このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

  • 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック


    English
     中文  ご予約・お問い合わせはこちら

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >   >  斜鼻術


斜鼻術

詳細

斜鼻の原因は事故やケガによるものや先天性などさまざまです。顔の中心にある鼻が歪んでいると顔のバランスも悪くなります。歪みを修正し、顔全体のバランスを整えます。



このような方に適しています

・事故やケガで鼻筋が曲がってしまった。
・生まれつき鼻が歪んでいる。
・鼻の通りが悪く、呼吸がしにくい。



術式

斜鼻の原因は①骨性斜鼻(鼻骨)、②軟骨性斜鼻、または両方なのかで施術方法が異なります。
①の場合のほとんどは、鼻骨骨切りで傾いている鼻骨の骨切りを行い、まっすぐに矯正します。
②は軟骨、軟部組織の操作で矯正を行います。
曲がり具合と位置、鼻中隔湾曲症を伴っているかどうかによって様々な手術方法が複合的に適用されます。
また、軟骨を矯正するために移植する軟骨は、状態によって耳介軟骨や肋軟骨を使用する場合もあります。


切開箇所
鼻の穴と穴の間の鼻柱部分に切開を加えるオープン法で行います。
斜鼻術


【骨性斜鼻】
鼻骨骨切りのみで行います。
斜鼻術


【骨軟骨性斜鼻】
鼻骨骨切りを行います。
外側鼻軟骨・鼻翼軟骨・鼻中隔軟骨を矯正します。
斜鼻術


【軟骨性斜鼻】
外側鼻軟骨・鼻翼軟骨・鼻中隔軟骨の矯正を行います。
斜鼻術

主な手法の通常かかる費用(状態により施術方法が異なります)

鼻骨骨切り幅寄せ
¥600,000+税
鼻中隔延長術
¥600,000+税
鼻尖形成術
¥350,000+税
鼻翼基部プロテーゼ
¥300,000+税
全身麻酔
¥100,000+税

斜鼻修正術のトラブル一覧

A) 感染(化膿する)

治療部位に「熱感」「赤みが出る」「強い痛み」「強い腫れ」等といった状態が長引く場合は、感染が疑われます。

対応
感染が起きた場合は、内服薬の処方や抗生剤を投与します。 また、感染がひどいケースでは鼻の中を切開して膿を出す必要があります。 ・術後半年未満の感染 内服薬の処方・抗生剤投与・洗浄は無料


B) 血が溜まる

皮膚の中で出血が起こると、傷の中に血が溜まってしまい、腫れ上がります。

対応
溜まった血を注射器で吸い出すか、もう一度傷を開けて排出します。(無料)


C) 傷口が開く

稀に糸が外れたり、傷口の治りが悪く傷口が開いてしまうことがあります。

対応
その場合には、もう一度傷を縫い合わせる処置を致します。(無料)


D) 中縫いの糸が出てくる

中縫いの糸(皮膚の下の組織を縫い合わせる糸)が露出することがあります。

対応
放置していると化膿する危険がありますので早めにご来院下さい。糸を取り除く処置をさせて頂きます。(無料)


E) 左右差

術後は、ギプスで固定して固めていますが、骨の位置を100%コントロールすることはできません。 そのため左右の鼻の骨の位置がずれて、左右差が出る場合があります。

対応
明らかな左右差が出た場合、ふくらみが残っている側の鼻の骨を再度カットする、又は、凹んでいる側の鼻の骨の部分にプロテーゼや軟骨を移植し修正させて頂きます。 凹んでいる部分にヒアルロン酸を注入して修正をすることも可能です。ヒアルロン酸注入は調整がしやすく、ダウンタイムもほとんどない良い方法ですが、効果は永久的なものではありませんので、定期的に繰り返す必要があります。 ※但し、修正手術を行っても完全に左右対称にならないことがあることをご了承下さい。


F) 鼻閉感(鼻が通りにくい感じ)

鼻筋の曲がりを治すことによって、鼻の中のスペースが狭くなる事があります。 術後早期の段階では、鼻の中の粘膜が腫れるため、鼻の通りが悪く感じることがあります。 術後3~6ヶ月程で、鼻の中の粘膜の腫れが引いて、通常は鼻の通りに問題は残りません。 元々鼻の通りに問題があった方は、鼻の通りが悪く感じられることがあります。

対応
腫れが引いても改善がみられない場合には、鼻の中のスペースを広げるために狭めた鼻筋を戻すことで、改善が期待できます。 ※但し、かわりに鼻筋が太くなることをご理解下さい。


G) 骨切りした部分の段差

手術後に鼻を触ると、骨切りした部分の段差が触れることがあります。 触った時に気になる段差については、外見上問題がなければ修正はお勧めしません。

対応
外見上でわかる段差については、段差を作っている鼻の骨の角を削る処置を行わせていただきます。


H) 鼻筋の曲がりを感じる(効果が物足りない)

術後は腫れやムクミのため鼻筋や鼻先が太く見えてしまいます。 術後3~6ヶ月は経過をみて下さい。また鼻の骨を動かせる範囲には限界があるため、効果が物足りないと感じる場合があります。

対応
効果が物足りないと感じた場合は、再度鼻の骨を切り直す処置をさせて頂きます。 また、プロテーゼを使った隆鼻を行うと、より鼻筋を細くシャープになる場合があります。 ※鼻の骨を動かせる範囲には限界があるため、再度骨切りを行っても改善がみられない場合があります。 ※プロテーゼによって鼻に高さが出てしまうことをご理解下さい。


I) 鼻筋が細くなりすぎたと感じる

鼻筋がどれくらい真っすぐになるか、正確にコントロールすることはできません。 そのため、術後の鼻筋がご希望より若干曲がることがあります。

対応
再手術でより真っすぐに出せるかどうかは場合によりますが担当医とご相談下さい。 ※但し、完全に元通りにはならないことをご理解下さい。

よくある質問


準備中です
 
 

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

鼻中隔延長術
鼻尖形成
line@友だち追加