初めての方銀座院 0120-883-250
診察券をお持ちの方銀座院 03-6887-8210
メールでのお問い合わせ
初めての方名古屋院 0120-451-170
診察券をお持ちの方名古屋院 052-581-2224
メールでのお問い合わせ
初めての方大阪院 0120-121-051
診察券をお持ちの方大阪院 06-6347-1031
メールでのお問い合わせ

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

施術のご案内

  • 目元
    二重
  • 輪郭
    小顔
  • 口元
  • バスト
    豊胸
  • 痩身
    脂肪吸引
  • エイジング
    ケア
  • 美肌
    レーザー治療
  • 注入
  • プチ
    整形
  • 医療
    脱毛
  • 毛髪
    再生
  • コスメ
    サプリ

目元・二重

  • 手術の詳細
  • 症例写真集
  • 術後経過写真
  • Q&A

眼瞼下垂

詳細

目を開ける筋肉を縫い縮め、目力を上げると同時に二重形成を行う手術です。
目力が上がり黒目がはっきりと出ることにより、ぱっちりとした大きな目、活き活きとした華やかな印象に仕上がります。
また、眼瞼下垂が原因での肩こりには有効な手術でもあります。

このような方に向いています

・目を大きくしたい方
・ぱっちりした二重を希望の方
・頭痛や肩こりを解消したい方
・若々しい華やかな印象にしたい方
・眠たそう、不機嫌そうな印象を改善したい方

ヴェリテクリニックの特徴

1. デザインの重要性

ヴェリテクリニックでは、患者様のご希望を実現するために、様々なデザインや術式がございます。 事前にシミュレーションなどを行い、患者様と術後の仕上がりを確認し、それを基に適した術式や手技を決定致します。そのため、おひとりおひとりの細かいご要望やこだわりを実現致します。

2. 術中のデザイン確認

手術中に仮留めを行い、二重の幅や形、目の開き具合を患者様ご自身で確認頂けます。確認後、細かいデザインのご指摘やご要望の際には、ご希望に沿えるまで微調整を繰り返し行うことで、ご希望通りに仕上がります。

3. 医師の技術力

ヴェリテクリニックの医師は、高度な医療技術が要求される美容外科医・形成外科医を指導してきた医師で構成されており、日本美容外科学会から専門医として認定されております。正しい知識と優れた技術力、経験豊富の医師が担当致しますので、ご安心下さい。

医師紹介 詳しくはこちら



術式

眼瞼下垂
眼瞼下垂
眼瞼下垂


眼瞼下垂の原因・症状の特徴

眼瞼下垂の原因

生まれつきのもの、コンタクトレンズによるもの、老化によるものが主な原因です。

眼瞼下垂の症状の特徴

眉毛を挙げる癖がある場合、まつ毛と眉毛の距離が広くなり、目の上がくぼんで見え年齢以上に老けて見えてしまします。また、常におでこの筋肉が緊張しているため、頭痛や肩こりの原因にもなります。これらの症状は眼瞼下垂の手術で改善します。
まぶたが開きやすくなり、おでこの筋肉を使わなくなるのでしわが減り眉毛の位置が下がります。
まぶたのくぼみも改善し、老けた印象が若々しい印象に変わります。


眼瞼下垂のタイプと治療法

1. 皮膚のたるみタイプ

眼瞼下垂


このタイプの方には、美容外科で眼瞼下垂の手術と呼ばれる方法ではなく、埋没法か全切開、上眼瞼リフト、ブローリフト、前額リフトがおすすめです。



2. 筋肉が弱っているタイプの治療法

眼瞼下垂


こちらのタイプの方は、まぶたを持ち上げる筋肉の力が弱いので筋膜移植術、ゴアテックス埋め込みによって目を開ける手術をおすすめします。



3. 筋肉とまぶたの連結がゆるんだタイプ

眼瞼下垂


こちらのタイプの方が腱膜性眼瞼下垂と呼ばれ眼瞼下垂、目力アップクイックの手術ががおすすめです。



切らない眼瞼下垂術

切らない眼瞼下垂手術とは?

ヴェリテクリニックでは切らないる眼瞼下垂「目力アップクイック法」の手術があります。
まぶたの裏側の結膜と筋肉を糸で縫い縮めることで目力を大きくする手術です。
切開法での眼瞼下垂に比べ、術後の効果が小さく後戻りも起こりやすいという欠点がありますが、ダウンタイムもほとんどなくプチ整形であるという点で美容外科に適しています。
二重形成は出来ないため、二重幅を希望の場合には埋没法や切開法で二重形成を行うことをおすすめします。

目力アップクイックと眼瞼下垂の違い

【効果】
目力アップクイックは眼瞼下垂の手術に比べると、目の開きを大きくする効果がやや弱く術後の後戻りも起こりやすいという欠点があります。

【ダウンタイム】
目力アップクイックはメスを使用しないプチ整形です。ダウンタイムがほとんど無い点で美容外科に適しています。

【二重】
目力アップクイックでは、二重幅を変えることは出来ません。切開法の眼瞼下垂は同時に二重を作ることができます。



眼瞼下垂の治療はどこで受ける?

1. 保険治療での眼瞼下垂手術

日常生活に支障をきたす程の重度の症状の場合、形成外科や一部の眼科にて保険適応で手術を行うことが出来ます。
その場合の治療費は、片目で7万2千円で、この料金の7~8割は保険でカバーされます。
しかし、美容目的での手術ではないこともあり、見た目や切開線などの仕上がりに美容的観点は重視されないため、術後に修正手術を希望される方が少なくないのも現状です。

2. 美容外科での眼瞼下垂

美容目的で手術を行う場合、病気を治療するわけではありませんので、保険適用外となり全額自己負担となります。
その分美容目的の手術となるため、目の開きの大きさや開いた時の形、二重の幅や形など患者様の細かい要望や希望に応えることが可能です。
ミリ単位での調整が必要となるため、医師の技術や経験が要求される手術のためクリニック選びは重要です。

眼瞼下垂の症例写真集

症例写真1 眼瞼下垂 切開式

before
after

症例写真2 眼瞼下垂 切開式

before
after

症例写真3 眼瞼下垂+上眼瞼脂肪移植

before
after

症例写真4 切らない眼瞼下垂 目力アップクイック法

before
after

症例写真5 生まれつき右目が下垂 筋膜移植またはゴアテックス埋め込み

before
after

症例写真6 眼瞼下垂他院修正
before
after

眼瞼下垂の術後経過

眼瞼下垂 手術前


【麻酔】
上まぶたの切開線に沿って、細い針を使って局所麻酔液を注射します。
麻酔や手術に抵抗がある場合は、注射の前に麻酔クリームを塗って30分から1時間ほど待って頂くか、笑気ガス麻酔や静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔で眠っていただいている間に手術をすることも可能です。

眼瞼下垂 手術翌日


手術後数日間はまぶたが腫れて目の開きも重たく感じます。
目元を冷やして頂くと、腫れを抑えることができます。
術後3日目から創部をぬらして洗顔することができます。

眼瞼下垂 1週間後(抜糸後)


皮膚を縫合した糸は術後5~7日目に抜糸します。
(状態により術後3日目に一部抜糸がある場合もあります)
抜糸の頃には腫れは落ち着いていますが、二重幅が予定より広く感じることがあります。
内出血が起きることがありますが、紫の色は1~2週間で消えます。
抜糸の翌日からアイメークは可能です。

眼瞼下垂 2週間後


眼瞼下垂 2ヵ月後


眼瞼下垂 3ヵ月後


眼瞼下垂 よくある質問

眼瞼下垂の手術は同時に二重も出来ますか?
眼瞼下垂手術は二重形成と目力を上げる手術が1つになった手術です。
眼瞼下垂の手術は二重形成と目力を上げることが同時に行える手術です。
目力が上がる分二重の幅は狭くなる傾向がありますが、同時に二重も作れるため二重幅の調整も可能です。
カウンセリング時にご希望の二重幅をお伝え下さい。
眼瞼下垂の術後は元に戻る事はないですか?
適正な手術を行えば元に戻ることはまずありません。
術後、老化現象によりまぶたを開ける筋肉が多少緩むはことはありますが、眼瞼下垂の手術をされていると非常に起こりにくくなります。
眼瞼下垂の症状は悪化することもあるので、症状がある方は早いうちに眼瞼下垂の手術で改善することをおすすめします。
眼瞼下垂は目が開きすぎたり、びっくり目になりませんか?
術中に開き具合の確認が出来ますのでご安心下さい。
手術前にしっかりカウンセリングをさせていただき、ご希望ご要望をお伺いしましてデザインを行います。
術中にもご自身で目の開き具合を確認して頂けますので、開きすぎたり開きが足りないということはありませのでご安心下さい。
二重切開の傷は目立ちますか?
傷痕は目立つことはありません。
術後間もない間は二重ライン上の切開線に赤みが生じますが、数ヶ月かけて白っぽい線へと変化するとともに、
切開線が二重のラインになるため最終的にはほとんどわからなくなります。
当院では丁寧に縫合を行うため、術後の傷痕は目立つことはありません。
切開法のダウンタイムはどのくらいですか?
大まかな腫れやむくみは1週間程です。
個人差はありますが、大まかな腫れやむくみ1週間程度です。
希望される二重幅によっては腫れやむくみが長引くこともありますが、時間の経過と共に落ち着いてきます。
他院で行った眼瞼下垂手術の修正は出来ますか?
状態などによって修正が難しい場合もあります。
ヴェリテクリニックでは大変多くの修正手術を行っておりまります。
すでに手術をされている場合、ご状態によっては修正が難しい可能性もございますので、まずはご状態を見せて頂き適切な判断をさせて頂きます。
眼瞼下垂の手術は保険が適用されると聞いたんですが?
美容外科での眼瞼下垂手術は保険適応にはなりません。
日常生活に支障をきたす程の重度の症状の場合、形成外科や一部の眼科にて保険適応で手術を行うことが出来ますが、
美容目的での手術ではないため美容的観点は重視されません。
そのため、希望されるような綺麗な仕上がりにはならず、術後に修正手術を行うことが少なくないのも現状です。
美容外科での眼瞼下垂は美容的観点を重視して行うため、仕上がりはとても綺麗で傷痕もほとんど分かりません。

ドクターOPE詳細 関連記事



この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

  • 埋没法
  • 小切開
  • 全切開
  • 目力アップクイック


  • 二重まぶた・眼瞼下垂・美容整形ならヴェリテクリニック
    女性の患者様だけでなく、男性の患者様の眼瞼下垂のご相談や整形手術も増えています。 ヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。 現在も多くの医師がヴェリテクリニックの医師の施術を学んでおり、手術指導を行なっております。