このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

施術のご案内

  • 目元
  • バスト
  • ボディ
  • 口元
  • エイジングケア
  • プチ整形
  • その他

  • 手術の詳細
  • 症例写真集
  • 術後経過写真
  • Q&A

上顎短縮

詳細

笑った時に歯茎が見えてしまうガミースマイルや出っ歯を改善する手術です。
軽症の方には粘膜切除法を行ないますが、治療は重症の方には骨切り術を行います。
また、鼻の下の長さもを気にされている方にも適している手術です。

このような方に適しています

・笑うと歯茎が見える方
・ガミースマイルを治したい方
・出っ歯も同時に尚したい方
・短期間で治療したい方
・顔が長い方
・鼻の下が長い方

ヴェリテクリニックの特徴

1. デザインの重要性

ヴェリテクリニックでは、患者様のご希望を実現するために、様々なデザインや術式がございます。事前にシミュレーションなどを行い、患者様と術後の仕上がりを確認し、それを基に適した術式や手技を決定致します。そのため、おひとりおひとりの細かいご要望やこだわりを実現致します。

2. 確実な短縮量の判断

アゴ骨切り



短縮出来る量には限りがあり、適切なデザインを決定するため、術前のレントゲンと等身大3D立体モデルを作成し、確実な削り量を判断しております。



3. 医師の技術力

ヴェリテクリニックの医師は、高度な医療技術が要求される美容外科医・形成外科医を指導してきた医師で構成されており、日本美容外科学会から専門医として認定されております。正しい知識と優れた技術力、経験豊富の医師が担当致しますので、ご安心下さい。



術式

上顎の歯茎部分を切開し、上顎の骨を水平に骨切りを行った後、余分な骨を切り取り上の歯全体を上方に引き上げます。
上顎短縮術は、上顎の骨自体が前に出ていて、歯茎も長い場合に適していています。



手術を受ける際に重要なこと

上顎短縮の手術を行っているクリニックが少ないのが現状です。
上顎短縮の手術は手術操作が細かく、医師の繊細なセンスと技術を要求されます。そのため、正しい知識と技術、経験豊富なクリニックや医師を選択することが重要です。 当院では美的センスと技術を持ち合わせた医師により、手術後のイメージした綿密なデザインのもと、 理想の形を実現致します。

上顎短縮 よくある質問

噛み合わせや歯並びに影響ありますか?
影響ありません。
術前に歯列レントゲンを撮影し、術後の噛み合わせに支障がないよう下げる位置やデザインを決定しますので、
噛み合わせへの影響はありません。歯並びは術後と変わらないため歯列矯正の必要もありません。
上下顎手術のダウンタイムはどのくらいですか?
2週間程度で落ち着いてきます。
術後の腫れは個人差がありますが、2週間程度で落ち着いてきます。時間の経過とともに落ち着きますので、ご安心下さい。
上下顎の手術は傷は出来ますか?
外見上の傷は出来ません。
口の中からの手術のため、外見上に傷がつくことはありません。口の中は傷の治りが早い箇所になります。
骨切りの手術後、後遺症はありますか?
時間の経過とともに回復します。
手術直後には一時的に腫れや知覚鈍麻などが生じることがありますが、ほとんどの方は3~6ヶ月で消失していきます。
腫れや知覚麻痺がある間は、話し辛さや食事の飲み込みにくさなどを感じることもありますが、時間の経過と共に徐々に回復していきます。
手術は全身麻酔ですか?
はい。全身麻酔でのご手術となります。
手技が非常に細かく手術時間を要するため、患者様のご負担と安全性を確保するために全身麻酔での手術となります。
術中の意識はないため痛みを伴うことはありません。

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

  • アゴ切り・アゴ削り
  • エラ削り
  • 頬骨形成
  • 額形成(骨セメント
  • 咬筋縮小
  • 上下顎前突


  • 美容整形・輪郭形成・上顎短縮ならヴェリテクリニック
    女性の患者様だけでなく、男性の患者様のご相談や整形手術も増えてきています。
    ヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。
    現在も多くの医師がヴェリテクリニックの医師の施術を学んでおり、手術指導を行なっております。