このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

  • 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック


    English
     中文  ご予約・お問い合わせはこちら

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >   >  鼻尖形成術


鼻尖形成術

詳細

鼻尖形成術は耳介軟骨を鼻先部分に移植することで、鼻先に高さや長さを出し鼻先を整える手術です。
移植する軟骨の大きさや位置を変えることにより、鼻尖を前方にツンとさせたり、可愛らしいアップノーズ(上向きの鼻)や鼻柱を下へ伸ばしたりすることができます。
自己組織のため異物反応の心配もなく、自然な仕上がりが持続し、お顔全体のバランスも整います。

このような方に向いています

・鼻先に高さがほしい方   ・鼻尖に長さがほしい方     ・ツンとした鼻先にしたい方
・アップノーズにしたい方   ・鼻の穴を見えにくくしたい方 ・大きく印象は変えたくない方

術式

耳の後ろの付け根部分を2cm程切開し、耳の軟骨の一部を切り取ります。
左右の鼻の穴の中を数ミリ切開し、切り取った耳介軟骨を鼻尖に移植して縫い合わせます。
傷は鼻の中のため外見上に出来ることはなく、溝部分に沿って出来るため目立つことはありません。

切開箇所

耳介軟骨採取


基本的にクローズ法にて行います。
左右の鼻の穴を切開して行うため、外見上に傷がつくことはありません。
オープン法は鼻の下に傷は出来ますがほとんどわからない程度になります。

使用軟骨



基本的に耳の軟骨を使用します。
耳の軟骨は1ミリから2ミリの厚みがあり、ほどよく軟らかく、緩やかに弯曲しているため鼻先の移植には適しています。
耳の裏側の溝に沿って切開し、耳の軟骨の一部分を採取します。採取した軟骨は再生しませんが、耳が変形することはありません。


移植位置のデザイン

鼻尖形成 鼻尖形成 鼻尖形成


鼻尖形成に向いている方

鼻先を上向きにツンとさせたい方

鼻先を斜め下にとがらせたい方

鼻柱を下へ延ばしたい方

希望のデザインにより、移植場所を調整することができ仕上がりの形を自由にできるのも特徴です。
鼻尖を1ミリや2ミリの範囲で高くや長くする場合や大きく印象を変えたくない方に鼻尖形成は適しています。
3ミリ以上必要な場合は鼻中隔延長が適しています。




鼻尖軟骨の強度



鼻尖形成術は鼻翼軟骨によって支えられています。
鼻翼軟骨が太くて厚く硬さがしっかりしている場合は3ミリの軟骨を移植すれば3ミリだけ鼻先を高くすることができます。

これに対し軟骨に強度がない場合、鼻先に軟骨を移植しても鼻翼軟骨が押しつぶされてしまい、鼻先を高くすることはできません。

その場合、耳から採取した軟骨を添え木のように左右の鼻翼軟骨の間に挿入し、鼻翼軟骨を補強したうえで先端に軟骨を移植します。


鼻尖の皮膚の余裕




鼻先の皮膚に余裕があればたくさんの軟骨を移植することが出来るため、鼻先をしっかりとした形に作ることが出来ます。
鼻先の皮膚が硬くて伸びにくい方や鼻が小さくて皮膚に余裕がない場合、移植できる軟骨の量は少なくなるため鼻先はそれほど高くなりません。


鼻尖形成術と隆鼻術


鼻筋が通っていて、鼻筋の高さに比べて鼻先の高さだけが物足りないという方には鼻尖形成だけ単独で行ううことも出来ます。
単独で行うケースはそれほど多くありません。
鼻先の高さが足りないと、鼻筋の高さも物足りないことが多く、その場合には鼻尖形成術と同時に鼻筋を高くする隆鼻術も必要になります。


他の術式

ヴェリテクリニックではおすすめはしておりませんんが、鼻尖形成の術式として、鼻先の軟骨の一部を鼻尖部分に移植するという方法があります。
鼻先軟骨の厚みは1ミリもないほど薄く、ボリュームが足りないことや、残った鼻先の軟骨が弱くなり鼻尖の軟骨を縫い寄せる操作(鼻尖縮小術)ができないことから、鼻先の軟骨を用いる方法はおすすめしておりません。

鼻尖形成 鼻尖形成
福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール

ドクターOPE詳細 関連記事



この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

line@友だち追加