初めての方銀座院 0120-883-250
診察券をお持ちの方銀座院 03-6887-8210
メールでのお問い合わせ
初めての方名古屋院 0120-451-170
診察券をお持ちの方名古屋院 052-581-2224
メールでのお問い合わせ
初めての方大阪院 0120-121-051
診察券をお持ちの方大阪院 06-6347-1031
メールでのお問い合わせ

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

施術のご案内

  • 目元
    二重
  • 輪郭
    小顔
  • 口元
  • バスト
    豊胸
  • 痩身
    脂肪吸引
  • エイジング
    ケア
  • 美肌
    レーザー治療
  • 注入
  • プチ
    整形
  • 医療
    脱毛
  • 毛髪
    再生
  • コスメ
    サプリ

目元・二重

  • 手術の詳細
  • 症例写真集
  • 術後経過写真
  • Q&A

下眼瞼切開術

詳細

加齢とともに、下まぶた「しわ」「たるみ」「クマ」などが目立つようになります。
下眼瞼切開術とは、下まぶたのたるみやシワを改善し、目袋やクマを浅くすることによりバランスののとれたハリのある若々しい目元を作る手術です。

このような方に向いています

・目の下のシワやたるみが気になる方
・目袋が気になる方
・老けた印象を改善したい方
・ハリのある若々しい印象にしたい方

ヴェリテクリニックの特徴

1. ヴェリテ式下眼瞼切開

ヴェリテクリニック式の下眼瞼切開術では、たるんだ皮膚を切除しシワやたるみを引き延ばすだけでなく、同時に緩んだ筋肉も引き上げて、下まぶたをしっかり引き上げます。皮膚と筋肉を同時に引き上げるため、目の奥の脂肪をしっかりと押さえ込み、単に脂肪を除去するだけでなく、下まぶたの溝目に脂肪を移動することにより、クマの原因になる凹みを浅くします。




2. デザインの重要性

ヴェリテクリニックでは、患者様のご希望に沿うよう、様々なデザインのパターンがございます。事前にシミュレーションなどを行い、患者様と術後の仕上がりを確認し、それを基に正しい術式や手技を決定します。そのため、おひとりおひとりの細かいご要望やこだわりを実現致します。

3. 医師の技術力

ヴェリテクリニックの医師は、高度な医療技術が要求される美容外科医・形成外科医を指導してきた医師で構成されており、日本美容外科学会から専門医として認定されております。正しい知識と優れた技術力、経験豊富の医師が担当致しますので、ご安心下さい。



術式

下まつ毛の際に沿って皮膚を切開し、たるんだ皮膚を切り取り、ゆるんだ眼輪筋という筋肉を引き上げ脂肪を取ります。
傷痕は下まつ毛の際のためほとんど目立つことはありません。


下まぶたがたるむ原因

加齢と共に老化が進み、皮膚が伸びて垂れ下がり、シワができます。
皮膚と眼輪筋という筋肉がゆるむため、目の奥の脂肪がはみ出してきて目袋が膨らみます。
頬の肉がやせて垂れ下がるため、下まぶたの下が溝のように凹んで目の下のクマができます。

下眼瞼切開の修正手術について

過去に下まぶたの皮膚を切除したが、たるみが取れなかった。
あるいは、脂肪を取ってもらったらよけいに目の下のクマが深くなった。ということで、修正を希望される患者様もいらっしゃいます。



皮膚を切除するだけでは、膨らんだ目袋を平らにすることはできず、脂肪を切除しても目の下のへこみや痩せた頬は改善されません。
ヴェリテクリニック式の下眼瞼切開術では、ゆるんだ皮膚を切除してシワを引き延ばすだけでなく、眼輪筋という筋肉も引き上げ下まぶたに張りを取り戻します。 皮膚と眼輪筋を同時に引き上げることで、目の奥の脂肪をしっかりと押さえ込むことができます。
また、まぶたの脂肪は切除するのではなく、クマの原因となる下まぶたの溝部分に移動してへこみを浅くすることに役立てます。



症例写真

症例番号:下眼瞼切開-001

症例番号:全切開-008 下眼瞼切開-002

症例番号:下眼瞼切開-004

before
after

*症例写真について: 効果につきましては、個人差がございますのであらかじめご了承ください。

下眼瞼切開 術後経過

下眼瞼切開術 手術前



下眼瞼切開術 手術1日後



下眼瞼切開術 手術2日後



下眼瞼切開術 手術1週間後



下眼瞼切開術 手術1ヵ月後



*症例写真について: 効果につきましては、個人差がございますのであらかじめご了承ください。

下眼瞼切開術 よくある質問

使用する麻酔は?手術は痛いですか?
手術中痛みを感じることはありません。
手技が細かく手術時間を要するため、患者様のご負担と安全性を確保するため静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔を使用致します。
術中の意識はないため痛みを伴うことはありません。
下眼瞼切開のダウンタイムはどのくらいですか?
個人差ありますが、1週間~2週間ほどです。
個人差はありますが、強い腫れやむくみのピークは3日程度下まぶたや目の周辺に出る可能性があります。
白目に腫れが出た場合、白目を覆っている膜がゼリー状に膨らむことがありますが、通常1~2 週間程で落ち着いてきます。
内出血が出た場合も1~2週間程で消失しますが、その間お化粧でカバー頂けます。
下眼瞼切開の術後、またたるみますか?
手術後のたるみは出にくくなります。
手術後からまた加齢が始まるため、その分のたるみは出ることがありますが、余分な皮膚や脂肪を除去することでたるみが起きにくい状態になるため、手術後のたるみは出にくくなります。
下眼瞼切開は今後の老化予防としてもお勧めの手術です。
下眼瞼切開の傷は目立ちますか?
目立たなくなります。
下まつ毛の生え際ぎりぎりに傷が出来ますが、ほとんど目立たなくなります。
術後すぐは切開線の赤みなど気になるかもしれませんが、その間はお化粧で十分カバー頂けます。
時間の経過とともに下まぶたのラインと同化していくため、目立つ傷にはなりませんのでご安心下さい。
下眼瞼切開後、アカンベーのような感じになる事はないですか?
経験豊富な医師が患者様の状態に合わせて適正に手術を行いますのでご安心下さい。
下まぶたの皮膚を取りすぎると、アカンベーのような状態になることがあるため、術前のデザインはもちろんのこと、
経験豊富な医師が適切な手術をすることが重要です。
当院では経験豊富な医師が患者様の状態に合わせて適正に手術を行いますのでご安心下さい。

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

  • ヒアルロン酸
  • 水光注射
  • ボトックス

  • 美容整形・目元・下眼瞼切開ならヴェリテクリニック
    女性の患者様だけでなく、男性の患者様のご相談や整形手術も増えています。 ヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。 現在も多くの医師がヴェリテクリニックの医師の施術を学んでおり、手術指導を行なっております。
line@友だち追加