このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

MENU

ホーム >  目元・二重 >  まつ毛上切開重瞼術


まつ毛上切開重瞼術

傷跡がほんとんど目立たない重瞼術です。
同じキズ口から上瞼の脱脂・ROOF 切除・眼瞼下垂の手術を行うこともできます。
皮膚の裏側と筋膜(腱膜)に癒着を作りますので、二重ラインは埋没法よりも長持ちします。
しかし、傷口を癒着させる従来の切開法よりは、ラインが消える可能性が高くなります。

通常の切開をして二重を作る手術は、予定する二重のラインに沿って皮膚を切開して、傷口をまぶたの筋膜(腱膜)に縫い付けます。
二重ラインに一致した傷跡が目を閉じた時に凹んで目立つことがあります。
睫毛上切開重瞼術はまつ毛の直ぐ上の皮膚を切開し、そこから瞼の筋膜を切開します。
必要なら、腫れぼったさの原因となっている瞼の脂肪(眼窩脂肪)や、まゆ毛付近の皮下脂肪(ROOF)を切除します。
二重ラインは皮膚の裏側から糸を通して筋膜(腱膜)に縫い付ける、あるいは埋没法と同じように糸を通して皮膚と筋膜(腱膜)を癒着させて作ります。
そのため、睫毛上の傷跡はほとんど目立たなくなり、目を閉じた時に傷跡が凹んで目立つことはありません。
同じキズ口から上瞼の脱脂・ROOF 切除・眼瞼下垂の手術を行うことができます。

まつ毛上切開重瞼術

まつ毛上切開重瞼術

まつ毛上切開重瞼術



従来の切開式重瞼術

従来の切開式重瞼術

従来の切開式重瞼術

従来の切開式重瞼術

福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール

よくある質問


麻酔はどのようなものでしょうか?
各種が使用可能です。
局所麻酔、笑気麻酔、静脈麻酔+ラリンゲルマスク、全身麻酔が可能ですので、ご相談させて頂きます。
ダウンタイムはどのくらいですか?
7日~10日程度です。
個人差はありますが、大まかな腫れやむくみは7日~10日程度で、朝晩にムクミを感じたり目やにが増えたりします。内出血や感染症になった場合、腫れが長引く事があります。
メイクはいつからできますか?
目以外でしたら翌日から可能です。
アイメイクは抜糸の翌日から、その他の部分は手術の翌日から可能です。
コンタクトレンズはいつから付けれますか?
当日から可能です。
ですが、ゴロゴロと違和感があるときは中止して下さい。
落ち着くまでの期間(完成)はどれぐらいですか?
約3~6 ヶ月となります。
約3~6 ヶ月となります。
加齢による変化はありますか?
ございます。
手術後も、タルミによって二重幅が狭くなるなど、加齢による変化は引き続き起こります。