このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  医療脱毛 >  医療脱毛


医療脱毛

医師による肌質チェック!医療脱毛でデリケートなお肌を守ります。


医療脱毛

医療脱毛で用いるレーザーは強い光を照射して行う医療行為ですのでクリニックの医師にご依頼ください。

また、脱毛は患者様によって、毛質・肌質が異なりますので、ヴェリテクリニックでは 事前にカウンセリングを行い、患者様とのお話し合いの上、施術方法を決めさせて頂いております。

施術の流れ

お肌CHECK

お肌や毛の状態・毛量や毛質をチェックさせて頂きます。1ヶ月以内に強い日焼けをした方は事前に申し出て下さい。 軽く剃毛を行ないます(初回のみ)。2回目以降は、事前にご自宅にて行なって頂きます。

ジェル塗布

脱毛箇所を清潔にし、皮膚と照射面の隙間を埋め、熱を吸収させるためのジェルを塗ります。

テスト照射

光から目を保護するため、ゴーグルを装着します。肌の色や毛の太さにあわせ、パワーを調整します。

本照射

冷却しながら 脱毛をしていきます。皮膚に当てる部分は大きいスポットサイズ 15×12mm(スクエア)のため照射ムラが出来ません。ゆったりとしたお気持ちで受けて頂けます。(※痛みには個人差があります)

施術時のご注意点

  • 脱毛前日までに脱毛箇所の剃毛をお願い致します。
  • 脱毛期間中はワックス、脱毛テープ、毛抜きは使用中止し毛を抜くことはお止め下さい。
  • 脱毛期間中は日焼け予防をして下さい。 照射前後3週間は日焼けしないようにご注意下さい。
  • 照射当日、照射部位のお化粧や日焼け止めは必ず落として頂いております。
  • 粘膜及び口唇は火傷の可能性があるため当院では照射を行っていません。
  •  (シミやホクロ、皮膚疾患がある箇所は治療を行わないことがあります)

経過

レーザー照射後2~3週間は毛が残存し、その後毛根にダメージを受けた毛は自然と抜け落ちてきます。

治療初期は照射部位の減毛量にムラが生じることがありますが、回数を重ねることで軽減していきます。

1回の照射後約40%の脱毛があり、2ヶ月前後の間隔で数回繰り替えすことで結果を確認することが出来ます。

毛量や毛の太さにより必要回数に個人差ありますが、3回程度で結果を確認頂けます。

クリニックとエステ 脱毛の違い

脱毛は医療行為です

レーザー脱毛は強力な光を発射して施術するので、法律上、医療行為として認識されています。当然、エステサロンは厚生労働省によってレーザー脱毛などの行為が禁止されています。皮膚科的な専門知識のないエステサロンにてレーザー脱毛を行うのは危険だからです。

クリニックなどの医療機関には医師が常勤しているため、施術中に何らかのトラブルが生じても適切な処置が行えます。 医療機関でなら、専門的な知識をもった医師の管理のもと、看護師によってお肌の状態に合わせた治療が受けられ、必要であれば抗生物質・鎮痛剤などの薬品が使用でき的確かつ迅速な対応が可能です。

現在のエステサロンで採用されている脱毛法のほとんどは、光脱毛やフラッシュ脱毛とよばれる光治療器を使用したもので、 レーザー脱毛とは種類が違います。レーザーよりも出力が低いため医療機関でなくても使用できる設計になっています。弱い低出力の光脱毛機種を使用しているため、長期的に見て満足のいく脱毛ができないことはご理解いただけるかと思います。

医療脱毛とエステ脱毛の比較

使用する機器

  • クリニック
  •   医療用機器で行うため、出力の微調整などもできる。
  • エステ
  •   弱い低出力の光脱毛機種を使用し、出力の調整もできないものがあるため、やけどの危険性が高い。

トラブル時

  • クリニック
  •   医療機関なので万一の場合でも医薬品(抗炎症剤など)でケアができる。
  • エステ
  •   医療機関ではないので化粧品などの対応しかできない。

施術期間

  • クリニック
  •   医療用機器は出力を調整できるので、短期間で済む。
  • エステ
  •   元々機器の出力が低いので、長期間繰り返し行う場合が多い。

施術後のケア

  • クリニック
  •   医療用機器なので脱毛後のローションなどの必要性はありません。
  • エステ
  •   脱毛後ローションなどが必要になり、手間と費用が必要になる。

施術費用

  • クリニック
  •   出力調整ができて短期間だから費用もトータルでは安価。
  • エステ
  •   長期間繰り返しの場合が多く、結果的に費用がかかる。

自己脱毛の危険性

自己処理脱毛の危険性

自分で簡単に行えると、自己処理脱毛をされている方が多いのですが手軽さゆえに、肌を傷つけたり、炎症を起こしたりと、危険性を多くはらんでいます。

代表的な自己処理脱毛と、その危険性

カミソリ・シェーバー

  • 皮膚表面の毛だけの処理なので一時的
  • 皮膚表面も削るので、皮膚を傷つけ炎症や色素沈着の原因に
  • 非衛生的なカミソリやシェーバーを使うと雑菌が繁殖

毛抜き

  • 肌の中の毛根部が残り、また毛が生える
  • 無理にひっぱり、毛穴が開いてしまったり周囲の肌を傷つける
  • うまく抜けないと埋もれ毛になって、炎症や毛穴周辺に色素沈着が起きる
  • 皮膚も一緒に引っ張るのでブツブツ鳥肌・痛みが伴う

クリーム・ムース・ワックステープ

    脱毛クリーム・ムース

  • 毛の成分であるタンパク質を溶かす方法ですが肌のタンパク質も溶かしてしまい炎症やアレルギーの原因に
  • 毛が抜けるのではないので、また生えてくる

    ワックステープ

  • 無理に引っ張るのでかぶれや腫れを起こしやすい
  • 肌の弱い人は内出血を起こすことも
女性スタッフの画像

ヴェリテクリニックでは女性スタッフのカウンセリング時間も設けておりますので 患者さんのお悩みや施術箇所に関して、お気軽にご相談ください。医師に話しづらいことや悩みに対応させて頂いております。

ヴェリテクリニックでは、患者様がリラックスできよう設備面にも十分な配慮をしております。是非、一度ご来院ください。

よくある質問


脱毛の必要回数はどのくらいですか?
個人差ありますが、3回程度で体感頂く方が多いです。
毛量や毛の太さにより必要回数に個人差ありますが、1回の照射後約40%の脱毛ができ、2ヶ月前後の間隔で3回程度繰り替えすことで結果を確認することが出来ます。
脱毛はどのくらいの頻度で行いますか?
2ヶ月前後の間隔がおすすめです。
毛周期に合わせて施術を行うことで効率的に脱毛できますので、2ヶ月前後の間隔で行うことをおすすめしております。
line@友だち追加