初めての方銀座院 0120-883-250
診察券をお持ちの方銀座院 03-6887-8210
メールでのお問い合わせ
初めての方名古屋院 0120-451-170
診察券をお持ちの方名古屋院 052-581-2224
メールでのお問い合わせ
初めての方大阪院 0120-121-051
診察券をお持ちの方大阪院 06-6347-1031
メールでのお問い合わせ

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

施術のご案内

  • 目元
  • バスト
  • ボディ
  • 口元
  • エイジングケア
  • プチ整形
  • その他

  • 手術の詳細
  • 症例写真集
  • 術後経過写真
  • Q&A

鼻尖縮小術

詳細

丸い団子鼻や鼻尖の大きさを改善し細くスマートな鼻先を目的とした手術です。
鼻尖のふくらみが原因によるやぼったい印象をすっきり整った印象にします。

適している方

・鼻先を細くしたい方
・鼻先の丸さを改善したい方
・だんご鼻を改善したい方
・鼻尖の大きさを改善したい方

ヴェリテクリニックの特徴

1. ヴェリテ式鼻尖縮小術

ヴェリテクリニックでは、 鼻尖の形の調整のしやすさや再手術を難しくしないために、鼻尖の軟骨を切り離したり切り取る手術ではなく、鼻尖の軟骨は出来る限り傷をつけないで温存する手術方法にて行っております。

2. デザインの重要性

ヴェリテクリニックでは、患者様のご希望を実現するために、様々なデザインや術式がございます。事前にシミュレーションなどを行い、患者様と術後の仕上がりを確認し、それを基に適した術式や手技を決定致します。そのため、おひとりおひとりの細かいご要望やこだわりを実現致します。

3. 医師の技術力

ヴェリテクリニックの医師は、高度な医療技術が要求される美容外科医・形成外科医を指導してきた医師で構成されており、日本美容外科学会から専門医として認定されております。正しい知識と優れた技術力、経験豊富の医師が担当致しますので、ご安心下さい。



術式

鼻尖の状態や皮膚の厚さにより、鼻の中または皮膚表面側の適した方法を判断し、鼻尖中心部の軟骨や余分な皮下組織を除去し、鼻翼軟骨と呼ばれる左右に開いた鼻尖の軟骨を真ん中に寄せて縫い合わせ鼻尖を細く整えます。
ヴェリテクリニックでは、他のクリニックにて鼻尖縮小術を行ったが鼻尖が細くならなかった方や変形をしてしまった方の修正術も行っております。

鼻尖縮小




鼻尖縮小
鼻尖縮小 鼻尖縮小


切開箇所

鼻尖縮小


基本的にはクローズ法で行いますが、状態によってはオープン法で行う場合のあります。
クローズ法は鼻の中の傷のため外見上から見えることはありません。
オープン法は鼻の下に傷は出来ますが、ほとんどわからない程度になります。



 

鼻尖縮小(皮膚側)


皮膚が厚い方の場合、鼻の中からの鼻尖縮小では見た目の変化が乏しくなりるため、団子鼻の一番の原因である厚い皮膚表面を縦に切開し、余分な皮膚と鼻の中の余分な皮下組織を切除し、軟骨を真ん中に寄せることにより鼻先を細くします。
※鼻先の軟骨を縫い寄せる通常の鼻尖縮小を受けられた後で、鼻先が丸く盛り上がってしまった方にも皮膚切除は有効です。

鼻尖縮小

団子鼻の原因と改善方法

①空気の通るスペースが広い
鼻尖の軟骨が開いていて空気の通るスペースが広いことが原因のため、スペースを狭くするために開いた軟骨を閉じる必要があります。
そのためには軟骨の翼の部分に糸を通して、角度とカーブを調整します。

②皮下脂肪が厚い
適切に脂肪組織を取り除きます。

③皮膚が厚くて硬い
皮膚を薄くして軟骨に密着させる。

④左右の鼻翼軟骨が離れている
皮膚の裏側に付着している脂肪組織と筋膜組織を切り取ります。切り取ったことによってできた隙間が残らないように皮膚を鼻翼軟骨に密着させるため、術後は1週間ギブス固定を行います。

その他の鼻尖縮小の手法

1.鼻尖の軟骨の上方内側の軟骨を切り取る手術法

軟骨切除後に出来る瘢痕組織が縮むことにより、軟骨が引き寄せられる効果を期待していますが、実際には軟骨は元の位置のままになることが多く、東洋人の皮膚の厚さでは効果がありません。
軟骨を切り取ってしまうため、形をコントロールすることができません。
多少軟骨が残っていてたとしても、糸を通すのに都合の良い軟骨が切り取られると糸を通すことができません。

鼻尖縮小

2.鼻尖の軟骨を切り離す手術法

鼻翼の付け根の部分を切り離し、真ん中で縫い合わせます。
術後鼻尖の先端部分が高くなり、細くシャープになりますが、鼻尖の中央部は必ずしも細くはなりません。
鼻尖縮小

鼻尖手術の注意点

鼻尖の形は1mm 変わるだけで大きく印象が変わります。手術後に再手術を受けられる方は少なくありません。
再手術の際、軟骨が欠損していると形の調整や手術自体が大変難しくなるため、鼻尖の軟骨を切り離したり、切除する手術はしないことが重要です。ヴェリテクリニックでは鼻尖の軟骨はできるだけ傷をつけないで温存する手術を行っております。

手術後に起こりうるトラブルと対応方法

鼻尖の上部の組織が中央に寄せ集められることにより、鼻尖部分に盛り上がりが起こることがあります。
厚くて硬い皮膚の場合は組織同士がしっかり張り付かず隙間ができ、この隙間に瘢痕組織が生じると盛り上がりが永久に残ってしまいます。
正面からは目立ちませんが、横から見ると鼻尖先端よりやや上の部分に丸いふくらみを感じます。

改善方法

①隆鼻術により、ふくらみより上方の鼻筋を高くする。
③鼻尖に軟骨移植を行いふくらみより下の鼻尖先端を高くする。
④ふくらんだ部分の皮膚切除を行う。

※④がもっとも効果的な治療法です。切除部分に傷は出来ますが、術後1週間もすれば、お化粧でカバー出来ます。
時間の経過ともにほとんど目立たなくなります。元々横顔から見たときに鼻尖が丸く膨らんでいる団子鼻の方には、鼻尖縮小(皮膚側)適しています。

他院修正

鼻尖縮小を受けたのに鼻尖が細くらなかった方のほとんどは正しい手術が行われていなく、特に多い症例としては団子鼻の改善にL型のプロテーゼを入れられたというケースです。
鼻尖が細くならなかった一番の原因は、皮下組織の切除が不十分なことです。
鼻尖の皮膚は皮脂や毛穴が発達していて、手術によって皮膚の下にできる傷痕(瘢痕組織)が厚く硬くなりやすい傾向があります。
しっかりと皮膚を薄くしておかないと修正することは出来ません。また、左右の鼻翼軟骨の縫い寄せが緩くても鼻尖が細くなりません。
鼻尖縮小の修正を行う際、2回目の手術は皮下の瘢痕組織が硬いため、細くするのが難しくなるため、最初の手術にて正しい手術を受けて頂くことが大切です。

アップノーズ・ピンチノーズ

左右の鼻翼軟骨を鼻尖の中央で縫い寄せると、鼻の穴と穴の間の鼻柱部分が長くなり縦長の鼻の穴になり、鼻尖は前に押し出されて高くなります。
縫い寄せ方が強いと鼻尖は前に押し出されると同時に上方に持ち上がりアップノーズになります。


鼻尖縮小
元々鼻先が下にたれたタイプの鼻の場合は好都合ですが、元々短い鼻はより短くなりますので、短くならない工夫を凝らす必要があります。
また、軟骨を寄せすぎると洗濯挟みで挟まれたようなピンチノーズと呼ばれる変形を生じることがあります。
ヴェリテクリニックでは、鼻尖縮小後に細くならなかったケースやアップノーズ、ピンチノーズといった変形をきたした症例の修正手術も多く行っています。
鼻尖縮小

手術を受ける際の重要なこと

鼻尖縮小の手術は一般的に美容外科で行われている手術ですが、医師により仕上がりの差が大きく、修正を希望される方も少なくありません。
脱脂手術においては、まぶたの脂肪量は二重の手術において手術後の仕上がりを左右する重要なポイントになります。
しっかりと脂肪除去が行われなかった場合、二重のラインが浅くなることや、すっきりとした二重にならない可能性があります。
また、脂肪を取り過ぎてしまった場合、上まぶたにへこみや切開線以外にラインが出来る可能性もあるため、切除量のバランスが大切になります。
手術の仕上がりに満足頂けるかどうかは医師の正しい知識と技術、経験が重要になります。

鼻尖縮小術 症例写真1

 

【その他の施術】鼻中隔延長、他院鼻プロテーゼ入れ替え、頚部フェイスリフト




鼻尖縮小術 症例写真2

 

【その他の施術】ドールチーク



鼻尖縮小術 症例写真3

 

【その他の施術】鼻中隔延長、他院鼻プロテーゼ入れ替え、頬脂肪吸引


鼻尖縮小術(皮膚側)症例写真

鼻尖縮小

【その他施術】
他院鼻プロテーゼ入替、眉間ゴアテックス、鼻中隔延長、眼瞼下垂、頬部フェイスリフト、頬部脂肪吸引

鼻尖縮小術(だんご鼻縮小)の写真で見る術後経過

鼻尖縮小術オープン法 術後経過
 

術後1週、抜糸前の状態




術後2週、抜糸後





術後1ヶ月






鼻尖縮小術(皮膚側) 術後経過写真

【手術前】鼻尖縮小 【1週間後】鼻尖縮小
【2週間後】鼻尖縮小 【3週間後】鼻尖縮小


鼻尖縮小術(皮膚側) 傷痕術後経過
 

術前





術後2週





術後5ヶ月



鼻尖縮小術 よくある質問

手術中の痛みはありますか?使用する麻酔は?
手術中の痛みを感じることはありません。
使用する麻酔は患者様のご負担を軽減するため、基本的に静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔で行っております。
患者様は眠った状態のため、手術中に痛みを感じることはありませんのでご安心下さい。
局所麻酔をご希望の場合には担当医とご相談にて行うこともございますが、その場合術中の意識はありますが、
手術箇所の痛みはございません。
鼻尖縮小の術後は後戻りはありますか?
ヴェリテクリニックでは術後の後戻りはありません。
後戻りの可能性は考えられますが、ヴェリテクリニックでは術後の後戻りを避けるため、適切に皮下組織を切除し処理を行っておりますので、術後の後戻りはまずありません。
鼻尖縮小の傷は目立ちますか?
基本的に外見上の傷は出来ません。
基本的には鼻の中(クローズ法)からのご手術のため外見上の傷は出来ません。
皮膚が厚く硬い場合には鼻尖の皮膚表面に縦の切開線は出来ますが、術後1週間もすればお化粧でカバーでき、
時間の経過ともにほとんど目立たなくなります。
鼻の手術のダウンタイムはどのくらいですか?
術後1週間後からお化粧でカバー頂けます。
術後1周間ギブス固定を行います。
ダウンタイムは個人差ありますが、腫れのピークは術後3日目程でその間はギブスで隠れるためご自身で確認出来ません。
術後2週間程は多少の腫れやむくみはありありますが、お化粧でカバー頂ける程度です。

ドクターOPE詳細 関連記事



この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

・鼻尖形成
・鼻中隔延長

美容整形・鼻尖縮小術(だんご鼻縮小)ならヴェリテクリニック
女性の患者様だけでなく、男性の患者様の鼻尖縮小術のご相談や整形手術も増えいます。
ヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。
現在も多くの医師がヴェリテクリニックの院長の施術を学んでおり、鼻の鼻尖縮小術(だんご鼻縮小)の美容整形手術指導を行なっております。