このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

  • 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック


    English
     中文  ご予約・お問い合わせはこちら

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  輪郭・小顔 >  頬骨形成


頬骨形成

詳細

頬のラインは美しい顔の輪郭を形成する上でとても重要なポイントです。
頬骨はハイライトとして強調されやすく、頬骨が大きいと顔が横方向に大きく見えて顔全体も大きく見えます。
小顔にするためには頬骨の整形は欠かせない部分となり、顔の横幅を細くするのが目的の手術です。

このような方に適しています

・頬骨が張り出している方
・顔の横幅が大きい方
・小顔になりたい方

ヴェリテクリニックの特徴

1. 〝ブーメラン型頬骨形成〟

従来の頬骨形成

従来の頬骨形成は削りのみ行うことも多く、手術効果はありませんでした。
薄い頬骨弓を削っても、顔の幅は細くなりません


ブーメラン型頬骨形成とは

頬骨の形を根本的に考え、頬骨の弓状の本来の形を保ちながら、さらに頬の弓状構造を残したまま幅は縮小されるため小顔を目指せ、中顔面のボリュームに乏しかった方にはハリを戻すようなラインを作ることが可能です。
頬骨整形術 頬骨弓の形態を保ったまま、頬の幅を細くします

2. 正確な切除位置と量の判断

頬骨形成



頬骨は非常に薄く、削りすぎると骨が欠損し凸凹になるため、ヴェリテクリニックでは術前のレントゲンと等身大3D立体モデルを作成し、正確な削る位置と量を判断しております。



3. シャープで理想的なフェイスライン

アゴ骨切り


他院にて行われる一般的な頬骨形成は余分な部分のみ切ったり、削るのみの方法が行われており、それでは頬骨に段差が出来ることや、不自然な仕上がりとなるだけでなく、理想とする術後の変化はあまりありません。

ヴェリテクリニックでは、滑らかで整ったフェイスラインとするために、骨切りした部分の境目や頬骨本来のアーチを滑らかに整えることで、不自然な凹凸や段差をなくし、フェイスラインを総合的に考えて手術を行うことで、術後の大きな変化を得ることが出来ます。



術式

口腔内の粘膜ともみあげ部分を切開し、骨切りデザインに沿って頬骨の頬骨弓(きょうこつきゅう)といわれる部分の前面・側面・斜面にかけて余分な部分をカットして内側へ移動させ、削りを加えます。 その後チタンプレートやワイヤーで固定します。


この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール
line@友だち追加