このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

施術のご案内

  • 目元
  • バスト
  • ボディ
  • 口元
  • エイジングケア
  • プチ整形
  • その他

  • 手術の詳細
  • 症例写真集
  • 術後経過写真
  • Q&A

鼻骨骨切り幅寄せ

詳細

大きく太い鼻を細くすっきりした鼻筋に整える手術です。
鼻筋が太いと鼻筋がすっきりせず、ごつい印象があります。
ハンプ(鼻筋中央のコブの部分)を削った後に鼻筋を細く整える目的で行うこともあります。

このような方に向いています

・鼻筋を細くしたい方
・鼻を小さくしたい方
・鼻筋が太くたくましい印象を改善したい方
・鼻筋をすっきりさせたい方

ヴェリテクリニックの特徴

1. デザインの重要性

ヴェリテクリニックでは、患者様のご希望を実現するために、様々なデザインや術式がございます。事前にシミュレーションなどを行い、患者様と術後の仕上がりを確認し、それを基に適した術式や手技を決定致します。そのため、おひとりおひとりの細かいご要望やこだわりを実現致します。

2. 医師の技術力

ヴェリテクリニックの医師は、高度な医療技術が要求される美容外科医・形成外科医を指導してきた医師で構成されており、日本美容外科学会から専門医として認定されております。正しい知識と優れた技術力、経験豊富の医師が担当致しますので、ご安心下さい。



術式

鼻の中と鼻の横の皮膚を3ミリ程切開します。
鼻骨に専用のノミを用いて数ヶ所切れ込みを入れ、鼻骨の位置を真ん中に動かし固定し、その後皮膚の上から1週間ギブス固定します。
ハンプ(鼻骨の出っ張り)がある場合には、同時に削り取ります。
鼻骨の幅寄せと同時に鼻尖縮小術や鼻翼縮小術を併用することによってさらに鼻全体をほっそりスマートにすることが出来ます。




切開箇所

基本的にはクローズ法で行いますが、状態によってはオープン法で行う場合のあります。
クローズ法は鼻の中の傷のため外見上から見えることはありません。
オープン法は鼻の下に傷は出来ますが、ほとんどわからない程度になります。

手術を受ける際の重要なこと

手術後あまり効果が感じられなかったという患者様がいらっしゃいますが、鼻骨の厚みは1㎜以下で非常に薄いため、幅の変化はわずかです。
削りすぎは骨が無くなってしまうため注意が必要です。
手術操作が細かく複雑な手術のため、手術を行っているクリニックや手術が出来る医師が少ないのが現状です。
また、正しい手術が行われていないケースもあるため、正しい知識と手術を的確に行える経験豊富なクリニックや医師を選択することが重要です。

症例写真1

鼻骨骨切り幅寄せ

鼻骨骨切り幅寄せ

施術内容 : 鼻骨幅寄せ
その他の施術 : 整鼻術、整鼻術、鼻尖形成術、鼻翼縮小、目頭切開、 眼瞼下垂


症例写真2

鼻骨骨切り幅寄せ

鼻骨骨切り幅寄せ

鼻骨骨切り幅寄せ

施術内容 : 鼻骨幅寄せ
その他の施術 : 隆鼻術、鼻中隔延長、鼻尖縮小、眼瞼下垂、グラマラスライン

症例写真1 手術前

鼻骨骨切り幅寄せ

手術1ヵ月後

鼻骨骨切り幅寄せ

術前・術後

鼻骨骨切り幅寄せ



症例写真2 手術前

鼻骨骨切り幅寄せ

手術2週間後

鼻骨骨切り幅寄せ

手術1ヵ月後

鼻骨骨切り幅寄せ

手術3ヵ月後

鼻骨骨切り幅寄せ

術前・術後
鼻骨骨切り幅寄せ

鼻骨骨切り幅寄せ よくある質問

ダウンタイムはどのくらいですか?
個人差ありますが1~2週間程度です。
目立つ腫れはむくみは1~2週間程度で時間の経過と共に落ち着いてきます。その間はお化粧でカバー頂けます。
最終的な仕上がりまでは約4~6か月です。
鼻骨骨切り幅寄せ手術は傷痕は出来ますか?
外見上の傷は出来ません。
基本的に鼻の中(クローズ法)の手術のため外見上傷は出来ません。
他の手術と併用で行う場合、オープン法で行う場合もありますが、正面から見えにくい部位となります。
鼻骨骨切り幅寄せの術後、骨がズレることはありますか?
術後、動くことやずれることはありません。
術後しっかりと固定を行います。
状態が落ち着き正しい位置に定着後は動くことやずれることはありません。
鼻骨骨切り幅寄せ術で骨を切らない方法はありますか?
幅自体のカバーとして隆鼻術やヒアルロン酸注入がございます。
骨自体を細くするには手術のみとなります。
骨を切る手術に抵抗があるようであれば、隆鼻術で鼻筋を高くすることにより幅自体をカバーする方法もございます。
隆鼻術にも抵抗があるということであれば、鼻のヒアルロン酸注入をおすすめ致します。
その方のご希望をお伺いし様々な方法をご提案させて頂きます。
鼻骨骨切り幅寄せ後、術後の注意事項はありますか?
術後1ヶ月間は刺激や衝撃には注意が必要です。
術後1ヶ月間程は切った骨が安定しておらず、強い外力が加わると変形することがあるため、その間は強い外力がかからないよう注意が必要です。
鼻をかむときも優しく抑える程度で、できるだけ刺激を与えないよう気をつけて頂いています。
ボールをぶつけたり、強く押されたり、うつ伏せの姿勢で強く鼻を圧迫するなど十分な注意が必要です。
手術は全身麻酔ですか?
はい。全身麻酔でのご手術となります。
手技が非常に細かく手術時間を要するため、患者様のご負担と安全性を確保するために全身麻酔での手術となります。
術中の意識はないため痛みを伴うことはありません。

ドクターOPE詳細 関連記事



この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

・眉間ゴアテックス(すらっとした鼻)
・鼻中隔延長(鼻先を延ばす)
・わし鼻修正(太い鼻の修正)

鼻の鼻骨骨切り幅寄せならヴェリテクリニック
女性の患者様だけでなく、男性の患者様の相談や整形手術も増えています。 ヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。 現在も多くの医師がヴェリテクリニックの医師の施術を学んでおり、手術指導を行なっております。