このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。


美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  目元・二重 >  下眼瞼切開術


下眼瞼切開術

詳細

加齢とともに、下まぶた「しわ」「たるみ」「クマ」などが目立つようになります。
下眼瞼切開術とは、下まぶたのたるみやシワに対し、目袋やクマを浅くすることによりバランスのとれたハリのある目元を作る手術です。

このような方に向いています

・目の下のシワやたるみが気になる方
・目袋が気になる方
・老けた印象を変えたい方
・ハリのある印象にしたい方

ヴェリテクリニックの特徴

ヴェリテが行う下眼瞼切開

下眼瞼切開術では、たるんだ皮膚を切除しシワやたるみを引き延ばすだけでなく、同時に緩んだ筋肉も引き上げて、下まぶたをしっかり引き上げます。皮膚と筋肉を同時に引き上げるため、目の奥の脂肪をしっかりと押さえ込み、単に脂肪を除去するだけでなく、下まぶたの溝目に脂肪を移動することにより、クマの原因になる凹みを浅くします。




術式

下まつ毛の際に沿って皮膚を切開し、たるんだ皮膚を切り取り、ゆるんだ眼輪筋という筋肉を引き上げ脂肪を取ります。
傷痕は下まつ毛の際のためほとんど目立つことはありません。


下まぶたがたるむ原因

加齢と共に老化が進み、皮膚が伸びて垂れ下がり、シワができます。
皮膚と眼輪筋という筋肉がゆるむため、目の奥の脂肪がはみ出してきて目袋が膨らみます。
頬の肉がやせて垂れ下がるため、下まぶたの下が溝のように凹んで目の下のクマができます。

下眼瞼切開の修正手術について

過去に下まぶたの皮膚を切除したが、たるみが取れなかった。
あるいは、脂肪を取ってもらったらよけいに目の下のクマが深くなった。ということで、修正を希望される患者様もいらっしゃいます。



皮膚を切除するだけでは、膨らんだ目袋を平らにすることはできず、脂肪を切除しても目の下のへこみや痩せた頬は改善されません。
下眼瞼切開術では、ゆるんだ皮膚を切除してシワを引き延ばすだけでなく、眼輪筋という筋肉も引き上げ下まぶたに張りを取り戻します。 皮膚と眼輪筋を同時に引き上げることで、目の奥の脂肪をしっかりと押さえ込むことができます。
また、まぶたの脂肪は切除するのではなく、クマの原因となる下まぶたの溝部分に移動してへこみを浅くすることに役立てます。



福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

line@友だち追加
Twitter