初めての方銀座院 0120-883-250
診察券をお持ちの方銀座院 03-6887-8210
メールでのお問い合わせ
初めての方名古屋院 0120-451-170
診察券をお持ちの方名古屋院 052-581-2224
メールでのお問い合わせ
初めての方大阪院 0120-121-051
診察券をお持ちの方大阪院 06-6347-1031
メールでのお問い合わせ

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

施術のご案内

  • 目元
    二重
  • 輪郭
    小顔
  • 口元
  • バスト
    豊胸
  • 痩身
    脂肪吸引
  • エイジング
    ケア
  • 美肌
    レーザー治療
  • 注入
  • プチ
    整形
  • 医療
    脱毛
  • 毛髪
    再生
  • コスメ
    サプリ

目元・二重

  • 手術の詳細
  • 症例写真集
  • 術後経過写真
  • Q&A

涙袋形成

詳細

下まぶたにヒアルロン酸やプロテーゼを挿入し、ふっくらとした涙袋を形成する方法です。
目元に立体感が生まれ、目元が微笑んでいるような、柔らかく愛くるしい印象になります。
目が大きく見える効果もあるため大変人気の施術です。

このような方に適しています

・目元に立体感が欲しい方
・可愛らしい印象にしたい方
・女性らしい優しい印象にしたい方

ヴェリテクリニックの特徴

1. デザインの重要性

ヴェリテクリニックでは、患者様のご希望を実現するために、様々なデザインや術式がございます。事前にシミュレーションなどを行い、患者様と術後の仕上がりを確認し、それを基に適した術式や手技を決定致します。そのため、おひとりおひとりの細かいご要望やこだわりを実現致します。

2. 医師の技術力

ヴェリテクリニックの医師は、高度な医療技術が要求される美容外科医・形成外科医を指導してきた医師で構成されており、日本美容外科学会から専門医として認定されております。正しい知識と優れた技術力、経験豊富の医師が担当致しますので、ご安心下さい。



術式

施術方法はヒアルロン酸注入、プロテーゼ挿入、脂肪注入、自家組織移植があります。

1.ヒアルロン酸注入

下まつ毛の際に沿って、非常に細い針を使いヒアルロン酸を両目0.2CC注入していきます。
ダウンタイムもなく施術時間も5分程のためお気軽に受けられる治療です。
注入は鏡をご覧頂ながら行い、ご希望の大きさや太さになるように注入量を調節いたします。

目元のヒアルロン酸は、他の部位に比べ吸収されにくいためほとんどの方が1年以上持続します。
注入後に溶かしたいという時でも、簡単に溶かすことが可能です。
※当院では仕上がりの調整を行いやすいことから、ヒアルロン酸注入を最優先に行なっております。



2.涙袋プロテーゼ挿入

涙袋プロテーゼは2014年から韓国で発売されている涙袋用のソフトシリコンプロテーゼを用いる新しい手術方法です。
新しい手術法のため長期経過は明らかになっていませんが、くっきりした涙袋が出やすく、永久的な効果が期待できます。
下まつ毛の際の皮膚を目頭側と目尻側の2ヵ所を5~10mm切開しプロテーゼを挿入し、ずれないように皮膚の上から糸で固定します。


3.脂肪注入

お腹から脂肪吸引で採取した脂肪を、下まぶたのまつ毛の際に注入します。
脂肪の正着率は注入時の約半分程となり、正着した脂肪は半永久的になくなることはありません。
ヒアルロン酸に比べ、周りの組織に染み込んでいくことがありませんので、くっきりしとした涙袋を作ることができます。
脂肪注入
非常に少ない量の脂肪を均等に注入するのが難しく、デコボコした形になる可能性があり、最終的な仕上がりを予測することはできません。脂肪注入で作った涙袋を取り除くには、切開の手術が必要になります。



4.自家組織移植

下まぶたの筋肉を目尻の部分で引っ張り、同時に下まぶたの目袋の脂肪を切除することで涙袋を強調させる手術があります。
下まつ毛の際部分の皮膚と筋肉の中に、ご自分の筋膜や脂肪を移植するといった方法を合わせて行うと、涙袋を作る効果が高くなります。
仕上がる大きさや形の微調整が難しいのが難点です。余った皮膚も切除しますので、1週間糸がついています。
自家組織

涙袋形成の症例写真

涙袋形成術 症例写真1

涙袋
before
涙袋
after

涙袋形成術 症例写真2

涙袋
before
after

涙袋形成術 症例写真3

涙袋
before
涙袋
after

涙袋形成 写真で見る術後経過

涙袋形成術 手術前

涙袋

涙袋形成術 手術直後

涙袋
ヒアルロン酸注入は処置部分に麻酔(麻酔テープ等)をした後、鏡をご覧いただきながらご希望の大きさ、太さに調整して注入します。

涙袋形成術 術後1週間

涙袋


グラマラスライン形成術+涙袋形成術 写真で見る術後経過

グラマラスライン形成術+涙袋形成術 手術前

涙袋

グラマラスライン形成術+涙袋形成術 手術直後

涙袋
ヒアルロン酸注入は処置部分に麻酔(麻酔テープ等)をした後、鏡をご覧いただきながらご希望の大きさ、太さに調整して注入します。

グラマラスライン形成術+涙袋形成術 術後1週間

涙袋

涙袋形成 よくある質問

涙袋形成は痛いですか?
痛みを感じることはほとんどありません。
涙袋ヒアルロン酸注入の際には、注入箇所に麻酔クリームや麻酔テープを貼ってから注入するため、注入時の痛みはほとんど感じません。
手術での涙袋形成の場合、静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔を使用するため手術中痛みを感じることはありません。
涙袋形成のダウンタイムはどのくらいですか?
個人差ありますが、1週間程度です。
個人差はありますが、ヒアルロン酸注入の場合、多少の腫れが数日程度で1週間程で馴染み完成となります。
手術での涙袋形成の場合は、腫れやむくみは1~2週間程度で落ちついてきます。
内出血が出た場合1~2週間程で消失しますが、その間お化粧でカバー頂けます。
涙袋ヒアルロン酸はどのくらい持続しますか?
ヒアルロン酸は1年以上、手術の場合半永久的の効果です。
効果の持続には個人差もありますが、ヒアルロン酸注入であれば約1年は十分に効果が持続し、その後2~3年かけて徐々に吸収されていきます。膨らみの減りを感じたら、再度注入頂けます。 手術による涙袋形成の効果は半永久的となります。 但し、年齢を重ねてたるみが出てくると、涙袋を形成することで老けて見える場合もありますので注意が必要です。

ドクターOPE詳細 関連記事



 

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

  • ヒアルロン酸注入


  • 美容整形・目元・涙袋形成ならヴェリテクリニック
    女性の患者様だけでなく、男性の患者様のご相談や整形手術も増えています。 ヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。現在も多くの医師がヴェリテクリニックの医師の施術を学んでおり、手術指導を行なっております。