このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。


美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  輪郭・小顔 >  ドールチーク(頬形成)


ドールチーク(頬形成)

詳細

「ドールチーク」とは、目の下部分の頬をふっくらさせる術式のことです。
可愛らしい印象になり、間延びした顔を引き締まった印象に整えます。エイジングケア効果や目立つ頬骨の症状もカバー出来ます。
術式は、ヒアルロン酸注入、脂肪注入、プロテーゼを挿入する方法の3つがあります。

このような方に向いています

・頬に丸さが欲しい方
・可愛い印象にしたい方
・頬のこけが気になる方
・ふっくらとした印象にしたい方
・メリハリのある立体感がほしい方
・頬骨の目立ちが気になる方

術式

術式は、ヒアルロン酸注入、脂肪注入、プロテーゼ挿入があります。

1. ヒアルロン酸注入

手軽で簡単な方法です。施術時間15分程度、極細針で深い層に注入するので内出血なども少なくすぐに日常生活に戻れます。
微調整がしやすく仕上がりの予想がつきやすいため、まずはヒアルロン酸注入を第一におすすめしております。
持続性のあるヒアルロン酸を使用するため、持続効果は1年から2年程で、ご自身で確認しながら注入できるため、ご希望通りの仕上がりになります。


2. 脂肪注入

おなかや太ももから脂肪を吸引して頬に注入する方法です。
ヒアルロン酸に比べると施術後の腫れや内出血が出やすく、定着率の問題から最終的な仕上がりの予想がつきにくいことが難点ですが、自己組織のためアレルギーの心配もなく、定着した脂肪は半永久的な効果を維持することができます。
ドールチーク


3. プロテーゼ挿入術

頬専用のプロテーゼを頬骨の骨膜下に挿入します。明確な効果を維持することが出来ます。
挿入するプロテーゼのサイズによりアプローチ箇所は、下まぶたの結膜側か下まつ毛の際部分かを選択します。

ドールチーク ドールチーク


術式

ドールチーク ドールチーク
ドールチーク ドールチーク
福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

line@友だち追加
Twitter