このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

  • 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック


    English
     中文  ご予約・お問い合わせはこちら

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  注入 >  ジュビダームビスタ


ジュビダームビスタ

ヒアルロン酸で
魅力的なフェイスラインへ
ジュビダームビスタ

ボリューマXC


ジュビダームビスタ®ボリューマは、自然な美しさを引き出すために開発されたヒアルロン酸です。

アラガン社によって製造販売された厚生労働省承認のヒアルロン酸です。

単なる「しわ治療」にとどまらず、魅力的なフェイスラインと自然な仕上がりにします。





VYCROSS®技術で作られたヒアルロン酸


ボリューマはVYCROSS®という技術で作られたヒアルロン酸です。
VYCROSS®とは高分子量と低分子量のヒアルロン酸を混合して作る技術で、今までのヒアルロン酸注入剤に比べ構造がより密になっています。
これにより、体内で分解されにくいヒアルロン酸注入剤となりました。

また、途中でデザインを変えたくなったり、元に戻したくなった際には、ヒアルロニダーゼで溶かすこともできます。



VYCROSS®技術による5つの特性


1.持続性

ジュビダームビスタ®ボリューマは、医師による評価で、12ヶ月持続した患者様が85.2%、24ヶ月持続した患者様は67.1%、さらに再処置を行うことで、そこからまた12ヶ月後に91.1%の患者様の持続が確認されています。

持続性のグラフ



2.成形性

ボリューマは、注入している際には医師の思い描く形を表現しやすいですが、注入直後には成形性によって硬くなるため、その後は変形しにくく形をキープする特性を有しています。



3.低吸水性

ボリューマは密な構造により、水分を取り込みにくい「低吸水性」となっています。そのため注入後に(体内の水分を含んで)膨らみにくい構造となっており、医師が注入したときのイメージのままの仕上がります。



4.リフト力

ボリューマはボリュームアップに適したリフト力を持っています。リフト力とは、上から力が加わっても平坦になりにくく(弾性)、ばらばらに分離せずに形が保たれる(凝集性)性質のことです。ジュビダームビスタ®ボリューマは、ボリュームアップに適した弾性と凝集性を併せ持つ注入剤です。

リフト力の図



5.組織親和性

お顔全体の組織へのなじみやすさで、表情に合わせた自然な仕上がりとなります。
ボリューマXCは、組織ととても親和していることが確認されています。

親和性の写真




ヒアルロン酸の注入箇所(顔)


若々しい肌にとってヒアルロン酸は大切です。
ヒアルロン酸はたくさんの水分を皮膚の中にたくわえることで、弾力があり、しわのない肌を保っています。
年齢を重ねるとヒアルロン酸は減り、皮下組織(皮下脂肪)のボリュームも減少して、たるんだり、しわや溝が次第に深くなったりします。
ヒアルロン酸は表面に見えているしわ・溝の直下に注入するだけではなく、その原因となる部位や、ボリュームの減少した部位に注入することで、美しい滑らかなフェイスラインとなり、顔全体を自然な表情にすることができます。
注入部位を決めるためには、顔全体のバランスを考慮したアセスメントが重要です。カウンセリングで医師と相談して決めていきます。

治療が可能なしわ・溝(一例)

治療が可能なしわ・溝(一例)



ボリューム減少緩和部位

ボリューム減少緩和部位




ヒアルロン酸の注入箇所(手の甲)


ヒアルロン酸で治療できるのはお顔だけではありません。
年を取るにつれ、手が痩せ、シワや血管が目立つようになります。そういった手の老化に対してのエイジングケアとして、ヒアルロン酸の注入が可能です。
骨ばってシワや血管の浮き出た手でお悩みの方は、ドクターへご相談ください。

ヒアルロン酸の注入箇所(手の甲)




ヒアルロン酸注入治療


減少したボリュームや深くなってしまったしわ・溝を日常のお手入れでケアすることは難しいため、気になる場合には美容医療も一つの選択肢です。
「ヒアルロン酸注入治療」はその一つで、ヒアルロン酸皮膚充填剤(医療用のヒアルロン酸)を皮膚に注入して内側からしわや溝を目立たなくさせたり、内側からボリューム減少を緩和するものです。
ボリューム減少の緩和は、皮膚の深いところにジュビダームビスタ®ボリューマを注入し、24ヶ月程度続きます。
しわ・溝のケアには、皮膚の浅いところにジュビダームビスタ®ウルトラ・ウルトラプラスを注入し、9~12ヶ月程度続きます。
注入されたヒアルロン酸皮膚充填材は、体内の酵素で徐々に分解され、数ヵ月から数年かけて吸収されていきます。


ボリューム減少緩和治療

ボリューム減少緩和治療



しわ・溝緩和治療

しわ・溝緩和治療



ヒアルロン酸注入の流れ

Step1
問診
問診表
問診表をご記入いただきます。
現在のご体調、既往歴や麻酔経験など、カウンセリングを受けて頂くために必要な情報をお伺い致します。
Step2
カウンセリング
カウンセリング
ご相談内容を、担当ドクターがお伺い致します。
「カウンセリングも治療の一部」という考えの元、ヴェリテクリニックではドクター自身がお話を伺います。
Step3
メイク落とし・麻酔
メイク落とし・麻酔
施術部位のメイクを落としていただきます。
また、痛みに敏感な方には麻酔テープや麻酔クリームをご用意しております。30分程で麻酔の効果が現れます。
Step4
デザイン・ヒアルロン酸注入
デザイン・ヒアルロン酸注入
注入部位に、手術用のペンで印をつけます。
ヒアルロン酸は、注入部位や注入量、年齢や肌質によって種類を使い分ける必要があります。
Step5
止血・マッサージ
止血・マッサージ
ガーゼで止血し、ヒアルロン酸を馴染ませるマッサージを行います。
Step6
仕上がりチェック
仕上がりチェック
担当ドクターと、お鏡で仕上がりをチェックしていただきます。
Step7
ご帰宅
ご帰宅
すぐにご帰宅できます。
お化粧も出来ますので、パウダールームをご利用下さい。

よくある質問


ヒアルロン酸注入後、どのくらいで効果は出ますか?
注入直後に確認できます。
治療結果は注入直後に確認できます。
注入された部位にしこりのような硬さを不感じることがありますが、1週間程でなじんできます。
ヒアルロン酸はダウンタイムは必要ですか?
内出血が出る可能性はあります。
注射針が細かい血管に触れた場合、内出血が出る可能性があります。
その場合1~2週間程で消失し、その間お化粧でカバー頂けます。注入箇所は1週間程で馴染んできます。
ヒアルロン酸は元に戻すことも出来ますか?
元に戻せます。
ヒアルロン酸は分解注射がございますので、元にも戻すことは可能です。
ヒアルロン酸注入後に追加注入は可能ですか?
追加注入は可能です。
注入直後は腫れやむくみがあり、実際の大きさが判断しにくいためご希望の場合には1週間以降空けて頂くことをおすすめ致します。
ヒアルロン酸注入後にプロテーゼや脂肪注入は出来ますか?
可能です。
ヒアルロン酸注入後に豊胸術や脂肪注入は可能です。
ただし、ヒアルロン酸は時間の経過と共に吸収されますが、ヒアルロン酸が入っている状態でプロテーゼや脂肪注入を行うと、
最終的な形や大きさが判断出来ないため、手術1週間前までにヒアルロン酸分解注射を行う必要があります。
line@友だち追加