このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

  • 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック


    English
     中文  ご予約・お問い合わせはこちら

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  注入 >  エランセ


エランセ

詳細

持続性と安全性を両立 お肌のハリ、弾力アップ エランセ エランセはPCL(ポリカプロラクトン)を主成分とする注入材です。
これは、手術の際に使用する溶ける糸を細かい球状にした成分で、最終的にはすべて吸収されるため、体に異物が残ることなく受けることができます。
また、注入した部位のコラーゲン形成を助ける素材で、注入部位のハリや弾力アップにメリットがあります。
エランセは、欧州CEマークと米国FDAを取得した注入剤です。

施術箇所

施術箇所の説明画像

◆こめかみ
◆法令線
◆マリオネットライン
◆頬くぼみ・頬のボリュームアップ
エランセはヒアルロン酸と同様に、凹んだ部分のボリュームを出したり、シワをケアすることができる注入剤です。

エランセの特徴

施術箇所の説明画像

1.持続期間

持続期間は種類により異なりますが、4~5年の持続性があります。

2.異物が残らない

医療用縫合糸として使われている成分、ポリカプロラクトンからできています。
体内に完全吸収される為、異物が残る心配がありません。

3.コラーゲン形成

エランセを注入した際の生体反応によって、注入部位周辺のコラーゲン形成が促され、肌のハリや弾力がアップします。

ヴェリテクリニックが考えるエランセ注入とは

エランセは非常に持続性が長いことがメリットですが、注入後に「顔が膨らんで見える」「前の顔に戻りたい」「溶かしたい」などの訴えに対しての溶解剤がありません。
そのためヴェリテクリニックでは、注入治療をした経験がない患者様にはエランセはおすすめしてしておりません。
まずはヒアルロン酸注入を行って頂き、印象がどのように変化するのかをご自身で確認頂いています。
何度か繰り返しヒアルロン酸注入の経験がある患者様にはどちらかを選択して頂いております。

福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール


エランセ注入の流れ

Step1
問診
問診表
問診表をご記入いただきます。
現在のご体調、既往歴や麻酔経験など、カウンセリングを受けて頂くために必要な情報をお伺い致します。
Step2
カウンセリング
カウンセリング
ご相談内容を、担当ドクターがお伺い致します。
「カウンセリングも治療の一部」という考えの元、ヴェリテクリニックではドクター自身がお話を伺います。
Step3
メイク落とし・麻酔
メイク落とし・麻酔
施術部位のメイクを落としていただきます。
また、痛みに敏感な方には麻酔テープや麻酔クリームをご用意しております。30分程で麻酔の効果が現れます。
Step4
デザイン・注入
デザイン・ヒアルロン酸注入
注入部位に手術用のペンで印をつけていきます。 エランセの特徴について熟知したドクターが、適切な注入部位や量を見極め、 細心の注意を払いながら自然で美しい仕上がりにしていきます。 また、当院では極細の針を使用する事で痛みを軽減しています。
Step5
止血
止血
ガーゼで止血を行います。直後は小さな針跡や赤みがありますが、一時的なものです。
Step6
ご帰宅
ご帰宅
すぐにご帰宅できます。
お化粧も出来ますので、パウダールームをご利用下さい。

施術を受ける際の重要なこと

エランセは施術の手軽さや持続期間の長さから幅広い用途で用いられ、一般的に使用されているクリニックは多いですが、万が一希望と異なった結果の場合に溶かす薬液がないため、吸収されるのを待つしかありません。
そうならないために、施術を受けられる際には注入箇所を確認し医師とよくご相談の上で受けられることが重要です。

エランセとはイメージ画像

よくある質問


エランセの持続期間はどのくらいですか?
種類により異なりますが、4~5年の持続性があります。
エランセ注入後、元に戻せますか?
溶かす薬液はないため、吸収を待つしかありません。
今現在エランセを溶かす薬液はないため、エランセが吸収されるのを待つしかありません。
そうならないためにヴェリテクリニックでは、注入治療をした経験がない患者様にはエランセはおすすめしておりません。
まずはヒアルロン酸注入を行って頂き、印象がどのように変化するのかをご自身で確認頂いています。
何度かヒアルロン酸注入の経験がある患者様にはどちらかを選択して頂いております。
また、施術を受けられる際には注入箇所を確認し、医師とよくご相談の上で受けられることが重要です。

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。


line@友だち追加