このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。


美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >   >  鼻修正術


鼻修正術

詳細

ヴェリテクリニックでは他院にて行われた手術の修正手術を得意としています。
過去に手術経験がある方やこれまでの手術結果に満足頂けていない方、他でお断りされてしまった方など、ヴェリテクリニックでは歓迎致します。

このような方に向いています

・過去に鼻の手術の経験がある方
・現在のデザインを変えたい方
・トラブルが起きた方
・他院ではお断りされた方

修正手術前 症例写真

症例1:プロテーゼの飛び出しと鼻の変形

鼻を高くするために他のクリニックで鼻のプロテーゼと鼻尖形成を行いましたが、その後鼻が腫れと引きつれを起こし、ついにはプロテーゼが飛び出してしまいました。引きつれにより、鼻が上向きになり変形を起こしています。



修正内容:隆鼻術・鼻中隔延長・瘢痕組織切除

まずは他院で挿入されたプロテーゼを抜去後のみを行い、その後鼻の炎症が落ち着く半年後に修正手術を行いました。
修正手術は、鼻先に移植されていた耳介軟骨を全て抜去し、瘢痕組織を切除。その後鼻中隔延長にて鼻先を下に延ばしました。
鼻筋には薄めのゴアテックスを挿入し鼻全体のバランスを整えました。




 

症例2:L型プロテーゼが鼻先から飛び出しそう

数年前に鼻を高くするために鼻の先端までL型プロテーゼをいれてもらいました。術後は鼻先がツンととがってうれしく思いましたが、半年も経たないうちに鼻先のとがった形が目立ってきました。今では笑った時には鼻先からプロテーゼが飛び出しそうです。


修正内容:他院プロテーゼ入替・眉間ゴアテックス・鼻中隔延長

L型プロテーゼを抜去し輪郭が浮き出にくいゴアテックスのプロテーゼを鼻筋と眉間に挿入しました。
鼻が長くて怖い印象があったため、鼻先をやや持ち上げるように鼻中隔延長術を行いました。
L型プロテーゼを入れていたことにより、皮膚が薄くなった鼻先には耳の軟骨と皮下脂肪を移植しました。


 

症例3:鼻尖縮小のやりすぎで、ピンチノーズとアップノーズ

これまで何度も鼻の手術を受けました。団子鼻 を細くする鼻尖縮小術を繰り返した結果、細くし過ぎたみたいで、洗濯挟みで摘んだような鼻先、いわゆるピンチノーズになり、さらに鼻先全体が上を向 いて鼻の穴が正面から丸見えになりました。


修正内容:他院鼻プロテーゼ入替・眉間ゴアテックス・鼻中隔延長(肋軟骨)・鼻尖形成・鼻孔縁形成

上を向いた鼻先を下に向かって伸ばすために肋軟骨を使用した鼻中隔延長術を行い、鼻先にも軟骨を移植してピンチノーズの凹みを修正しました。
挿入されていた鼻筋のシリコンプロテーゼによってアップノーズがさらに強調されていたため、厚さのあるプロテーゼに入れ替えし、鼻筋がすらっと長くなるように眉間ゴアテックスのプロテーゼも挿入しました。 これまでの繰り返しの手術によって鼻孔縁が引きつれ、鼻の穴が丸見えになっていましたので、耳から皮膚と軟骨を鼻孔縁に移植し目立たなくしました。


オーダーメイドプロテーゼ



福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール

ドクターOPE詳細 関連記事



この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

line@友だち追加
Twitter