このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

  • 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック


    English
     中文  ご予約・お問い合わせはこちら

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >   >  鼻骨骨切り幅寄せ


鼻骨骨切り幅寄せ

詳細

大きく太い鼻を細くすっきりした鼻筋に整える手術です。
鼻筋が太いと鼻筋がすっきりせず、ごつい印象があります。
ハンプ(鼻筋中央のコブの部分)を削った後に鼻筋を細く整える目的で行うこともあります。

このような方に向いています

・鼻筋を細くしたい方
・鼻を小さくしたい方
・鼻筋の太さが気になる方
・鼻筋をすっきりさせたい方

シミュレーション



術式

鼻の中と鼻の横の皮膚を3ミリ程切開します。
鼻骨に専用のノミを用いて数ヶ所切れ込みを入れ、鼻骨の位置を真ん中に動かし固定し、その後皮膚の上から1週間ギブス固定します。
ハンプ(鼻骨の出っ張り)がある場合には、同時に削り取ります。
鼻骨の幅寄せと同時に鼻尖縮小術や鼻翼縮小術を併用することによってさらに鼻全体をほっそりスマートにすることが出来ます。




切開箇所

基本的にはクローズ法で行いますが、状態によってはオープン法で行う場合のあります。
クローズ法は鼻の中の傷のため外見上から見えることはありません。
オープン法は鼻の下に傷は出来ますが、ほとんどわからない程度になります。

福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール
line@友だち追加