このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  目元・二重 >  埋没式眼瞼下垂術


埋没式眼瞼下垂術

詳細

糸でまぶたの裏側の筋肉を縫い縮めることで目力を大きくする、切らない眼瞼下垂の手術です。
黒目がまぶたに隠れる、眠そうに見えるなどの眼瞼下垂の症状を緩和することで、 手術後は明るく華やかな印象になるだけでなく、頭痛や肩こり、全身の疲労感が緩和されます。

このような方に向いています

・手軽に目力をアップしたい方
・傷が残らない方法が希望の方
・メスを使う手術には抵抗がある方
・ダウンタイムが取れない方
・目の開きの左右差が気になる方

ヴェリテクリニックの特徴

術中のデザイン確認

手術中に仮留めを行い、目の開き具合を患者様ご自身で確認頂けます。確認後、細かいデザインのご指摘やご要望の際には、ご希望に沿えるまで微調整を繰り返すことで、ご希望通りに仕上がります。



術式

極細の糸を使用し、まぶた裏側の結膜とミュラー筋という筋肉を縫い縮め、結び目をミュラー筋の中に埋め込み瞼板に固定します。
ミュラー筋にはまぶたを持ち上げる働きがあるため、そのミュラー筋を縫い縮めることで目の開きを調整することが出来ます。

目力アップ
目力アップ


埋没式眼瞼下垂術と眼瞼下垂術の違いについて


埋没式眼瞼下垂術は、切開法の眼瞼下垂術に比べ、目の開きを大きくする効果がやや弱く、術後の後戻りも起こりやすい傾向があります。
埋没式眼瞼下垂術では、二重幅を調整することは出来ません。
目力が上がる分二重幅は狭くなるため、ご希望される二重幅によっては後日二重幅の手術が必要な場合もあります。切開法の眼瞼下垂術は同時にご希望の二重を作ることができます。


症例番号:目力up-001

併せて行った施術・その他費用

埋没式眼瞼下垂術
¥200,000+税
局所麻酔
無料

埋没式眼瞼下垂術のトラブル一覧


顔の雰囲気の変化

手術前に比べ、二重がくっきりする・目力が強くなる・眉毛と目の距離が近くなることでお顔の雰囲気が変わります。

対応
顔の雰囲気の変化は、眼瞼下垂を治療することで生じる自然な変化です。


目の開きが強すぎる

思ったより目の開きが大きくなり過ぎることがあります、手術前と同じように目を開いた時に、黒目の上の白目が見えて(上三白眼)ビックリしたような目になります。
3~6ヶ月経過しますと、強くなった目の開きを調整するようになり、上三白眼は目立たなくなります。

対応
時間とともに、たぐりよせられたまぶたの筋肉から糸がゆるみ、状態は緩和されていきますので、必ずしも急いで処置を行う必要はありません。強くなった目の開きを弱くしたいとご希望の場合は、まぶたの裏に埋め込んだ糸をさがして抜去させて頂きます。しかし、埋め込んだ糸が見つからないことがあることをご了承ください。
また、糸を取り除いても筋肉が固まって、目の開きが糸の抜去前と変わらない場合があります。どうしても手術前の状態に近づけたいと希望される場合は、まぶたの筋肉をカットして筋力を弱くする手術を行います。ただし、そのような手術を行っても、完全に手術前の状態に戻るとは限らないことをご理解下さい。


目の開きが弱い

目を開ける筋肉の筋力を強くすることはできません。筋力の弱い人では、パッチリと開かないことがあります。

対応
目の開きが弱いと感じ、より開きを大きくしたいと希望される場合、糸の埋め込みを追加することをご提案させて頂きます。
※目の開きは、目の裏から たぐり寄せられる筋肉の筋力により限界がありますので、再手術を行っても、必ずしも目の開きが大きくなるとは限らないことをご理解下さい。
※皮膚を切開して行う眼瞼下垂の修正術を受けて頂きますと、目力を更に強く出来る可能性があります。


目の開きの左右差

手術中に、左右が揃うように目の開きを調整します、手術中は局所麻酔の効果や腫れのため、目を開く力に左右差が生じているかもしれません。
その場合、術後に麻酔や腫れが消失すると目の開きに左右差が生じます。また、たぐり寄せられた筋肉がさけたり、糸が外れたりしますと左右差が生じます。

対応
目の開きの左右差の調整については、上記に準じます。


手術前の状態に戻る

たぐり寄せられた筋肉が裂けたり、糸が外れたりしますと、目力アップの効果がなくなります。

対応
手術前の状態に戻った場合は、再度手術を行わせて頂きます。


施術しても目の開きを大きくする効果が出ない

今までに切開法の手術を受けたことがある人では、瘢痕の影響で埋没式眼瞼下垂術を行なっても開きが大きくならない、または、かえって開きが悪くなる事があります。術前に予測することは難しく術中に判断することとなります。

対応
術中に効果が出ないと判断した場合は、手術を中止いたします。皮膚を切開して行う眼瞼下垂の修正術をおすすめ致します。


二重の幅の変化(元々が二重の方)

手術により目の開きが大きくなる、眉が下がる事によって、まぶたの被りが大きくなり、二重の方は、二重の幅が狭くなります。

対応
埋没式眼瞼下垂術は、目の裏側から目の開きを大きくする手術です。二重の幅を広くするには、埋没法や切開法による手術が必要となります。


二重ラインの消失(元々が二重の方)

腫れの影響で二重ラインが消失する、または浅くなり、まつ毛の上に皮膚がかぶさる事があります。腫れが落ち着くと従来の二重に戻ることがほとんどですが、稀に、腫れが消失しても戻らないことがあります。

対応
二重を作る手術(埋没法や小切開法や全切開法)をご提案いたします。


まぶたが閉じにくい

手術後、腫れや目の開きが良くなることにより、目が完全に閉じない時期があります。また、乾燥などにより角膜への障害が起きることがあります。

対応
お渡しする処方薬をご使用下さい。通常、3ヶ月程で症状は緩和されてきます。また、乾燥などにより角膜損傷の危険があると眼科医が診断した場合は、目の開きを弱くする処置を行わせて頂きます。


違和感

糸によって、目を開ける筋肉をたぐり寄せているため、引っ張られているような違和感がある場合があります。通常は、時間とともに馴染み、慣れていくケースがほとんどです。

対応
見た目や感覚的な違和感から、糸の抜去を希望される場合は抜糸をさせて頂きます。
※目の裏に埋め込んだ糸が見つからないことがあります。その場合は、糸の抜去は出来ないことをご了承ください。


視力の変化

目の開きが大きくなることで目のレンズが変化するため、近視・遠視・老眼などの方は、視力が変わることがあります。

対応
眼鏡やコンタクトを使用されている場合は、調整が必要となる可能性があります事をご了承ください。


感染(化膿すること)

赤み・腫れ・痛み・熱感が強くなる、または長く続く時は感染が疑われます。

対応
感染が起きた際は、埋没糸の抜去が必要となります。再固定は、まぶたの炎症が落ち着いた後に行いますことをご了承ください。


糸の露出

埋没した糸がまぶたの皮膚側や結膜側に出てくることがあります。そのままにしておくと、感染や傷跡の原因となります。また、裏側に出てきた糸は、眼球を傷つける危険性があります。

対応
埋没糸がまぶたから露出した場合、早急に埋没糸の抜去が必要となりますので、早めにご来院ください。その後ご希望であれば再固定させて頂きます。


血が溜まる

手術後に傷の中で出血すると、まぶたに血が溜まって紫色に腫れ上がります。そのままにしておくと感染やしこりを作る危険があります。

対応
血が溜まった場合、そのままにしておきますと感染やしこり形成の原因となります。出来るだけ早く処置する必要があります。まぶたの皮膚側か結膜側を切開して、溜まった血を排出します。


白目や角膜の損傷

大変稀なことですが、可能性は否定出来ません。手術中に、手術器具が当たる、あるいは糸やまつ毛の先端が当たって眼球の表面に傷がつくことがございます。

対応
白目や角膜の損傷が生じた例も報告されています。状態に応じた処置や対応をさせていただきます。


症例番号:目力up-002

併せて行った施術・その他費用

埋没式眼瞼下垂術
¥200,000+税
局所麻酔
無料

埋没式眼瞼下垂術のトラブル一覧


顔の雰囲気の変化

手術前に比べ、二重がくっきりする・目力が強くなる・眉毛と目の距離が近くなることでお顔の雰囲気が変わります。

対応
顔の雰囲気の変化は、眼瞼下垂を治療することで生じる自然な変化です。


目の開きが強すぎる

思ったより目の開きが大きくなり過ぎることがあります、手術前と同じように目を開いた時に、黒目の上の白目が見えて(上三白眼)ビックリしたような目になります。
3~6ヶ月経過しますと、強くなった目の開きを調整するようになり、上三白眼は目立たなくなります。

対応
時間とともに、たぐりよせられたまぶたの筋肉から糸がゆるみ、状態は緩和されていきますので、必ずしも急いで処置を行う必要はありません。強くなった目の開きを弱くしたいとご希望の場合は、まぶたの裏に埋め込んだ糸をさがして抜去させて頂きます。しかし、埋め込んだ糸が見つからないことがあることをご了承ください。
また、糸を取り除いても筋肉が固まって、目の開きが糸の抜去前と変わらない場合があります。どうしても手術前の状態に近づけたいと希望される場合は、まぶたの筋肉をカットして筋力を弱くする手術を行います。ただし、そのような手術を行っても、完全に手術前の状態に戻るとは限らないことをご理解下さい。


目の開きが弱い

目を開ける筋肉の筋力を強くすることはできません。筋力の弱い人では、パッチリと開かないことがあります。

対応
目の開きが弱いと感じ、より開きを大きくしたいと希望される場合、糸の埋め込みを追加することをご提案させて頂きます。
※目の開きは、目の裏から たぐり寄せられる筋肉の筋力により限界がありますので、再手術を行っても、必ずしも目の開きが大きくなるとは限らないことをご理解下さい。
※皮膚を切開して行う眼瞼下垂の修正術を受けて頂きますと、目力を更に強く出来る可能性があります。


目の開きの左右差

手術中に、左右が揃うように目の開きを調整します、手術中は局所麻酔の効果や腫れのため、目を開く力に左右差が生じているかもしれません。
その場合、術後に麻酔や腫れが消失すると目の開きに左右差が生じます。また、たぐり寄せられた筋肉がさけたり、糸が外れたりしますと左右差が生じます。

対応
目の開きの左右差の調整については、上記に準じます。


手術前の状態に戻る

たぐり寄せられた筋肉が裂けたり、糸が外れたりしますと、目力アップの効果がなくなります。

対応
手術前の状態に戻った場合は、再度手術を行わせて頂きます。


施術しても目の開きを大きくする効果が出ない

今までに切開法の手術を受けたことがある人では、瘢痕の影響で埋没式眼瞼下垂術を行なっても開きが大きくならない、または、かえって開きが悪くなる事があります。術前に予測することは難しく術中に判断することとなります。

対応
術中に効果が出ないと判断した場合は、手術を中止いたします。皮膚を切開して行う眼瞼下垂の修正術をおすすめ致します。


二重の幅の変化(元々が二重の方)

手術により目の開きが大きくなる、眉が下がる事によって、まぶたの被りが大きくなり、二重の方は、二重の幅が狭くなります。

対応
埋没式眼瞼下垂術は、目の裏側から目の開きを大きくする手術です。二重の幅を広くするには、埋没法や切開法による手術が必要となります。


二重ラインの消失(元々が二重の方)

腫れの影響で二重ラインが消失する、または浅くなり、まつ毛の上に皮膚がかぶさる事があります。腫れが落ち着くと従来の二重に戻ることがほとんどですが、稀に、腫れが消失しても戻らないことがあります。

対応
二重を作る手術(埋没法や小切開法や全切開法)をご提案いたします。


まぶたが閉じにくい

手術後、腫れや目の開きが良くなることにより、目が完全に閉じない時期があります。また、乾燥などにより角膜への障害が起きることがあります。

対応
お渡しする処方薬をご使用下さい。通常、3ヶ月程で症状は緩和されてきます。また、乾燥などにより角膜損傷の危険があると眼科医が診断した場合は、目の開きを弱くする処置を行わせて頂きます。


違和感

糸によって、目を開ける筋肉をたぐり寄せているため、引っ張られているような違和感がある場合があります。通常は、時間とともに馴染み、慣れていくケースがほとんどです。

対応
見た目や感覚的な違和感から、糸の抜去を希望される場合は抜糸をさせて頂きます。
※目の裏に埋め込んだ糸が見つからないことがあります。その場合は、糸の抜去は出来ないことをご了承ください。


視力の変化

目の開きが大きくなることで目のレンズが変化するため、近視・遠視・老眼などの方は、視力が変わることがあります。

対応
眼鏡やコンタクトを使用されている場合は、調整が必要となる可能性があります事をご了承ください。


感染(化膿すること)

赤み・腫れ・痛み・熱感が強くなる、または長く続く時は感染が疑われます。

対応
感染が起きた際は、埋没糸の抜去が必要となります。再固定は、まぶたの炎症が落ち着いた後に行いますことをご了承ください。


糸の露出

埋没した糸がまぶたの皮膚側や結膜側に出てくることがあります。そのままにしておくと、感染や傷跡の原因となります。また、裏側に出てきた糸は、眼球を傷つける危険性があります。

対応
埋没糸がまぶたから露出した場合、早急に埋没糸の抜去が必要となりますので、早めにご来院ください。その後ご希望であれば再固定させて頂きます。


血が溜まる

手術後に傷の中で出血すると、まぶたに血が溜まって紫色に腫れ上がります。そのままにしておくと感染やしこりを作る危険があります。

対応
血が溜まった場合、そのままにしておきますと感染やしこり形成の原因となります。出来るだけ早く処置する必要があります。まぶたの皮膚側か結膜側を切開して、溜まった血を排出します。


白目や角膜の損傷

大変稀なことですが、可能性は否定出来ません。手術中に、手術器具が当たる、あるいは糸やまつ毛の先端が当たって眼球の表面に傷がつくことがございます。

対応
白目や角膜の損傷が生じた例も報告されています。状態に応じた処置や対応をさせていただきます。

よくある質問


埋没式眼瞼下垂術は二重幅も変えられますか?
同時に二重幅の調整は出来ません。
埋没式眼瞼下垂術では二重幅を同時に変えることは出来ません。
目力が強くなる分、二重幅は狭くなるため、二重幅を調節するには後日埋没法のご手術行うか、眼瞼下垂のご手術をおすすめ致します。
埋没式眼瞼下垂術は元に戻ることもありますか?
元にもどる可能性はあります。
糸による形成のため、時間の経過とともに目力が弱まることや外れてしまう可能性があります。
持続的な形成をご希望の場合には、眼瞼下垂の手術をおすすめいたします。
使用する麻酔方法は?
患者様のご希望に合わせた麻酔を使用します。
当院では局所麻酔、笑気ガス麻酔、静脈麻酔+ラリンゲルマスク麻酔、全身麻酔がございます。
患者様のご希望をお伺いし、身体へのご負担を考慮した麻酔方法をご案内させて頂いております。
埋没式眼瞼下垂術のダウンタイムはどのくらいですか?
ほとんどありません。
個人差はありますが、埋没式眼瞼下垂術はメスを使用しないプチ整形のため、目立つような腫れやむくみはほとんどありません。手術直後からメイク可能なので十分カバーして頂けます。
埋没式眼瞼下垂術は傷や手術痕は残りますか?
メスを使用しないため、傷や手術痕が出来ることはありません。
埋没式眼瞼下垂術はメスを使用せず、まぶたの裏側からの手術のため傷や手術痕が出来ることはありません。
プチ整形と呼ばれ気軽で簡単な手術のイメージがありますが、埋没式眼瞼下垂術の手術が出来る医師は多くありません。
手術痕は全く気にならないかと思います。
line@友だち追加