このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

MENU

目尻切開術

目尻切開術は、まぶたの目尻部分を切開することにより、横長の目元を作る手術です。
白目の幅が広がり、目が大きくなります。平均で1mmから3mm、多い人で5mm程広げることが出来ます。
横方向への拡大効果は、目尻裏側に隠れている白目の量により異なります。
同時に目尻が下がる効果もあります。

目尻切開

・目を大きくしたい方
・目の横幅を広げたい方
・切れ長の目にしたい方
・目元を優しい印象にした方

目尻切開術

1.白目が隠れている目尻を斜め外方向に切開します。

目尻切開術

2.まつ毛の下の部分の皮膚のみを三角形に切り取ります。

目尻切開術

3.目の下にある瞼板(硬い組織)を引っ張り骨膜に縫い付けます。せっかく目尻を広げても、固定しなかったり、柔らかいところに縫い付けてしまうと、デザインした形がキープできません。

目尻切開術

4.下まつ毛を外方向へ引っ張り、三角形に切り取った皮膚の部分を下へ移動して縫い付けます。

目尻切開術

5.目尻が伸びると、外側のまぶたは縦方向にも多少広がります。特に下まぶたの外側が下がる影響が強いため、下まぶたのラインが穏やかになり、さらに白目が大きく見えるようになります。

全ての人に効果があるわけではありません
目尻の皮膚を外側に引っ張ってすぐにピンク色の結膜が見える方は目尻切開には向いていません。
正面を見ながら目尻の皮膚を外側に引っ張り、ピンクの結膜が露出する手前まで目尻を広げます。
隠れている白目の量は多い人で5㎜、平均的には1㎜から3㎜程度広げることが出来ます。
1㎜程度しか隠れていない方は目尻切開の効果はほとんどありません。
また、切開しすぎると目尻のピンクの結膜が露出して不自然な目になるため注意が必要です。
目尻切開後の目尻部分にはまつ毛がありませんので、メイクでカバー頂くと目尻を外に伸ばした効果が倍増します。

たれ目にする手術ではありません
目尻切開は外に向かって横幅が広がる手術です。下まぶたを下げるにはグラマラスラインの手術が効果的です。
目尻切開とグラマラスライン手術を併せて行うと下にも横にも広がりより目を大きく見せる効果があります。

福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール

ドクターOPE詳細 関連記事



この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。