このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。


美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >   >  鼻中隔延長術


鼻中隔延長術

詳細

鼻中隔延長術とは、鼻先に軟骨を移植することによって鼻の長さ角度を延ばす手術です。
上向きの鼻や短い鼻、豚鼻を長く綺麗に整えることはもちろんのこと、鼻の穴が見えやすい方や鼻の下が長く見える方にもお勧めの手術です。
鼻先がすっきりと整うことで、洗練された印象になります。

このような方に適しています

・鼻が上向きな方
・鼻が短い方
・鼻先に高さや長さが欲しい方
・鼻の穴が見えやすい方
・L型プロテーゼにより鼻が上向きになってしまった方
・大人っぽい雰囲気にされたい方
・鼻下と上口唇の距離を短くされたい方

シミュレーション



術式

鼻の穴と穴の間の鼻柱部分をオープン法にて切開し、鼻中隔という壁に鼻中隔軟骨や耳介軟骨、肋軟骨を必要量採取し移植します。
オープン法は術野を広く展開でき、手術操作が行えるため、鼻先の高さや向き、患者様の希望されるデザインにより自由に変化させることができます。鼻柱部分の傷は正面からは見えにくく、傷も目立ちにくい部位になります。

切開方法

鼻の穴の中のみ切開を行うクローズ法と、鼻の穴と穴の間の鼻柱部分に切開を加えるオープン法があります。
クローズ法は外見上に傷がつかないメリットがありますが、オープン法に比べ左右のバランスを整えるのが難しく、鼻先や鼻柱が傾いてしまうこともあり手術操作が難しくなります。そのためヴェリテクリニックでは基本的にはオープン法を行っています。


使用する軟骨について

鼻中隔軟骨


現在ヴェリテクリニックでは鼻中隔軟骨を第一選択に考えています。
鼻中隔軟骨は平らでしっかりとした硬さがあるため、延長に用いやすいからです。
採取した鼻中隔軟骨を2枚重ねて用います。
採取できる鼻中隔軟骨が小さければ、鼻中隔軟骨に加え保存軟骨や吸収プレートを使います。大きな変化を望まない場合に適しています。

耳介軟骨



耳の軟骨は鼻先の形を整えるために、鼻先の部分に付け足します。
基本的には鼻中隔軟骨と同時に移植することがほとんどです。
耳の後ろの溝部分に沿って2cm程切開し軟骨を採取します。
傷は耳の後ろの溝部分のため、目立つことはなくほとんどわからなくなります。
耳の変形も、機能障害もきたしません。

肋軟骨



女性はバストのアンダーの位置に合わせて3㎝程、男性では乳首より5㎝程下部分を3㎝ほど切開し、肋軟骨を採取します。
採取する肋軟骨は上から数えて7番目の肋軟骨が一番大きいため、この7番目の肋軟骨を用いています。
延長する長さが5mm以上の大きな変化をご希望の場合や、鼻先の皮膚が伸びにくい状態の場合、過去に鼻先の手術歴がある場合に適しております。


肋軟骨採取の際にできる傷痕

胸に切開を加えることや傷痕に抵抗がある場合には、鼻中隔軟骨と耳の軟骨を併用して行いますが、延長量が少なくなります。



補助となる軟骨

保存軟骨

採取した軟骨が小さく固定が悪い場合、患者様の鼻の軟骨と併せて保存軟骨を補助的に使用します。
保存軟骨とは、他人の肋軟骨を医療処理されたドイツ製の商品です。
保存軟骨の細胞成分はすべて医療処理されているため、拒絶反応やウイルスのような病気が移る心配はありません。
いずれ吸収される心配がありますが、4年たっても吸収されていないという報告もあり、何年で吸収されてしまうのか、永久的に残るのかははっきりとはわかっておりません。
ヴェリテクリニックでは、吸収されても鼻が短くならないように、鼻中隔軟骨より奥に固定することで形が崩れる心配はないと考えております。
現在では、鼻中隔延長を受けられる患者様のうち、半数以上の方に保存軟骨を使っています。

どの軟骨を選択するのか?

ヴェリテクリニックでは、鼻中隔軟骨を第一にしていますが、カウンセリング時に鼻中隔軟骨の先端の位置と軟骨の硬さを確認させて頂きます。

軟骨位置と強度のチェック

鼻中隔軟骨の位置が、鼻の穴の入口より10㎜以上奥にある方や、鼻中隔軟骨が軟らかい方には肋軟骨を使用することをおすすめします。
肋軟骨を使用することにより、皮膚が伸びる限界まで鼻先を高く、長くすることができるうえ、、術後に鼻先の強度が弱くて傾いてしまうことも少なくなります。



延長方向デザインの4パターン

希望される鼻の形にするために、鼻先をどの方向にどれだけ伸ばしたらよいのかを決定することが非常に大切です。
デザインは大まかに次の4パターンがあります。



1 【鼻先を下へ伸ばす】
鼻先の高さが今以上に高くならないように鼻先を下へ伸ばす。



2 【前方斜め下に伸ばす】
鼻背のラインに合わせて前方斜め下に伸ばす。



3 【鼻先を高く】
長さが変わらないようにまっすぐ前に伸ばして鼻先を高くする。



4 【鼻先がややアップノーズに】
むしろ、鼻先がややアップノーズになるように前方斜上に伸ばす。


※この4パターンの中間の角度にすることも可能です。
この方向や延長量により術後の仕上がりが決定します。
術前のシミュレーションはもちろん、手術技術と延長量を見極める観察力が非常に重要です。

福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール

ドクターOPE詳細 関連記事


この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

line@友だち追加
Twitter