このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。


美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  目元・二重 >  眼瞼下垂


眼瞼下垂

目を開ける筋肉を縫い縮め、目力を上げると同時に二重形成を行う手術です。
目力が上がり黒目がはっきりと出ることにより、ぱっちりとした大きな目、活き活きとした華やかな印象に仕上がります。
また、眼瞼下垂が原因での肩こりには有効な手術でもあります。
手術中に仮留めを行い、二重の幅や形、目の開き具合を患者様ご自身で確認頂けます。
確認後、細かいデザインのご指摘やご要望の際には、ご希望に沿えるまで微調整を繰り返し行うことで、ご希望通りに仕上がります。

眼瞼下垂

生まれつきのもの、コンタクトレンズによるもの、老化によるものが主な原因です。
眉毛を挙げる癖がある場合、まつ毛と眉毛の距離が広くなり、目の上がくぼんで見え年齢以上に老けて見えてしまします。
また、常におでこの筋肉が緊張しているため、頭痛や肩こりの原因にもなります。これらの症状は眼瞼下垂の手術で緩和します。
まぶたが開きやすくなり、おでこの筋肉を使わなくなるのでしわが減り眉毛の位置が下がります。
まぶたのくぼみも変化し、老けた印象が若々しい印象に変わります。

眼瞼下垂

術前はまぶたが下がっていて黒目が半分ぐらいしか出ていません。

眼瞼下垂

1.切開のデザインを決めます。

眼瞼下垂

2.皮膚のたるみの多い患者様は切除します。

眼瞼下垂

3.脂肪の多い患者様は脂肪を切除します

眼瞼下垂

4.まぶたを持ち上げる筋肉の先端部分に白い腱膜がついています。

眼瞼下垂

5.筋肉を引っ張り出して瞼板に縫い付け、目の開きを改善させます。

眼瞼下垂

6.黒目がしっかり出るように目の開き具合を確認して調整します。

眼瞼下垂

7.余った腱膜を切除します。

眼瞼下垂

8.皮膚を縫合します。

眼瞼下垂

9.まぶたが軽くなりました。

【皮膚のたるみタイプの治療法】
美容外科で眼瞼下垂の手術と呼ばれる方法ではなく、埋没法か全切開、上眼瞼リフト、ブローリフト、前額リフトがおすすめです。

【筋肉が弱っているタイプの治療法】
まぶたを持ち上げる筋肉の力が弱いので筋膜移植術、ゴアテックス埋め込みによって目を開ける手術をおすすめします。

【筋肉とまぶたの連結がゆるんだタイプの治療法】
このタイプの方が腱膜性眼瞼下垂と呼ばれ、眼瞼下垂、埋没式眼瞼下垂術の手術ががおすすめです。

ヴェリテクリニックでは切らない眼瞼下垂「埋没式眼瞼下垂術」の手術があります。
まぶたの裏側の結膜と筋肉を糸で縫い縮めることで目力を大きくする手術です。
切開法での眼瞼下垂に比べ、術後の変化が小さく後戻りも起こりやすいという欠点がありますが、プチ整形であるという点で美容外科に適しています。
二重形成は出来ないため、二重幅を希望の場合には埋没法や切開法で二重形成を行うことをおすすめします。

埋没式眼瞼下垂術と眼瞼下垂の違い
埋没式眼瞼下垂術は、切開する眼瞼下垂の手術に比べると、目の開きを大きくする効果がやや弱く術後の後戻りも起こりやすいという欠点があります。
埋没式眼瞼下垂術では、二重幅を変えることは出来ません。切開法の眼瞼下垂は同時に二重を作ることができます。

保険治療での眼瞼下垂手術
日常生活に支障をきたす程の重度の症状の場合、形成外科や一部の眼科にて保険適応で手術を行うことが出来ます。
その場合の治療費は、片目で7万2千円で、この料金の7~8割は保険でカバーされます。
しかし、美容目的での手術ではないこともあり、見た目や切開線などの仕上がりに美容的観点は重視されないため、術後に修正手術を希望される方が少なくないのも現状です。

美容外科での眼瞼下垂
美容目的で手術を行う場合、病気を治療するわけではありませんので、保険適用外となり全額自己負担となります。
その分美容目的の手術となるため、目の開きの大きさや開いた時の形、二重の幅や形など患者様の細かい要望や希望を伺い行えます。
ミリ単位での調整が必要となるため、医師の技術や経験が要求される手術のためクリニック選びは重要です。

福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール
line@友だち追加
Twitter