするほど、鼻の穴がいびつな形になりやすい事をご理解下さい。


E)鼻孔縁が上がりすぎている

術後糸がついていますと、上がりすぎて見えます。
鼻孔縁の切除量が多いと、上がりすぎることがあります。
上がりすぎた鼻孔縁の修正は大変困難になりますので、鼻孔縁の切除量は慎重に決めて頂くことをお願い致します。

対応
鼻孔縁が上がりすぎていると感じる場合、元に戻すことは容易ではありません。
耳から採取した皮膚と軟骨を移植することによって鼻孔縁を下げる手術を行います。
但し、ご希望通りの鼻孔縁にはならない可能性がありますことをご了承下さい。


F)鼻孔縁の左右差

鼻の穴に左右差が起こる場合があります。元々の鼻の穴の大きさや形や、手術する際の切除する皮膚の量や位置のわずかなずれが原因です。
出来るだけ左右対称になるよう行いますが、1ミリ以下のわずかな左右差については、手術には限界があります事を理解下さい。

対応
ご希望の場合は、再手術を行わせていただきますが、鼻孔縁が上がった方を下がっている方に合わせることは不可能なので、上がりが足りない方を上がっている方に合わせることになります。


G)中縫いの糸が出てくる

稀に、中縫いの糸が出てきてしまう事があります。
放置していると化膿する危険がありますので早めにご来院下さい。糸を取り除く処置をさせて頂きます。

対応
中縫いの糸(皮膚の下の組織を縫い合わせる糸)が露出することがあります。放置していると化膿する危険がありますので早めにご来院下さい。糸を取り除く処置をさせて頂きます。


H)傷が開く

稀に糸が外れたり、組織の血流が悪く傷口部分の皮膚と皮膚がつかないと傷が開いてしまうことがあります。

対応
傷口が開いた場合は傷の状態によって再度縫合するか、傷の治りを良くする軟膏を処方させて頂きます。

よくある質問


腫れや傷はどのくらいですか?
腫れは1週間程、傷は目立つことはありません。
腫れは他の部位に比べ比較的少なく、約2~3日目をピークに約7~10日間程で目立つ腫れは引いていき、むくみは2週間程で落ち着きます。
傷は術後間もない頃は切開線に赤みが出ますが、お化粧でカバー頂ける程度です。
時間の経過と共に落ち着きほとんどわからなくなります。
鼻翼挙上の術後は違和感はありますか?
術後つっぱり感を感じることがありますが、時間の経過と共に緩和します。
術後小鼻の面積が縮小されことで、笑ったときなど小鼻周辺につっぱり感や違和感を感じる可能性があります。
時間の経過共に馴染み、1~2ヶ月で緩和していきます。
使用する麻酔方法は?
患者様のご希望に合わせた麻酔を使用します。
当院では局所麻酔、笑気ガス麻酔、静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔、全身麻酔がございます。
患者様のご希望をお伺いし、身体へのご負担を考慮した麻酔方法をご案内させて頂いております。

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

line@友だち追加