初めての方銀座院 0120-883-250
診察券をお持ちの方銀座院 03-6887-8210
メールでのお問い合わせ
初めての方名古屋院 0120-451-170
診察券をお持ちの方名古屋院 052-581-2224
メールでのお問い合わせ
初めての方大阪院 0120-121-051
診察券をお持ちの方大阪院 06-6347-1031
メールでのお問い合わせ

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

施術のご案内

  • 目元
  • バスト
  • ボディ
  • 口元
  • エイジングケア
  • プチ整形
  • その他

  • 手術の詳細
  • 症例写真集
  • 術後経過写真
  • Q&A

鼻尖形成術

詳細

鼻尖形成術は耳介軟骨を鼻先部分に移植することで、鼻先に高さや長さを出し鼻先を整える手術です。
移植する軟骨の大きさや位置を変えることにより、鼻尖を前方にツンとさせたり、可愛らしいアップノーズ(上向きの鼻)や鼻柱を下へ伸ばしたりすることができます。
自己組織のため異物反応の心配もなく、自然な仕上がりが半永久的に持続し、お顔全体のバランスも整います。

このような方に向いています

・鼻先に高さがほしい方   ・鼻尖に長さがほしい方     ・ツンとした鼻先にしたい方
・アップノーズにしたい方   ・鼻の穴を見えにくくしたい方 ・大きく印象は変えたくない方

ヴェリテクリニックの特徴

1. デザインの重要性

ヴェリテクリニックでは、患者様のご希望を実現するために、様々なデザインや術式がございます。事前にシミュレーションなどを行い、患者様と術後の仕上がりを確認し、それを基に適した術式や手技を決定致します。そのため、おひとりおひとりの細かいご要望やこだわりを実現致します。

2. 医師の技術力

ヴェリテクリニックの医師は、高度な医療技術が要求される美容外科医・形成外科医を指導してきた医師で構成されており、日本美容外科学会から専門医として認定されております。正しい知識と優れた技術力、経験豊富の医師が担当致しますので、ご安心下さい。



術式

耳の後ろの付け根部分を2cm程切開し、耳の軟骨の一部を切り取ります。
左右の鼻の穴の中を数ミリ切開し、切り取った耳介軟骨を鼻尖に移植して縫い合わせます。
傷は鼻の中のため外見上に出来ることはなく、溝部分に沿って出来るため目立つことはありません。

切開箇所

耳介軟骨採取


基本的にクローズ法にて行います。
左右の鼻の穴を切開して行うため、外見上に傷がつくことはありません。
オープン法は鼻の下に傷は出来ますがほとんどわからない程度になります。

使用軟骨



基本的に耳の軟骨を使用します。
耳の軟骨は1ミリから2ミリの厚みがあり、ほどよく軟らかく、緩やかに弯曲しているため鼻先の移植には適しています。
耳の裏側の溝に沿って切開し、耳の軟骨の一部分を採取します。採取した軟骨は再生しませんが、耳が変形することはありません。


移植位置のデザイン

鼻尖形成 鼻尖形成 鼻尖形成


鼻尖形成で得られる効果

鼻先を上向きにツンとさせる

鼻先を斜め下にとがらせる

鼻柱を下へ延ばす

希望のデザインにより、移植場所を調整することができ仕上がりの形を自由にできるのも特徴です。
鼻尖を1ミリや2ミリの範囲で高くや長くする場合や大きく印象を変えたくない方に鼻尖形成は適しています。
3ミリ以上必要な場合は鼻中隔延長が適しています。




鼻尖軟骨の強度



鼻尖形成術は鼻翼軟骨によって支えられています。
鼻翼軟骨が太くて厚く硬さがしっかりしている場合は3ミリの軟骨を移植すれば3ミリだけ鼻先を高くすることができます。

これに対し軟骨に強度がない場合、鼻先に軟骨を移植しても鼻翼軟骨が押しつぶされてしまい、鼻先を高くすることはできません。

その場合、耳から採取した軟骨を添え木のように左右の鼻翼軟骨の間に挿入し、鼻翼軟骨を補強したうえで先端に軟骨を移植します。


鼻尖の皮膚の余裕




鼻先の皮膚に余裕があればたくさんの軟骨を移植することが出来るため、鼻先をしっかりとした形に作ることが出来ます。
鼻先の皮膚が硬くて伸びにくい方や鼻が小さくて皮膚に余裕がない場合、移植できる軟骨の量は少なくなるため鼻先はそれほど高くなりません。


鼻尖形成術と隆鼻術


鼻筋が通っていて、鼻筋の高さに比べて鼻先の高さだけが物足りないという方には鼻尖形成だけ単独で行ううことも出来ます。
単独で行うケースはそれほど多くありません。
鼻先の高さが足りないと、鼻筋の高さも物足りないことが多く、その場合には鼻尖形成術と同時に鼻筋を高くする隆鼻術も必要になります。


他の術式

ヴェリテクリニックではおすすめはしておりませんんが、鼻尖形成の術式として、鼻先の軟骨の一部を鼻尖部分に移植するという方法があります。
鼻先軟骨の厚みは1ミリもないほど薄く、ボリュームが足りないことや、残った鼻先の軟骨が弱くなり鼻尖の軟骨を縫い寄せる操作(鼻尖縮小術)ができないことから、鼻先の軟骨を用いる方法はおすすめしておりません。

鼻尖形成 鼻尖形成


手術を受ける際の重要なこと

鼻先を高くする目的として、L型プロテーゼを挿入し鼻筋を高くすると同時に鼻尖を高くする方法を行っているクリニックもありますが、術後に鼻先の位置のずれや、鼻が上向きになる、鼻先の皮膚が破れてプロテーゼが飛び出るなどのトラブルが起きる可能性があります。
鼻尖を高くするには、自分の組織である軟骨を用いるのが最も安全なうえ、半永久的に術後の形を維持することが出来ます。
また、手術操作が細かく複雑な手術のため、正しい知識と手術を的確に行える経験豊富なクリニックや医師を選択することが重要です。

鼻尖形成 症例写真

症例写真1

鼻尖形成
鼻尖形成

症例写真2

鼻尖形成
鼻尖形成
鼻尖形成 【併せて行っている手術】 隆鼻術、全切開、スプリングアプトス、しみQ-YAGレーザー

鼻尖形成 術後経過写真

鼻尖形成 手術前

鼻尖形成

【麻酔】
静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔を使用させて頂くため術中の痛みはありません。

鼻尖形成 3日後

下鼻尖形成

腫れのが強く出る期間ですが、ギブスを装着しているため、ご自身では腫れやむくみは確認出来ません。


鼻尖形成 1週間後(ギブス固定除去)

下鼻尖形成

ギブス固定を外します。鼻尖の形が予定より大きく感じることがあります。内出血が起きることがありますが、紫の色は1~2週間で消えます。お化粧は可能です。

鼻尖形成 2週間後

鼻尖形成

鼻の中を縫合した糸は術後2週間後に抜糸します。 抜糸の頃には大まかな腫れは落ち着いていますが、多少のむくみがあり予定より鼻尖に多少の大きさを感じます。

鼻尖形成 3週間後

鼻尖形成

この頃から腫れやむくみは落ち着きすっきりしてきます。



鼻尖形成 術前・術後
鼻尖形成

鼻尖形成術 よくある質問

移植後の軟骨のズレや飛び出しはありますか?
ずれや飛び出すということはありません。
ご自身の自家組織を移植するため、移植した位置に生着します。
移植した軟骨が経過とともにずれや変形、飛び出すことはまずありませんのでご安心下さい。
鼻尖形成は傷は出来ますか?
外見上に傷は出来ません。
基本的にはクローズ法で鼻の中になるため、皮膚表面に傷は出来ません。
オープン法の場合は鼻柱に傷が出来ますが、丁寧な縫合と目立ちにくい箇所のため術後傷が目立つことはございません。
鼻尖形成はどのくらいの変化がありますか?
1ミリ~2ミリの範囲で鼻尖の調整が可能です。
鼻尖を1ミリや2ミリの範囲で高くや長くすることが出来ます。大きく印象を変えたくない方に適しています。
3ミリ以上しっかり延ばしたり高さをご希望の場合には鼻中隔延長の手術が適しています。
移植した軟骨を取る事もできますか?再手術は出来ますか?
抜去することは可能です。
ご希望の場合、除去することは可能です。
移植軟骨の除去や一部のみを除去、または皮膚に余裕があれば軟骨を追加することは可能となります。
移植した軟骨は減ったり吸収されないですか?
減ったり吸収されることはありません。
移植した軟骨が減ったり吸収されることはありません。自己組織のため永久的に生着します。見た目や感触もとても自然です。 もともとのご自身の鼻と変わらず効果が永久的に持続します。
使用する麻酔は?
眠って頂く麻酔を使用致します。
患者様の手術中のご負担を軽減を考慮し、麻酔は静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔を使用致します。
手術中は終始眠った状態のため痛みや怖さを感じることはありません。
術後も大きな痛みを伴う手術ではなく、痛み止めなどの内服薬をお渡ししています。
鼻の手術のダウンタイムはどのくらいですか?
術後1週間後からお化粧でカバー頂けます。
術後1周間ギブス固定を行います。
ダウンタイムは個人差ありますが、腫れのピークは術後3日目程でその間はギブスで隠れるためご自身で確認出来ません。
術後2週間程は多少の腫れやむくみはありありますが、お化粧でカバー頂ける程度です。

ドクターOPE詳細 関連記事



この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。


・鼻尖縮小(だんご鼻修正)
・鼻中隔延長(鼻先を延ばす)

鼻の鼻尖形成術(上向きの鼻修正)ならヴェリテクリニック
女性の患者様だけでなく、男性様のご相談や整形手術も増えてきています。 ヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。 現在も多くの医師がヴェリテクリニックの施術を学んでおり、手術指導を行なっております。